フルスタックエンジニアになるには? その定義と求められる背景

フルスタックエンジニアになるには? その定義と求められる背景

フルスタックエンジニアという言葉を聞いたことがあるという人も多いのはないでしょうか。フルスタックエンジニアとはどんな技術者で、なぜ今それが求められているのか、知っておくべきポイントをご紹介しましょう。

フルスタックエンジニアとは

フルスタック(full-stack)とは複数の技術分野の技術・知識に精通していることを指します。つまり、フルスタックエンジニアとは、複数の領域の技術・知識をマスターしていて、1人でそれらのボーダーを超えたシステム開発、運用などを行うことができる技術者のことです。

例えばWeb系であれば、Webサーバ、ソフトウェア環境といったインフラ寄りの設定に始まり、プログラミング、データベース設計、Webデザイン、コーディングなどを一貫して手がけるイメージです。ただし、どこからどこまでを担当すればフルスタックエンジニアなのかといった明確な定義があるわけではありません。

フルスタックエンジニアが求められる背景

フルスタックエンジニアという言葉はもともと海外、主にアメリカで使われ始め、近年、日本でも使われるようになりました。それはなぜなのでしょう。

フルスタックエンジニアが求められるのは、主に新規に事業を立ち上げる、もしくは新しくサービスを開始するといったスタートアップのフェーズです。スタートアップで少人数のエンジニアがバックエンドからフロントエンドまで担当するというのは以前からあったことですが、その頃と違っているのは、現在ではクラウドの普及によって自社でインフラなどを用意する必要性が薄まっていることにあります。プログラミングの開発環境もクラウドで用意でき、さまざまなフレームワークを組み合わせて、1人でも高度な作業を行うことが十分に可能な環境が整っています。

もしも、1人のスタッフのみでスタートアップを成し遂げられるのであれば、そのほうが効率的でコストパフォーマンスに優れていることは明らかです。担当者が増えてそれぞれの作業が専門化するほどプロジェクトは複雑になり、連携ミスが起きやすくなり、コストもかかります。

フルスタックエンジニアになるためにすべきこと

前提として、フルスタックエンジニアは広範囲の技術や知識が必要です。ほかの領域の経験を多く持っているほど有利でしょう。また、システムを俯瞰的に見てトータルに判断する能力も求められます。顧客が何を欲しているのかを見極める分析力、それに対して提案のできる企画力やプレゼンテーション能力も役に立ちます。

そのため、フルスタックエンジニアを目指すとしたら、まずは多くのプロジェクトの立ち上げに参加すること、小さな会社、事業・サービスの開発担当となること、また自分の得意分野からその周辺へとスキルを広げていくこと、などを意識する必要があるでしょう。たとえフルスタックエンジニアになることを目標とするわけでなくても、専門分野だけでなく幅広い領域に視野を広げることは、必ず今後の仕事に役立つはずです。

スペシャリストとして働くスタイルがなくなるわけではありませんが、これからはゼネラリスト的なスキルを持つエンジニアが重宝される傾向にあるのは確かです。フルスタックエンジニアというスタイルの需要が高くなっているということを知っておきましょう。

フルスタックエンジニアになるには? その定義と求められる背景のページです。ITエンジニア・移動体通信エンジニア(技術者)の派遣求人ならブレーンゲート。株式会社ブレーンネットはシステムエンジニアやネットワークエンジニア、プログラマーの派遣・転職をサポートいたします。