【初心者向け】目的・用途別おすすめのLinuxディストリビューション

Linuxディストリビューション基礎知識

まずは、Linuxディストリビューションとは何か、主流となっているディストリビューションを解説していきましょう。

Linuxディストリビューションとは

Linuxディストリビューションとは、LinuxOSの主要コンポーネントである「Linuxカーネル」と、ほかのソフトウェアをパッケージングし、ユーザーがインストールや利用できる状態にしたツールのことです。

なぜ、Linuxディストリビューションが必要なのかというと、カーネルだけではOSを利用することが難しいため。そこで、一般的なOSの形にするために、さまざまなソフトウェアをパッケージングする必要があるのです。

Linuxディストリビューションには、種類がたくさんありますが、主流となっている3つのグループ「Red Hat系」「Debian系」「Slackware系」を抑えておくとよいでしょう。次の項で、それぞれの特徴を解説していきます。

主流なディストリビューション

Red Hat系

Red Hat社によって開発された、Red Hat Commercial Linux、Red Hat LinuxをルーツとするLinuxディストリビューションが「Red Hat系」です。多くの場合、RPM形式でパッケージ管理を行なっており、管理を楽にするツール提供に積極的なのが特徴といえます。

Red Hat系は、商業寄り、企業向けの印象があります。よって、ビジネスシーンにおいては、Red Hat系がおすすめです。

企業利用に特化した有償のものには、「Red Hat Enterprise Linux(RHEL)」があります。無償のものは、先進的機能の導入を行っているのが特徴の「Fedora(フェドラ)」や、サーバで活躍しているOS「CentOS(セントオーエス)」が一般的です。

Debian系

Debian系の名前の元となっている「Debian」は、世界中の有志メンバーによって開発されたディストリビューション。歴史が古く、多くの種類が存在します。

特徴は、コンピューターに精通していない方やLinux初心者であっても使いやすいこと。管理にはdpkgというツールを使い、パッケージはdeb形式で配布されています。また、GUIパッケージマネージャーにはさまざまあり、コマンドを使わなくてもよいものもあります。さらに、パッケージ依存関係を自動的に解決してくれるパッケージマネージャーもあるのがポイントです。

Slackware系

Linuxの初期から開発され、最も歴史の古いディストリビューションである「Slackware」をベースに開発されているのがSlackware系です。昨今では、Red Hat系、Debian系がメインとなっているため、Slackware系の種類は少ないです。

特徴は、シンプルであるゆえにOSとしての安定性が高いこと。また、セキュリティも強固なので、信頼性が高いことが挙げられます。

配布パッケージは、シンプルな内容に厳選されているため、自分でカスタマイズしたいユーザーにおすすめです。ただし、使いこなすにはスキルや手間が必要となります。

初心者におすすめのLinuxディストリビューション

初心者におすすめのLinuxディストリビューションを用途別にご紹介していきます。

個人ユーザー向け

elementary OS

Ubuntuをベースにした、Debian系ディストリビューション。デスクトップ環境にPantheonを用い、デザインがシンプルで使いやすいのが特徴です。Ubuntuをベースにしているため、Ubuntuのソフトウェアセンターから利用できるアプリはすべて、elementary OSでも利用可能なのもポイント。MacOSと見た目や操作感が似ているため、MacユーザーやMacが好きな方、デスクトップ用途に使いたい方におすすめといえます。
https://elementary.io/ja/

Manjaro(マンジャロ)

「Manjaro」は、昨今人気の高いディストリビューションのひとつ。その理由は、Arch LinuxにGUI環境を加えてシンプルになっており、初心者にも使いやすくしていることにあります。系統は独立系で、Arch Linuxと一部互換性を有しています。また、ユーザフレンドリーなインストーラーや、デスクトップ環境を提供しているのが特徴です。
https://manjaro.org/

Linux Mint(リナックス・ミント)

「Debian」と「Ubuntu」をベースとしたDebian系ディストリビューションの「Linux Mint」。デスクトップ用途として高い人気を誇ります。

デスクトップ環境には、軽く、安定して使いやすいMATE、カスタマイズできる設定エディタ、さまざまな拡張機能といった特徴をもつCinnamonがあります。多くのソフトウェアの提供による使いやすさが特徴です。
http://linuxmint-jp.net/

openSUSE(オープン・スーゼ)

SUSE社などが支援するコミュニティーで開発されている「openSUSE」。こちらも独立系のディストリビューションです。CUIをメインとしたサーバ用途、ウェブページの閲覧や、オフィスソフトなどのGUIを利用したデスクトップ用途、どちらの用途でも利用可能なのが特徴といえます。なお、SUSE Linux 9.1から日本語版もリリースされたことから、標準で日本語での表示・入力ができます。
https://www.opensuse.org/

Zorin OS(ゾーリンオーエス)

「Ubuntu」をベースにしたDebian系Linuxディストリビューション。初心者でも迷わず操作でき、Windowsのようなユーザインターフェースが特徴で、WindowsからLinuxへの移行がしやすいのがメリットです。有料版では、デスクトップが「MacOS」、「Windows」、「Touch」、「Windows classic」、「Gnome 3」、「Ubuntu」の6つのレイアウトから選べます。
https://zorin.com/os/

MX Linux

Debian系の「MX Linux」は、2014年にリリースされた比較的新しいディストリビューションです。特徴は、軽快な動作、高い安定性、安定したパフォーマンス。洗練されたデザインで効率的なデスクトップ、日本語にも対応しているのも魅力です。デフォルトのデスクトップ環境にはXfceが採用されています。
https://mxlinux.org/

仕事・企業向け

Debian(デビアン)

Debian系の名前の元となるディストリビューション「Debian」。フリーソフトウェアのみで構成されており、独自のパッケージ管理システムであるAPT (Advanced Package Tool) により、個々のソフトウェアをコマンドで管理しています。また、GUIを採用したパッケージ管理システムも備えているのも特徴です。

上級者のみならず、初心者向けの日本語情報も豊富にあります。
https://www.debian.or.jp/

CentOS

Red Hat系ディストリビューションのひとつ。Red Hat Enterprise Linuxのクローンとしてつくられ、無償で提供されています。パッケージ管理にはyumとrpmを使用しており、特徴はRHELとの高い互換性です。企業がサーバとして使用する頻度も多いため、仕事で使いたい方におすすめといえます。
https://www.centos.org/

自分にあったLinuxディストリビューションを見つけよう

Linuxディストリビューションには、好みや使いやすさが個人によって違います。多くのLinuxディストリビューションは無償で提供されているので、いろいろ試してみて自分に合ったものを見つけるとよいでしょう。

求人詳細ページへのリンク

関連コラム

【初心者向け】目的・用途別おすすめのLinuxディストリビューションのページです。ITエンジニア・移動体通信エンジニア(技術者)の派遣求人ならブレーンゲート。株式会社ブレーンネットはシステムエンジニアやネットワークエンジニア、プログラマーの派遣・転職をサポートいたします。