スクラムマスターとは?チームの役割や資格を解説

スクラムマスターとは?

スクラムマスターとは、スクラム開発をスムーズに進めるための調整をするポジションです。

そもそもスクラム開発とは、適応型の開発手法の総称である「アジャイル開発」のひとつで、スクラムというチームを組み、タスクを割り振って、それぞれが役割をこなしながら、プロダクトの完成を目指します。

このスクラム全体のサポートを行いながら、開発がスクラムでうまくできているかを管理したり、開発チームで出た課題を解決するために外部交渉したりチームをまとめたりするのが、スクラムマスターです。プロダクトオーナーや外部メンバーの不必要な開発、要望の修正を行ったり、タスク調整によって、開発メンバーの業務が均等になるよう調整も行います。また、スクラムがお互いに協力しやすい環境であるかチェックし、その環境を整える役割も担当します。

なお、スクラムマスターは、企業によってスクラムマスター専任であったり、開発メンバーと兼任したりすることがあります。

スクラムの役割

スクラムには、スクラムマスターのほかに、プロダクトオーナー、チームメンバーがいます。それぞれの役割を説明していきましょう。

スクラムマスターの役割

スクラムマスターの役割は、プロダクトをスムーズに進める責任者であることです。

スクラムチーム全員がスクラムを正しく理解した上で、開発を実践しているかどうかをチェックします。また、問題や課題が発生した場合には、改善に向けて開発メンバーへのアドバイス、教育、チーム内外の関係者へのやりとりなども行います。

スクラムチームのそれぞれの成果を最大限に引き出すことも、スクラムマスターの役割のひとつといえます。

プロダクトオーナーの役割

プロダクトオーナーは、作成するプロダクトの最終決定権と責任を担う人のことです。

プロダクト全体の機能優先順位づけである「プロダクトバックログ」を、常に最新の状態に管理します。また、プロジェクトのスケジュールの管理、予算の管理も行います。

スクラムチームと綿密な議論を交わしながら、プロダクトの価値を最大限に高めるポジションでもあります。

チーム

チームは、スクラム開発すべてに関わる人たちのことです。ウォーターフォール型開発では、概要設計者・詳細設計者・実装者・テスターなど役割によって呼び名がありますが、スクラム開発では、役割で呼び名を分けることはありません。すべての人を「チーム」と呼びます。

チーム全員が、設計・ドキュメント作成・コーディング・テスト・運用などの開発スキルを持っていることが望ましいとされており、特定の分野のみしかスキルを持たない人は好まれない傾向にあります。

なお、メンバーは役職や年齢などによる上下関係はありません。みな平等です。

スクラムマスターとプロジェクトマネージャーの違い

スクラムマスターは、プロジェクトマネージャーと同じポジション、役割ではないかと思う人もいるかもしれません。しかし、スクラムマスターとプロジェクトマネージャーには違いがあります。

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトやチームの取りまとめ役で、いわゆるリーダー的ポジションです。全体の管理、進行、最終判断となる意思決定を担います。また、プロジェクトに関わるすべての責任者でもあります。

一方、スクラム開発にはプロジェクトマネージャーはいません。その代わり、プロダクトがスムーズに進むよう、チームを指導したり、プロダクトオーナーをサポートするのがスクラムマスターの役割です。

プロジェクトマネージャーとスクラムマスターの違いは、プロジェクトマネージャーは自分で解決策を決めてチームに指示を与えるのに対し、スクラムマスターは、直接指示を与えるのではなく、チーム一人一人が自律して行動をするように促すことです。

また、プロジェクトマネージャーはチームの管理を行いますが、スクラムマスターはチームの管理は行わず、チームの力を継続して発揮させることが大きな役割といえます。

※アジャイル開発についてリンク設置:https://www.brain-gate.net/content/column/system-program-agile-development/

スクラムマスターの資格は必要?

スクラムマスターには、2種類の能力認定資格があります。どのような資格なのか、また、スクラムマスターの資格は必要あるのかについて、解説していきます。

Scrum Aliance®(アメリカの非営利団体)

2001年にアメリカに設立された非営利団体「Scrum Alliance®」が認定している資格が、認定スクラムマスターです。資格名の正式名称は、「Certified Scrum Master(CSM)」といいます。この資格は、世界で最もメジャーなスクラム関連資格となっています。

CSMの認定資格を取得するには、認定スクラムトレーナーによる研修を2日間受ける必要があります。研修はスクーリングで、スクラム開発を理解するための基礎知識や応用的な実践を学びます。また、ワークショップも行われます。

研修後に、オンラインにて試験が行われ、この試験に合格しなければなりません。合格ラインは、70%台中盤の正答率が必要といわれています。難易度的には、スクラムマスター関連の資格で最もやさしく、研修の内容が理解できていれば合格できる程度のようです。

合格すると、認定証と名刺用のバッジをもらえます。また、この認定資格を取得し、実践を経ることで、上位の資格を取得できます。

上位の資格には、A-CSM℠(Advanced Certified ScrumMaster)とCSP®-SM(Certified Scrum Professional®-ScrumMaster)があります。

A-CSM℠(Advanced Certified ScrumMaster)の認定のためには、
・CSMの取得
・過去5年以内に12カ月以上の実務経験
・Scrum Alliance上のプロファイルにスクラムマスターとして1年以上登録
などの条件をクリアする必要があります。

CSP®-SM(Certified Scrum Professional®-ScrumMaster)は、A-CSM℠のさらに上の資格です。認定のためには、
・A-CSM℠の取得
・24カ月以上の実務経験
が必須となっています。

Scrum.org(アメリカの非営利団体)

Scrum org.は、Scrum Alliance®と同じく、アメリカの非営利団体です。Scrum org.主催の資格は、「PSM(Professional Scrum Master™)」といいます。Scrum Alliance®の資格よりも費用が安く、研修の参加が必須ではないのが特徴です。

PSM(Professional Scrum Master™)には、難易度別に、「PSM1」「PSM2」「PSM3」の3つあります。上位の資格を受験するには、下位レベルの試験に合格しあければなりません。

難易度はCSMよりも高いといわれており、合格のためには85%程度の正答率が必要なようです。

資格がなくても活躍できる?

結論からいうと、スクラムマスターは資格がなくても活躍できます。スクラムマスターになるためには必ずしも資格が必要だというわけではないからです。

ただしスクラムマスターの資格を取得していると、スクラムマスターやスクラム開発のスキルが自分にあることをアピールする材料になります。また、最近ではスクラムマスター関連の資格をもっている人を対象とした募集もあるので、転職時に有利となる可能性が高いです。資格取得を目指して勉強をすれば、知識や技術が身につくため、スキルアップも見込めます。

スクラムマスターはスクラム開発に必要不可欠

スクラムマスターは、成果を最大限に引きのばす重要なポジションです。スクラム開発において必要不可欠であるといえます。スクラムの基礎知識や技術、スキルを確実なものにするためにも、スクラムマスターの資格を取得するのもおすすめです。

求人詳細ページへのリンク

関連コラム

スクラムマスターとは?チームの役割や資格を解説のページです。ITエンジニア・移動体通信エンジニア(技術者)の派遣求人ならブレーンゲート。株式会社ブレーンネットはシステムエンジニアやネットワークエンジニア、プログラマーの派遣・転職をサポートいたします。