フロントエンドエンジニアとは?仕事内容や年収、他エンジニアやコーダーとの違い

フロントエンドエンジニアとは

まずは、フロントエンドエンジニアの仕事内容、必要なスキル・経験、フロントエンジニアとコーダー、Webデザイナーの違いを解説しましょう。

フロントエンジニアの仕事内容

Web開発に携わるエンジニアは、担当する部分によって呼び名が異なります。

ユーザーと直接データのやり取りをする要素のことを「フロントエンド」といい、フロントエンドを担当するエンジニアを「フロントエンドエンジニア」と呼びます。

一方、入力データや指示に基づき、処理や記録媒体に保存したりする処理が「バックエンド」です。これを担当するエンジニアを「バックエンドエンジニア」といいます。

フロントエンドエンジニアのおもな仕事内容は、Webデザイナーの設計したデザインをもとに、HTML、CSS、JavaScript(jQuery)、PHPの設計や実装、WordPressなどのCMS(コンテンツマネジメントシステム)構築などにより、ブラウザに表示できるようにコーディングすることです。

ただし、企業や現場によっては、フロントエンドエンジニアの仕事内容が異なることもあり、デザインはすべてWebデザイナーに任せるというケースもあれば、デザインの一部はフロントエンドエンジニアに任せるというケースもあります。

フロントエンジニアに必要なスキル・経験

フロントエンドエンジニアに必要なスキルは、次のとおりです。
・HTML・CSSのスキル:Webページを作る上で必須
・デザインフレームワークの知識・スキル:CSSではBootstrapやBulmaなどのフレームワークを活用した開発が一般的であるため
・JavaScriptのスキル:ブラウザ上で動的な表現を可能にするために必要

また、デザインやディレクションを行うこともあるので、デザインスキルであるPhotoshopやIllustratorなどの画像編集ソフトも扱えると、幅広い活躍ができます。

フロントエンジニアとコーダー、Webデザイナーの違い

フロントエンジニアと混同されがちな職種に、コーダーとWebデザイナーがあります。

フロントエンドエンジニアとコーダーの違いは、動的か静的かという違いがあります。コーダーは、HTMLやCSSのコーディングがメインで、静的なWebサイトの作成を行います。一方フロントエンジニアは、Webサイトにシステムを導入したり、JavaScriptなどを駆使して、動的なサイトをつくることが主な仕事です。

Webデザイナーは、画面のレイアウトやボタン・画像などの作成を通し、画面の見え方をデザインするのが仕事です。フロントエンジニアはWebデザイナーがデザインしたものをもとに、実用的で使いやすいWebサイトにするためのプログラミングを行います。

フロントエンドエンジニアのキャリア

フロントエンジニアの仕事内容がわかったところで、年収、キャリアパスを見ていきましょう。

フロントエンドエンジニアの年収

フロントエンドエンジニアは、実力と経験によって、年収が異なります。平均年収は500万円程度といわれています。ただし、年代によって金額が異なり、20代は300万円台、30代は400万円台、40代は500万円台と、歳を追うごとに年収がアップする傾向にあります。

年代によって年収が異なりますが、実力と経験があれば、20代でも高収入を得ることが可能です。知識やスキルを高めれば、活躍の幅が広がり、年収も上がるケースが多いでしょう。

フロントエンドエンジニアのキャリアパス

フロントエンドエンジニアのキャリアパスには、フロントエンドエンジニアとしてキャリアアップ、または、Webデザイナーなどにキャリアチェンジするという方向性があります。

フロントエンドエンジニアとしてキャリアアップするには、基本的なコーディングスキルを磨くことに加えて、UI・UXやSEOを意識したサイト作り、フレームワーク・ライブラリに関する知識など、多彩な知識・スキルを身につけることが必要です。また、マネジメントスキルを身につければ、リーダー職としてのキャリアアップも期待できます。

フロントエンドエンジニアのキャリアチェンジには、Webデザイナー、UI・UXエンジニア、フルスタックエンジニアなどがあります。

Webデザイナーにキャリアチェンジする場合は、デザインの知識、Photoshop、Illustratorなどの画像編集ソフトのスキルを身につけるとよいでしょう。フロントエンドエンジニアからのキャリアチェンジなら、実装もできるWebデザイナーとして活躍の場が広がり、需要も高いでしょう。Webデザイナーとなったのちのキャリアパスとしては、Webディレクターの道があります。

サービスの機能性や操作性など、ユーザーの使い勝手の向上に興味を持った場合には、UI・UXエンジニアにキャリアチェンジがおすすめです。Webデザインのスキルに加えて、Google Analytics、Googleウェブマスターツール、ヒートマップなどのWebマーケティングのスキルを習得しましょう。

フルスタックエンジニアとは、フロントエンドに加えて、バックエンドの知識・スキルもあわせ持つオールラウンダーのことです。サービスの設計から開発・運用までに携わることになるため、需要が高い職種といえます。その分、幅広い知識やスキルが必要です。

フロントエンドエンジニアの将来性

Webコンテンツは常に新しいものが登場し、将来も増え続けることでしょう。そうすると、フロントエンドエンジニアの需要も増え続けると予想されます。ただし、ユーザーの求めるものが多様になっていることから、フロントエンドエンジニアの知識や技術も、時代に合わせて更新し続けなければなりません。新しい技術を習得することで、活躍の場が広がり、フロントエンドエンジニアの未来は明るいといえるでしょう。

キャリアアップしてくためにおすすめの勉強

フロントエンドエンジニアは、スキルを増やすことで、収入アップが期待でき、キャリアアップにもつながります。

フロントエンドエンジニアの最低限必要なスキルは、HTML、CSS、JavaScriptの3つのフロントエンド開発言語です。キャリアアップするにはこれ以外のスキルを身につけましょう。

キャリアアップするには、次のようなスキルが有効です。
・UI(ユーザーインターフェース)・UX(ユーザーエクスペリエンス)に関する知識:実用的で使いやすいWebサイトにするために必要
・SEOに関する知識:検索サイトから特定の言葉で検索した際に、上位ランクを獲得できるようにするため
・CMS構築スキル:CMSを使ってWebサイトを構築するケースが多いため
・バックエンド言語:CMSでは、PHPやRubyなどのプログラミング言語を使用するため。習得しておくと、サーバサイドエンジニアやシステムエンジニアとのやりとりがスムーズになる

知識・スキルを身につけて市場価値の高いフロントエンドエンジニアに!

フロントエンドエンジニアは、幅広い知識・スキルを身につけることで活躍の場が広がり、需要も高まります。実務で経験を積みながら、技術やスキルを磨き続け、キャリアアップを目指しましょう。

求人詳細ページへのリンク

関連コラム

フロントエンドエンジニアとは?仕事内容や年収、他エンジニアやコーダーとの違いのページです。ITエンジニア・移動体通信エンジニア(技術者)の派遣求人ならブレーンゲート。株式会社ブレーンネットはシステムエンジニアやネットワークエンジニア、プログラマーの派遣・転職をサポートいたします。