プログラマーの収入はどのくらい? SEとの違いも解説

プログラマーの収入はどのくらい? SEとの違いも解説

現代社会において、ますます広がりを見せるIT業界。そのなかでも代表的な技術職のひとつが、プログラマーです。今回は、IT業界にとっても欠かせない存在であるプログラマーの収入面について、システムエンジニアと比較しながら詳しく解説していきます。

プログラマーの平均年収はどのくらい?

まず、誰もが気になるポイントといえば、やはりその職種で得ることができる収入です。
令和元年賃金構造基本統計調査における男性プログラマーの平均年収は、442.37万円となっています。これは全年齢を対象とした平均額であり、所定内給与額および年間賞与、残業代、その他特別給与額を加算して算出した数字です。
続いて、女性プログラマーの平均年収は、男性より低く366.34万円です。
男女ともに、勤続年数が長くなるほど年収が上がる傾向にあります。

これらのデータは、厚生労働省がホームページで発表している「賃金構造基本統計調査」に記載されており、誰もが閲覧することが可能です。
また、年代別の平均収入や、勤続年数、時間外労働などの平均値も確認することができますので、自身の現状と比較して今後の進路を検討してみると良いでしょう。
もし自分の年収が平均よりも大幅に低い場合は、転職について具体的に考え始めることをおすすめします。

プログラマーとシステムエンジニアの平均年収の違い

次に、システムエンジニアの平均年収を見てみましょう。令和元年の「厚生労働省の賃金構造基本統計調査」によると、男性の平均が584.16万円、女性が497.31万円となっています。
こちらも所定内給与額および年間賞与、残業代、その他特別給与額を元に算出していますが、プログラマーの平均年収の結果と同様に、男性は年齢が上がるに従って給料が上昇していくのに対して、女性は400万円台にとどまるなど、男女で年収に大きな違いがあることが分かります。この差は、女性が出産・育児などで仕事を離れる期間があることなどが影響していると考えられます。
システムエンジニアとしての就職や転職を検討する際には、自身の年齢層における平均収入や、労働時間に対する収入の割合などを細かく確認してみると良いでしょう。年代ごとの年間賞与額も、ぜひチェックしておきたいポイントです。

プログラマーとシステムエンジニアの年収差の理由

令和元年の「厚生労働省の賃金構造基本統計調査」の結果から算出したプログラマーとシステムエンジニアの年収を見ると、男女共にプログラマーよりもシステムエンジニアの方が130万円以上もの年収差があることが分かります。どちらもIT業界において、システムの構築に携わるという点では同じですが、なぜプログラマーとシステムエンジニアの年収にはこれほど大きな差が生まれるのでしょうか。
その理由のひとつが、両者の「業務範囲の違い」です。プログラマーというのは、プログラミング言語を駆使してさまざまなソフトウェアを作るのが主な仕事で、システム開発の工程では「実装」と「単体テスト」の部分を担当するのが一般的です。一方、システムエンジニアはクライアントのニーズをヒアリングすることからスタートして、どのようなシステムを希望しているのか、完成までにかかる時間や費用などを具体的にクライアントと調整するという作業も業務に含まれます。アナリスト、プロジェクトマネジメント、アプリケーション設計、データベース設計、テスト設計、システムアーキテクチャ設計など、その業務は実に広い範囲に及ぶのです。
つまり、システムエンジニアというのはプロデューサー的な役割も担っているため、その実力によってプログラマーの仕事の難易度も大きく左右されることになります。このように、ひとつのプロジェクトに対する責任の大きもまた、プログラマーとシステムエンジニアに年収差が生じる要因のひとつとなっています。

プログラマーの年収をアップさせる方法

プログラマーの年収を左右する大きな要素のひとつが、プログラミングの技術力です。例えば、プログラミングに使う言語にはさまざまな種類がありますが、扱える言語の種類が多かったり、扱える人の少ない言語を得意としていたりする場合には、より高い収入を得ることができます。つまり、年収をあげるためには、新しい言語を習得するということが効果的なのです。収入アップを目指す方法としては、転職をしたり独立をしたりという選択肢もありますが、同じ企業に努めながらプロジェクトマネージャーを目指すなど、キャリアを磨くことによって年収アップを叶えることができます。もちろん、その場合にはプログラミングの技術力だけでなく、チームを引っ張っていくリーダーシップ力やコミュニケーションスキルなどを磨くことも大切です。

プログラマーがシステムエンジニアに転向するメリット

ここまでに記載した内容からもわかる通り、平均年収を比較したとき、システムエンジニアがプログラマーを大きく上回るというデータが出ています。
収入が増えるというのは、職選びにおいて大きなメリットですので、プログラマーからシステムエンジニアへの転身を考える方も少なくありません。

また、月間の労働時間 (超過労働も含む) においては、システムエンジニアの平均が男性171時間、女性163時間、一方プログラマーの月間労働時間の平均は男性175時間、女性168時間となっており、プログラマーの方が長時間労働だと言えます。こういった面も、システムエンジニアを目指すメリットだと言えるでしょう。

上記でご紹介した収入に関するデータだけを見ると、つい安易に「プログラマーからシステムエンジニアに転職しよう」、と考える方もいらっしゃるかもしれません。しかし、収入が高いからと行って必ずしも自分がやりがいを感じられる仕事だとは限りません。システムエンジニアになるメリットは数多くありますが、決して簡単になれる職業ではないということをきちんと理解したうえで、まずは自分の現状をしっかりと把握することが大切です。キャリアアップの道筋をシミュレートして、段取りよく計画を立てていきましょう。

求人詳細ページへのリンク

職種関連カテゴリ

プログラマーの収入はどのくらい? SEとの違いも解説のページです。ITエンジニア・移動体通信エンジニア(技術者)の派遣求人ならブレーンゲート。株式会社ブレーンネットはシステムエンジニアやネットワークエンジニア、プログラマーの派遣・転職をサポートいたします。