社内SE(社内システム)とはどんな仕事?必要な資格・年収・将来性などを解説!

社内システムとは?

社内SE(システムエンジニア)とは、自社の情報システムにおける開発・運用・保守・管理、社員の問い合わせ対応などをおこなう仕事です。社内システムとも呼ばれ、近年急速に需要が高まっている職業のひとつに挙げられます。

社内SE(社内システム)の仕事内容とは?

社内SEが担当するおもな仕事は、自社のシステム開発、インフラ整備や保守メンテナンスになります。また、社員からのPCや社内システムに関する問い合わせ対応や故障対応といったヘルプデスクも社内SEの重要な役割のひとつです。業務内容が多岐にわたるため、企業の規模や方針によっては、社内のIT関連すべての範囲を担うことも珍しくありません。基本的に、自社内のシステムに関わる業務遂行が社内SEの素事です。

社内SE(社内システム)の平均年収

社内SEの平均年収は、約500万円です。年代別で見た場合、20代が450万円ほど、30代が550万円ほど、40代が600万円ほどとなっています。企業の規模によって平均年収が異なり、大手では500万円~600万円に対し、中小では400万円~500万円ほどとなるようです。また、担当する仕事内容によっても、平均年収に大きな差が生じます。

社内SE(社内システム)のメリット・やりがい

ここからは、社内SEとして働くメリットややりがいをご紹介します。

メリット・やりがい①ユーザーが身近にいる

社内SEのメリットは、距離が近い自社の社員がユーザーとなることから、ダイレクトなやりとりが可能になる点です。直接ユーザーの要望や意見、感謝の声を聞けるため、仕事の成果が分かりやすく大きなやりがいを感じられます。

メリット・やりがい②広範囲の知識や経験が得られる

自社システム開発をはじめ、運用・保守・管理を一手に担う社内SEは、実務を重ねるごとに広範囲の知識や経験が得られるようになります。結果的に、自分のスキルアップやキャリアアップにつながるでしょう。

メリット・やりがい③経営側の視点が持てる

社内SEが担当するシステムの開発や運用などは、企業の業務改善やコスト削減に大きな影響を与えます。自分の仕事が社内業務の効率化や支出の抑制などと直結するため、自然と経営側の視点が持てるようになる点も特有のメリットです。

社内SE(社内システム)のデメリット

ここからは、社内SEとして働くうえでのデメリットを見てみましょう。

デメリット①ユーザー対応に負担を感じる

PCや社内システムに関する初歩的操作の指導やアドバイス、予期せぬ問題処理なども社内SEの仕事です。しかし、毎日起こる膨大なユーザー対応の数に負担を感じてしまうこともあります。

デメリット②業務量が多い

担当範囲が広い社内SEは、企業の規模によって業務量が多くなってしまいます。特に、人件費を抑えたい中小企業では、社内SEの数が1人というケースも珍しくないため、抱える業務を割り振りできず、その調整が難しいようです。

デメリット③新しい技術を身につけられない

最先端のシステム開発に携わる機会が少なくなり、新しい技術の習得が難しくなる点も、社内SEのデメリットに挙げられます。その理由としては、自社システムの開発や管理における技術の習得が優先されるためです。

社内SE(社内システム)に求められるスキルや資格は?どんな人が向いている?

社内SEには、どのようなスキルや資格が求められるのでしょうか?ここからは、社内SEに向いている人の特徴とともに、必要とされる具体的なスキルや資格をご紹介します。

スキル

社内SEには、システム開発や運用・管理を担うための「IT基礎知識」や、ヘルプデスクとして数多くの社員と接する際の「コミュニケーション能力」が必要です。また、経営陣に新システム導入やプロジェクトなど、費用対効果を踏まえて理論的に提案できる「プレゼン能力」も欠かせません。

資格

社内SEを目指す場合、ITエンジニアの基礎知識や応用能力を証明できる「基本情報処理技術者」「応用情報処理技術者」をはじめ、データベースの知識を有する「オラクルマスター」や、責任者として現場を統括できる「プロジェクトマネージャ試験」などの取得がおすすめです。

社内SEに向いている人

前述した社内SEに求められるスキルや資格を踏まえれば、責任感の強い人、当事者意識を持てる人、積極的な人などが社内SEに向いている人の特徴として挙げられます。また、対話術やフットワークの軽さ、忍耐力や臨機応変さなどに長けている人も、社内SEに向いている人といえるでしょう。

社内SE(社内システム)の将来性とこれからの仕事内容・キャリアパス

ここでは、予想される社内SEの将来性を解説します。また、実務経験を持つ社内SEが担当する今後の仕事内容やキャリアパスに関しても見ていきましょう。

将来性

社内SEの需要は、今後も高まると予想されています。その根拠としては、社内SEのフレキシブルな知識や技術が評価されているからです。臨機応変な業務領域の広さは、企業にとっても大きな魅力といえるでしょう。また、リモートワークの拡大や業務のDX化が進んでいる点も、社内SEの需要に拍車をかけているため、極めて将来性の明るい職業です。

3年以上の経験者に求められるこれからの仕事

実務経験が3年以上になる社内SEは、より高度なシステム開発や運用・保全・管理などの仕事を求められるようになります。そのため、自社に残る場合、リーダーやマネージャーにキャリアアップし、社内の管理職へとシフト転換を目指すべきです。また、転職・独立する場合、セキュリティーエンジニアやITコンサルタント、プログラマーなどにキャリアチェンジするのもよいでしょう。

社内SE(社内システム)になるには?

社内SEになるためには、具体的にどのような手段があるのでしょうか?ここからは、IT経験者とIT未経験者別に、効果的な勉強方法やポイントをご紹介します。

方法①経験者

IT経験者が社内SEを目指すのであれば、コミュニケーション能力や折衝能力、論理的思考力を磨き、社内調整が円滑に実行できるスキルを養ってください。また、ユーザーである社員のさまざまな要望に対応できるよう、常に最新の知識や技術を身につけておくことです。さらに、新たなIT関連資格を取得、マネージメント能力も鍛え、社内の経営陣に自分の存在を社内SEとしてアピールしてください。

方法②未経験者

IT未経験者でも、社内SEになれます。近年自社でのSE育成に力を入れている企業が増えているためであり、SE未経験者やITに関する知識が初心者であっても、その道を目指せるチャンスがあるからです。しかし、入社試験・面接前に、専門書や参考書、学習サイトなどで基礎的なIT知識を学んでおくこと、基本情報処理技術者などのIT関連資格を取得し、入社選考が有利になるように努めておきましょう。

企業のシステムを維持する社内SEは将来性のある職業です

社内SEは、自社の上流工程と呼ばれるシステム開発や管理を担い、企業の経営にも携わりが深い重要なポジションです。その需要の高まりから、今後の将来性も明るく収入や待遇UPが期待できる職業といわれています。未経験者でも比較的目指しやすい職業なのですが、社内SEになるためには、事前に基礎的なIT知識やIT関連資格を取得しておく必要があるでしょう。また、経験者の場合、社内でのコミュニケーション能力やマネージメント能力を鍛え、経営側の視点を持って仕事ができることを上層部に訴えかけてください。

社内SE(社内システム)とはどんな仕事?必要な資格・年収・将来性などを解説!のページです。ITエンジニア・移動体通信エンジニア(技術者)の派遣求人ならブレーンゲート。株式会社ブレーンネットはシステムエンジニアやネットワークエンジニア、プログラマーの派遣・転職をサポートいたします。