Firebaseとは?できること・機能・メリットを解説

Firebaseとは?

「Firebase」とは、Web開発者向けにGoogleが提供しているモバイル・Webアプリケーションのためのプラットフォームです。モバイル・Webアプリケーションを開発する際、ユーザーが直接目にしたり触れたりしない裏側の部分「バックエンド」の環境構築が必要となります。しかしFirebaseはバックエンド環境を提供するサービスのため、これを使うことで開発者はバックエンドサービスを作成、管理する必要がなく、アプリケーションやコンテンツの開発に専念できるのです。

Firebaseでできること

Firebaseを利用すると、さまざまな機能がついています。具体的にどんなことができるか順に見てみましょう。

Firebase Analytics

Firebaseには、「Google Analytics for Firebase」と呼ばれるGoogle Analyticsの機能がついています。これを利用すると、アプリの使用時間やユーザー属性、アプリの使用パターンなど、さまざまな分析を行えます。この分析結果をもとに、アプリの改善を図り、さらにユーザーにとって使いやすいよう修正していくことができます。「Firebase Cloud Messaging」など他のツールと連携させて活用することも可能です。

Firebase Hosting

静的なWebページやWebアプリを簡単にデプロイできるのが、「Firebase Hosting」です。例えば、利用規約やプライバシーポリシーなどはアプリ内に作らず、Webページで終わらせる方が簡単。そのようなHTML、CSS、JavaScriptを使う程度のWebページなら、サーバの用意も不要で、簡単に作ることができるのです。iOSやAndroidアプリに流用できて、独自ドメインで設定することもできます。

Firebase Cloud Messaging

「Firebase Cloud Messaging」は、無料でメッセージを送受信できる機能です。このメッセージはプッシュ通知のことを言います。新しいメッセージを受信すると、クライアントのアプリに通知が可能。iOSやAndroidなど、デバイスの種類を問わず、メッセージの送受信ができ、セグメントを使ったメッセージの設定もできます。さらに送信したメッセージについては、モニタリングできます。

Cloud Firestore

アプリケーションのデータを保存し、全体と瞬時に同期できるクラウドホスト型の「Firebase Realtime Database」。この次世代版データベースが、「Cloud Firestore」です。「Firebase Realtime Database」より自由度が上がり、データの格納をスムーズに行えるようになっています。

Cloud Functions for Firebase

「Cloud Functions for Firebase」は、サーバレスでバックエンド開発できる機能。アプリ内で発生する、データベースの変更や新規ユーザー登録などを、サーバを使わずに処理することができます。Cloud Functionsに記述したソースコードは、Googleサーバ上に置かれて動作するため、安全性を維持できます。

Firebase Authentication

「Firebase Authentication」は、メールアドレス、パスワード、電話番号、SNSアカウントなどを使用して、ユーザーIDの認証を行える機能です。ユーザーのID認証はアプリ開発で重要となりますが、さまざまな認証方法に対応するためには、費用面で負担がかかります。しかし「Firebase Authentication」を利用すると、安全にID認証を実装することができます。ユーザーにとっても使い勝手のいい機能となります。

Cloud Storage for Firebase

ユーザーがアプリ内に、アップロードした画像や動画などのコンテンツを保存・管理できるのが、「Cloud Storage for Firebase」です。コンテンツのデータはGoogle Cloud Storageパケットに格納されるので、サーバからアクセスすることができます。SNSのように、ユーザーが投稿するタイプのアプリでは、この機能が便利です。

Firebaseの料金

Firebaseのプランは、無料でできるプランと従量課金のプランと、2種類があります。無料の「Spark」プランは、Cloud Firestoreの書き込みが1日2万回、読み取りは1日5万回、Cloud Storageはオペレーションのアップロードが1日2万回、ダウンロードは1日5万回など、各種の制限があります。
有料の「Blaze」プランは、認証回数やデータ取得回数に応じて課金されます。どの程度のアプリの利用を想定しているか、Firebaseの料金がどのくらいになるか事前にシミュレーションして、予算内に収まるか確認して利用の判断を行うといいでしょう。

Firebaseの料金プラン
https://firebase.google.com/pricing?hl=ja

Firebaseを使うメリット

Firebaseにはさまざまな機能がついていて、とても便利だとわかったでしょう。これを利用することで、開発者にはどんなメリットがあるでしょうか?

プラットフォームなので管理しやすい

Firebaseの多種多様な機能はすべてプラットフォームで動作します。そのため、管理しやすいことがメリットとしてあります。しかも機能のすべてがGoogle製だから、お互いに干渉しあう心配がありません。
またサーバの管理が不要ということも大きいでしょう。サーバ管理や保守の手間、構築の工程が不要です。

データの同期ができる

データを変更すると通知が送信され、デバイスがオフラインでも同期が実行されます。リアルタイムで簡単に同期できることは、メリットのひとつです。

アプリケーション構築の高速化

Firebaseでアプリケーションをデプロイすると、高速で行われるため、余計なストレスを感じることがありません。従来のアプリ開発では、認証システムやバックエンドの構築など、とても時間と手間がかかる工程ですが、Firebaseを利用することでアプリケーション全体の構築を短縮できます。

新しいフレームワークとの相性が良い

Firebaseは、さまざまなフレームワークと相性が良く、スムーズに導入できます。Flutterなどのモバイルフレームワークも簡単に導入できるため、開発現場で大いに重宝するでしょう。

小規模ビジネスの利用にも最適

Firebaseは、アプリやWeb開発に必要なさまざまな機能が備わった便利なサービスです。しかも無料で利用できて、有料プランでも利用量に応じた課金制ですから、小規模ビジネスなどにも最適なサービスと言えるでしょう。まずは無料プランで使ってみて、その利便性を体験してみるといいのではないでしょうか。

求人詳細ページへのリンク

仕事カタログページへのリンク

Firebaseとは?できること・機能・メリットを解説のページです。ITエンジニア・移動体通信エンジニア(技術者)の派遣求人ならブレーンゲート。株式会社ブレーンネットはシステムエンジニアやネットワークエンジニア、プログラマーの派遣・転職をサポートいたします。