QAエンジニアとは?仕事内容や年収は?必要な資格やスキルも解説

QAエンジニアとは?役割は?

QAエンジニアとは

QAはQuality Assurance (品質保証)の略語になります。企業が開発したソフトやシステムのクオリティを維持するために必要な動作確認や耐久テストなど、製品の品質管理・品質保証をおこなう職業がQAエンジニアです。また、ユーザー目線に立ち、製品の使いやすさやデザイン、サービスなどの問題をチェックする役割も担っています。

テストエンジニアとの違い

完成した製品やサービスの動作性、耐久性といった品質を確認するQAエンジニアに対し、テストエンジニアは、開発段階の製品やサービスをチェックします。具体的には、製品の不具合やバグを確認し、正常に作動するか否かをテストする仕事です。企業や現場によっては、QAエンジニアがテストエンジニアの仕事を兼務することもあります。

QAエンジニアの仕事内容は?

ここからはQAエンジニアの具体的な仕事内容をご紹介します。

機能の仕様や内容の確認

完成した製品やサービスの品質を保証するため、テストを計画します。おもに、機能の仕様や設計内容の確認などがその対象です。不具合やバグの有無も業務に含まれ、テスト内容を計画すると同時に具体的なスケジュールも組みます。

正しいテストケースの設計

正しいテストケースの設計もQAエンジニアの重要な仕事になります。テストケースとは、どのような手順で完成した製品やサービスのテストを実践し、どのような結果を得られるのかを予測してまとめることです。

テストの実施と結果分析

設計したテストを実際におこなうのもQAエンジニアの仕事です。システムが仕様通りに正しく作動しているか、処理速度や画面遷移が要求通りに実現できているのかなど、こと細かく確認します。製品に不具合やバグなどを発見した場合は、問題点を再検証し、その結果分析をおこなう必要があります。

レポート作成と改善案の提出

テストの分析結果に基づいたレポート作成をおこないます。具体的な問題点の数や内容などを開発者に報告し、不具合の傾向と対策をまとめ、改善案として上司やクライアントに提出するのもQAエンジニアの仕事です。

QAエンジニアの平均年収は?

QAエンジニアの平均年収は250~500万円ほどといわれています。キャリアや資格、企業や業務内容などによっても異なり、年収が800万円を超えるケースもあるようです。

QAエンジニアに必要なスキル・知識

ここからはQAエンジニアに必要とされるスキルや知識を見ていきましょう。

プログラミングの知識

QAエンジニアとして、ソフトウェアの各機能を評価するために、プログラミングの知識が重要になってきます。製品開発で使用された言語知識をはじめ、テスト時に発見した問題点の修正能力などが必要です。また、膨大なデータを扱うテストの際には、分析自動化ツールを作成することもあります。

ソフトウェアの知識

プログラミングの知識と同様に、ソフトウェアの開発知識も求められます。製品やサービスのテストケース設計をおこなうときや、開発段階の問題点や具体的な改善点、工程の見直しなど、不具合の対策を提案するときに必要となるからです。

テスト技法の知識

QAエンジニアの質を問われる知識が、テスト技法といわれています。対象の製品やサービスごとに、最も適したテストを実施する必要があるため、さまざまな種類のテスト技法を身につけておく必要があります。また、数多くのテスト技法の中から、どのテストを選定するのかという判断力も問われます。

品質保証・品質マネジメントの知識

QAエンジニアは、製品やサービスの品質が維持できるのかをテストし、改善点を提案する重要な仕事です。そのため、品質保証に関する知識を欠かすことができません。また、正確なテストを実践するためのマネジメント能力も必要です。品質マネジメントの国際規格であるISOの知識があれば、国外での仕事も選択肢に入れることができるでしょう。

OAを使ったレポート能力・プレゼン能力

テストの分析結果をレポートにまとめるのもQAエンジニアの役割です。レポート作成には、Excel、Word、Power Pointなどを扱う能力が必要になります。もちろん、構成力や文章力、表現力も不可欠なスキルです。また、プレゼン能力に長けていれば、分析結果や不具合の改善案を社内外で報告・発表するときにも困りません。

QAエンジニアになるには資格が必要?

QAエンジニアになりたい場合、特別な資格を取得する必要があるのでしょうか?ここでは、QAエンジニアになるために役立つ資格をご紹介します。

QAエンジニアの資格の必要性

QAエンジニアになる場合、必ずしも資格が必要なわけではありません。ITエンジニアとしての業務経験を積んでいれば、無資格者でもQAエンジニアになることが可能です。また、未経験者でも、QAエンジニアとして業務をおこなうことはできるでしょう。ただし、未経験者は、ソフトウェア開発に関する最低限の知識や技術などを身につけておくべきです。

QAエンジニアの仕事に役立つ資格

QAエンジニアとして、実務に役立つ資格があります。それが、ソフトウェアなどの品質管理の知識を証明できる「STQB認定テスト技術者資格」や「ソフトウェア品質技術者資格認定」です。特に、STQB認定テスト技術者資格は、海外でも活かせる国際資格となっています。また「QC検定」「IT検証技術者認定試験」「TOEIC/TOEFL」などの取得しておけば、実務に役立つうえ、キャリアアップにつなげられるでしょう。

QAエンジニアに向いている人とは

QAエンジニアに向いている人の特徴は、注意力のある人といわれています。品質水準を保つため、製品やサービスの不具合や問題点を見逃がさず、隅々まで細かく確認する観察眼と集中力が必要となるからです。また、好奇心旺盛な人、客観的な視線で物事を見ることができる人、マルチタスク能力やコミュニケーション能力に長けた人などもQAエンジニア向きの特徴に挙げられます。

QAエンジニアの将来性は?

製品やサービスの品質保証や品質管理は、企業にとって重要なポイントです。また、コンプライアンスが叫ばれる昨今、品質保証の専門家であるQAエンジニアの需要は、今後も大きく拡大すると予想されます。QAエンジニアのキャリアパスとしても、シニアQAエンジニアやQAマネージャーをはじめ、QAコンサルタントやテストアナリストといった選択肢があるようです。

今後の需要も期待できるQAエンジニア

今回は、QAエンジニアの役割についてご紹介しました。完成した製品やサービスのクオリティを維持するため、品質テストの準備・実施をおこない、発見した不具合やバグなどを開発者にフィードバックすることが、QAエンジニアの仕事です。また、品質管理のみに留まらず、結果分析に基づいた問題点に対する改善案を、上司やクライアントに報告・提案することも求められます。QAエンジニアになるためには、数多くの知識やスキル、実務経験が必要です。QAエンジニアを目指すのならば、将来的な年収アップやキャリアアップを踏まえ、役立つ資格を取得しておくとよいでしょう。

求人詳細ページへのリンク

関連コラム

QAエンジニアとは?仕事内容や年収は?必要な資格やスキルも解説のページです。ITエンジニア・移動体通信エンジニア(技術者)の派遣求人ならブレーンゲート。株式会社ブレーンネットはシステムエンジニアやネットワークエンジニア、プログラマーの派遣・転職をサポートいたします。