クラウドエンジニアって?仕事内容や必要なスキル、将来性について解説!

クラウドエンジニアって?

クラウドエンジニアは、クラウドサービスを利用し、システムの設計、構築、保守などを担うクラウドに精通したエンジニアのことをいいます。

クラウドエンジニアと似た職種にネットワークエンジニアやインフラエンジニアがありますが、その違いを解説していきましょう。

ネットワークエンジニアとの違い

ネットワークエンジニアは、自社のコンピューターネットワークのシステム設計や構築、運用、保守管理などを行うエンジニアのことを指します。クラウドエンジニアとの違いは、ネットワークエンジニアは、オンプレミスで構築されるシステムのインフラを整えていくのに対し、クラウドエンジニアはクラウド上でシステムのインフラを整えていくことです。なお、今後はネットワークエンジニアもクラウドの技術を求められる可能性があります。

インフラエンジニアとの違い

インフラエンジニアの仕事内容は、ITインフラ全般の設計や構築、保守、運用を担います。一方、クラウドエンジニアもクラウドを利用し、インフラの設計や構築、運用などを行います。よって、クラウドエンジニアはインフラエンジニアが行う仕事のひとつを特化した職種といえます。ただし、インフラエンジニアのほうが管轄する範囲が広いのが特徴です。

クラウドエンジニアの将来性

クラウドエンジニアは将来性のある仕事といえます。その根拠は、インフラ環境をオンプレミスからクラウドへ完全移行する企業が増加していること、クラウドサービスに関連する新技術が続々と登場していることが挙げられます。これらのことから、クラウドエンジニアの需要も伸びており、今後も求められ続けることが予想されます。

クラウドエンジニアの仕事内容

クラウドエンジニアの主な仕事は「インフラ設計」「ネットワーク構築」「保守・運用」です。

インフラ設計では、クライアントのサービスを動作させる最適な環境を整え、サーバやネットワークといったインフラを設計します。このとき、オンプレミスで運用するインフラを完全移行するのか、併用するのかを検討したり、将来的な拡張性やセキュリティも顧慮しながらクラウドサービスを選定します。

ネットワーク構築は、設計書をもとにサーバの仮想化やストレージの設定、データベースの構築、ソフトウェアの導入・設定などを行います。

ネットワーク構築後には、サービスが安定して提供できるように運用・保守を行います。クラウドエンジニアはソフトウェアやコストの管理などを担当します。

クラウドエンジニアに必要なスキル

クラウドエンジニアに求められるスキルにはどのようなものがあるのでしょうか。身につけておくべき知識・スキルを見ていきましょう。

クラウド技術に関する知識

クラウドエンジニアはクラウド技術に関する知識を持っていないとやっていけません。主なクラウドに関する技術には、
・サーバの仮想化
・ネットワークの仮想化
・データベースの構築、処理
などが挙げられます。ネットワークの仮想化には、VLANやVPN、NFVなどを習得するとよいでしょう。

クラウドサービスに関する技術力

クラウドサービスに関する技術には、
・Infrastructure as Code:OS・ミドルウェアといったITインフラ構築・運用をコードとして表す手法
・DevOps:開発チーム、運用チームそれぞれが互いに連携・協力し、迅速に開発を進める手法
・CI/CD:継続的インテグレーションと継続的デリバリーのことで、DevOpsを実現するためのツール・手法
があります。これらの技術を習得しておくことで、クライアント案件にフレキシブルかつスピーディーに対応できるクラウドエンジニアになれます。

インフラ全般に関する知識

クラウドエンジニアはITインフラに関わるケースが多くあります。そのため、インフラ全般の知識とスキルも必要です。ITインフラの構築において欠かせない要素であるミドルウェア製品の知識・スキルや、オンプレミス運用のインフラ環境の仕組みも理解しておきましょう。

クラウドエンジニアが扱う主なクラウドサービス

クラウドエンジニアが扱うクラウドサービスには、主に3つあります。それぞれの特徴や導入するメリットも合わせてご紹介しましょう。

AWS

AWSは、「Amazon Web Services」の略で、Amazonが提供するクラウドサービスの総称です。仮想サーバやオンラインストレージ、データベースサービスなど200以上ものサービスを提供しています。初期費用が不要で、低コストで使えるのが魅力。また、公式ドキュメントをはじめとした、ウェブ上で得られる情報量も豊富です。

GCP

GCPは、「Google Cloud Platform」の略で、Googleが提供するクラウドサービスの総称です。特徴は、Google社内で使用されているのと同じ、信頼性の高いインフラを低コストで利用できること。また、他のGoogleサービスとの連携が取れることや、AIやデータ解析、機械学習サービスも充実しているのもメリットです。

Azure

「Azure」は、Microsoftが提供するパブリッククラウドサービス。すべてのサービスがクラウド上で展開されており、Microsoftの製品との連携や移行がスムーズに行えるのが特徴です。コカ・コーラやBMW、Adobe、富士通、トヨタ自動車などの企業も利用しています。

クラウドサービスに関する資格3選

各クラウドサービスには、関連する資格があります。これらの資格を取得しておけば、スキル・知識を証明することができ、就職や転職時に有利に働くことでしょう。

AWS認定ソリューションアーキテクト

「AWS認定ソリューションアーキテクト」は複数あるAWS認定資格のなかのひとつです。主に設計者向けで、中級レベルの資格といえます。試験は択一選択問題、複数選択問題が出題され、ネットワーククラウドの基礎知識やAWSのサービスの実装など幅広い知識が求められます。

Google Cloud認定資格

「Google Cloud認定資格」は、Googleが公式発行している認定資格。Google Cloudに関する知識が出題され、一定の獲得点数を満たせば資格認定を受けられます。なお、この資格は主に3つの種類に分かれており、
• 基礎的な認定資格
• アソシエイト認定資格
• プロフェッショナル認定資格
です。なかには日本語での出題に対応していないものもあるので、受験する際には事前に確認しておきましょう。

Microsoft Azure認定試験

「Microsoft Azure認定試験」は、ITプロフェッショナルと開発者の技術的・専門的知識を証明する試験です。難易度は、「Fundamentals」「Associate」「Speciality」「Expert」の4つ、分野は「基礎」「開発者」「管理者」など9種類に分かれています。なお、2つの試験に合格する必要がある認定資格もあるので注意してください。

クラウドエンジニアになるには?

クラウドエンジニアになるのに学歴は必要ありません。しかし、クラウドやネットワークなどに関する知識を身につけておく必要があるため、情報系の大学や専門学校で学ぶのが近道といえます。また学校とは別に、前述したスキルを身につけたり、スキルアップしておくことも重要です。学校を卒業後には、システム開発会社やIT関連企業などに就職し、クラウドエンジニアとして道をスタートします。

クラウドエンジニアを目指そう!

現在ではクラウドへの移行が進み、クラウドサービスの発展も目覚ましいため、今後ますますクラウドエンジニアの需要は高まることが考えられます。ご紹介したスキルや知識を身につけ、クラウドエンジニアを目指してみませんか。

求人詳細ページへのリンク

関連コラム

クラウドエンジニアって?仕事内容や必要なスキル、将来性について解説!のページです。ITエンジニア・移動体通信エンジニア(技術者)の派遣求人ならブレーンゲート。株式会社ブレーンネットはシステムエンジニアやネットワークエンジニア、プログラマーの派遣・転職をサポートいたします。