ITエンジニアの種類とそれぞれの仕事内容

ITエンジニアの種類とそれぞれの仕事内容

システムエンジニアやプログラマ、インフラエンジニアなどは、すべてITエンジニアという名称で括ることができます。IT関連分野の技術者を表し、近年ではその活躍フィールドも拡大しています。今回は代表的なITエンジニア職を取り上げ、それぞれの仕事内容を紹介していきます。

ITエンジニアとは

ITエンジニアとは、IT=情報処理技術に関連する技術者を意味する言葉です。ITエンジニアは専門ごとに細分化されており、コンピュータ、ネットワーク、インフラ、データベース、ハードウェア、Webサービスなど職種によって対象とするものが異なります。その総称がITエンジニアだと捉えれば分かりやすいでしょう。

ITエンジニアを大きく分けると、開発系とインフラ系の2種類があります。ただ、ITの普及に伴って、それ以外にも多くのIT関連の技術職が生まれ、定着しています。また、AIなど最先端の技術の進化によって新しい職種も登場しています。

ITエンジニアの種類と仕事内容

以下、ITエンジニアに属する代表的な職種について説明していきます。

システムエンジニア

システム開発やソフトウェア開発において、顧客の要求を分析して仕様を決定し、基本設計や詳細設計、テストなどを担当する仕事です。

SEは開発の中の上流工程と呼ばれる部分を担当し、顧客と対話する機会も多いため、技術的なスキルや知識だけではなくコミュニケーション能力も重要とされます。

プログラマ

SEが作成した設計書に従ってプログラミング作業を行い、必要な機能を実装する仕事です。仕様が決定した以後の下流工程の業務を担当する役割で、テストやメンテナンスも担当します。

PGの業務は、詳細設計の仕様書の内容を理解し、決められた言語を使ってコードを書き、テストする、といった流れで進められます。企業によってはSEに近い責務を負うこともあります。

インフラエンジニア

サーバやネットワークなど、ITインフラ全般の設計・構築 (上流工程) や運用・保守 (下流工程) に携わる仕事です。その使命は、設計したネットワークシステムなどのインフラを、効率的かつ持続的に稼働させることにあります。

ネットワークエンジニア

ITインフラの中でも、とくにネットワークシステムの設計・構築、運用・保守に携わるスペシャリストです。設計や構築ではWindowsやLinuxなどのOS、セキュリティに関する知識が欠かせません。運用や保守では、数人でシフトを組んで24時間365日体制でネットワークを監視し、障害に備えることもあります。

サーバエンジニア

Webサーバ、メールサーバ、ファイルサーバ、データベースサーバといったサーバシステムの設計・構築、運用・保守に携わるスペシャリストです。サーバ構成の設計や構築、サーバ機器やサーバソフトの設定、サーバの運用・保守作業などを行います。

セキュリティエンジニア

情報セキュリティ対策を施したITインフラやシステムの設計・構築、運用などを行う仕事です。サイバー攻撃を防御するための環境構築や、攻撃を受けた際の対応などに携わります。

Webエンジニア

Webサイトで使用するWebアプリケーションを開発する仕事です。オンラインショッピングや動画配信、SNS機能などさまざまなWebサービスを提供するための仕組みを作る仕事といえます。大掛かりなものでなければ、1人~数人で設計からプログラミングまで行うことが多いでしょう。

データベースエンジニア

データベースの設計・開発、管理、運用に携わる仕事です。設計・開発ではOracleやSQLなどのデータベース製品がよく使用されます。管理はデータサーバの最適化や効率化を、運用ではアクセス権管理やデータのバックアップなどを行います。

組み込みエンジニア

家電製品や自動車など、さまざまな製品に組み込まれたコンピュータを制御するソフトウェアを開発する仕事です。また場合によってはハードウェアの設計・開発も同時に行うこともあります。

フロントエンドエンジニア

主にWebサイト制作において、HTMLやCSS、JavaScript、PHP、各種API、CMSなどを使用してサイトを構築するエンジニアです。Webサービスの内容や目的に沿って必要な構造や技術を取捨選択し、ユーザーにとって見やすく、クライアントにとって管理・運用しやすいサイトを作り上げていきます。

テストエンジニア

主にデジタル製品や電子機器における組み込み系ソフトウェアが正しく動作するかをテストし、評価する仕事です。多数のテストを繰り返してバグを発見し修正することで、製品の品質を上げていきます。また、組み込み系ソフトウェア以外のシステムを対象としたテストエンジニアも存在します。

フィールドエンジニア

会社の製品を導入した顧客先に出向いて、製品の設置や設定、保守点検、修理などを行うエンジニアです。製品によって仕事内容も変わってきますが、共通するのは技術者であると同時に営業的なスキルも必要とされる点でしょう。

社内SE

主に自社内で使用する情報システムの構築や管理に携わる仕事です。ITベンダーへの依頼などを通じて社内の各種情報システムの導入にかかわり、運用に際しては管理なども担当します。社員が使用するPCのトラブルに対応するなどの役割を任されることもあります。

ブリッジSE

他国の企業と連携してシステム開発などのプロジェクトを進めていく際に、日本側の代表として他国企業の開発者とコミュニケーションし、橋渡し役となるSEです。日本チームと相手国チーム双方で情報を共有し、意見を調整しながら方向性を定め、プロジェクトを成功に導いていくための重要なポジションといえます。

セールスエンジニア

エンジニアとしてのスキルや知識を活かしながら顧客に対して商品に関する詳細で専門的な説明、導入提案、導入後のサポートなどを行う仕事です。営業と技術者の一人二役によってコンサルティング営業を実践し、顧客満足度を向上させて、継続受注などにつなげるのが目的です。

データサイエンティスト

AIや機械学習、統計学、数学などを駆使してオンデマンドでビッグデータを分析し、結果をレポーティングする、AIを使ったデータアナリティクスの専門家です。ビッグデータ分析による調査や予測を必要とする企業で需要が高く、注目されている職種です。


ITエンジニアといってもさまざまな種類の職種があります。あなたが携わりたいのはどのような仕事か、この記事を参考に考えてみてはいかがでしょうか。

求人詳細ページへのリンク

職種関連カテゴリ

ITエンジニアの種類とそれぞれの仕事内容のページです。ITエンジニア・移動体通信エンジニア(技術者)の派遣求人ならブレーンゲート。株式会社ブレーンネットはシステムエンジニアやネットワークエンジニア、プログラマーの派遣・転職をサポートいたします。