SIer(エスアイヤー)とは?仕事内容や将来性を詳しく解説

SIerとは

SIer(エスアイヤー)とはなにかを説明する前に、まずはシステムインテグレーション(System Integration)を説明しましょう。

システムインテグレーションとは、システム開発や運用などを請け負う事業またはサービスのことをいい、「System Integration」を略して「SI」と呼ばれます。ちなみに、「System Integration」は和製英語です。

この「System Integration」に、「〜する人」という意味である「er」をつけると「System Integrator(システムインテグレーター)」となり、システムインテグレーションを請け負う会社や企業のことを指す言葉となります。「System Integration」は略すと「SI」、それに「er」をつけることで「SIer」となるのです。

SIerには、似たような言葉や関連する言葉があります。以下にまとめましたので、読み方、意味をチェックしておきましょう。

System Integration(システムインテグレーション): システム開発や運用などを請け負う事業またはサービスのこと。略して「SI」。
System Integrator(システムインテグレーター):システム開発や運用などを請け負う会社または企業のこと。略して「SIer」。「システムベンダー」や「ITベンダー」と呼ぶこともある。
System Engineer(システムエンジニア):システム開発をするITエンジニアのこと。略して「SE」。

SIerの仕事内容

SIerの仕事内容は、実にさまざまです。クライアントのニーズに沿って、システムの設計・運用から導入後のサポート、アプリケーションの開発まで幅広い業務内容があります。

また、システムや開発だけでなく、クライアントに対するコンサルティング、ソフトウェア販売も行うケースもあります。

SIerのおもな仕事内容は次のとおりです。
システム系の仕事
・システムの導入企画・立案
・ハード・ソフトウェアの選定
・インフラの構築作業
・サーバまたはデータベースの構築
・社内管理システムの構築
・ECサイトや顧客ホームページの構築

開発系の仕事
・業務システムや基幹システムの設計開発
・iPhoneやAndroid向けのアプリケーション開発
・ハードウェア用の組込みシステム開発
・開発したシステムの運用、管理
・開発したシステムのメンテナンス

そのほかの仕事
・コンサルティングによる業務向上
・パッケージソフトウェアの販売

上流工程と下流工程の違い

システム開発は、大まかに次のような工程があります。
要求分析
 ↓
要件定義
 ↓
機能設計
 ↓
コーディング
 ↓
各種テスト
 ↓
納品

このなかで、上流工程は、要求分析、要件定義、機能設計まで。下流工程は、コーディング、各種テストなどです。SIerの仕事は、複数のSIer会社が連携して作業を行うケースもあります。一般的に、上流工程は大手のSIerが行い、下流工程は下請けのSIerが行って、役割を分担しています。

SIerとSESの違い

「SIer」と混同しがちな言葉に「SES」があります。「SES」とは、「System Engineering Service(システムエンジニアリングサービス)」の略で、契約形態の一つ。ソフトウェアやシステムの開発・保守・運用などの業務に対し、技術者の労働を提供する契約のことをいいます。これを踏まえて、Slerとどのような違いがあるのか、見ていきましょう。

違い1:ビジネスモデルが違う

そもそも、「SIer」はクライアントのシステム開発を請け負う企業のことです。一方、「SES」はエンジニアの契約形態の一つです。よって、企業なのか、雇用形態のことなのかという違いがあります。

SIerで働くエンジニアのなかには、SESの雇用形態で働く人もいることから、2つの言葉が混同されやすいのかもしれません。

違い2:責任の大きさ

SIerは顧客の要望をもとに必要なシステム開発を行うため、システムに関するすべての開発責任が生じます。SESは、エンジニアの雇用形態であることから、開発したシステムの責任は、Slerにくらべて少ないのが違いです。

違い3:クライアントの負担の大小

Slerは、クライアントがシステム開発をすべて任せます。一方、SESは、クライアントの対応できない開発工程の一部を任せることとなります。そのため、Slerの場合はクライアントの負担は小さく、SESの場合は全体の業務管理などはクライアント側で行わなければならず、負担が大きくなります。

SIerの種類

Slerには、いくつかの種類があります。これは、企業の成り立ちや業務内容によって分けられます。それぞれの特徴や事業内容、代表的な企業などを説明しましょう。

種類1:メーカー系

メーカー系のSlerは、パソコンなどのハードウェアを製造しているメーカーから独立した企業です。親会社やグループ会社のシステム開発、親会社のハードウェアと組み合わせたソリューション提案などが主な事業内容です。
代表的な企業:NECソリューションイノベータ、富士通エフ・アイ・ピー、東芝デジタルソリューションズ、日立製作所

種類2:ユーザー系

ユーザー系SIerは、親会社の業種がハードウェア関連ではなく、一般企業から独立したSIerのことです。親会社、グループ会社などのシステム開発を行います。
代表的な企業:NTTデータ、SCSK、新日鉄住金ソリューションズ、さくら情報システム、JRシステム

種類3:独立系

特定の親会社を持たず、独自経営しているSIerが、独立系Slerです。あらゆる業界、外部企業のシステム開発、システム提案が主な事業内容となります。
代表的な企業:大塚商会、日本ユニシス、富士ソフト、TIS、トランスコスモス

種類4:コンサル系

クライアントに企画提案や要件定義を行うSler。外部企業のコンサルティング業務を行います。
代表的な企業:NRI(野村総合研究所)、アクセンチュア、アビームコンサルティング、フューチャー

種類5:外資系

日本での事業に参入してきた外国のSIer企業のことを外資系SIerといいます。海外を中心に事業展開を行い、システム開発、コンサルティング業務、ソリューションサービスなどが事業内容です。
代表的な企業:Microsoft、Oracle、IBM、Oracle、SAP

将来なくなる?SIerの将来性

昨今、クラウドの活用や、働き方の変化、顧客ニーズの多様化、新技術(ビッグデータ、 IoTなど)の登場などにより、IT業界自体も変革の時期といえます。これらのことから、「SIerは将来なくなるのではないか」、という意見もありますが、心配する必要はありません。SIerは、開発から運用、導入後のアフターサポートといった、一連の業務をすべてを請け負える仕事で、多くの企業にとってニーズがあります。スキルをしっかり身につけ、新しい技術も習得しておくようにすれば、安定した需要が見込めます。SIerの将来性はあるといっても過言ではないでしょう。

SIerについて理解を深めよう

仕事内容が幅広く、システム関連のほぼすべてを網羅しているSIer。この記事で解説した仕事内容や種類、将来性などから、SIerについて理解を深めましょう。

求人詳細ページへのリンク

仕事カタログページへのリンク

関連コラム

SIer(エスアイヤー)とは?仕事内容や将来性を詳しく解説のページです。ITエンジニア・移動体通信エンジニア(技術者)の派遣求人ならブレーンゲート。株式会社ブレーンネットはシステムエンジニアやネットワークエンジニア、プログラマーの派遣・転職をサポートいたします。