CADオペレーターの将来性は?必要なスキルやキャリアアップの方法も解説

CADオペレーターとは?

そもそもCADオペレーターとは、どのような職業なのでしょうか?ここでは、CADの概要をはじめ、CADオペレーターの業務内容や働く業界をご紹介します。

CADとは

CAD(キャド)とは「Computer Aided Design」の頭文字をとった略語です。設計図を作る際に使うシステムやソフトを指し、平面の図面を描く2DCADと立体的な図面を描く3DCADの2種類があります。

CADオペレーターとは

CADオペレーターとは、CADを使った図面の制作が仕事になります。建築業や製造業、アパレルやインテリア、福祉といった幅広い業界で活躍することが可能な職業です。

CADオペレーターの魅力

ここでは、CADオペレーターという職業の魅力を見ていきましょう。

魅力①能力や経験が評価ポイント

CADオペレーターを雇用する場合、年齢やブランクにさほど制限がありません。評価されるポイントが能力や経験だからです。スキルさえあれば、年齢を問わず、仕事に就きやすい点が最大の魅力といえます。

魅力②活躍できる業界が多い

CADの操作スキルを活かせることから、幅広い業界で活躍できる点も、CADオペレーターの魅力です。職業選択の自由度が高いため、異業種への転職も比較的難しくありません。

魅力③やりがいを感じられる

図面制作が仕事であるCADオペレーターは、建築物や製造物、被覆品や家具など、最終的に自分の作業が実際の形になるといった特徴を持っています。これも、CADオペレーターとしての喜びや感動を味わえる魅力のひとつに挙げられるでしょう。

CADオペレーターの将来性

AI技術の進化により、その需要が不安視されているCADオペレーターなのですが、職業がなくなることはありません。ここでは、CADオペレーターの将来性を解説します。

理由①3DCADはAIによる代替が難しい

高度な専門知識が必要な設計、デザインの意図を汲み取った図面制作などは、AIによる完全な代替ができません。特に3DCADの操作に関しては、CADオペレーターのスキルが必要不可欠なため、その将来性が期待できます。

理由②設計やデザインに欠かせない存在

図面制作に携わるCADオペレーターは、設計やデザインにも欠かせない存在です。建築物や製品を実際に具現化するためにも、設計士やデザイナーのサポート役として、その将来の可能性が広がります。

CADオペレーターがおすすめな人

ここでは、CADオペレーターを職業として選ぶべき人の特徴をご紹介します。

特徴①几帳面で集中力がある人

CAD操作における図面制作は、高い精度が要求されるため、緻密さ、丁寧さ、正確さが必要です。つまり、几帳面で集中力のある人ほど、CADオペレーターに最適といえるでしょう。

特徴②もの作りが好きな人

図面制作は、建築物や製品を作るうえでの重要な基礎になります。そのため、CADオペレーターは、根本的にもの作りが好きな人や興味のある人におすすめの職業です。

特徴③想像性やイメージ力が強い人

CADオペレーターには、設計士やデザイナーの指示を理解し、意図を読み取る能力が欠かせません。想像性やイメージ力が強い人ならば、その指示や意図を頭の中で展開しやすいため、CADオペレーターに向いているタイプです。

CADオペレーターに必要なスキル

ここでは、CADオペレーターに求められる必要なスキルをご紹介します。

スキル①CADに関する知識や技術

CADオペレーターとして、最も必要とされるスキルがCADに関する知識や技術です。実践経験がなくても、CADを操作する基礎能力は、働く前から身につけておかねばなりません。

スキル②コミュニケーション能力

設計士やデザイナーとの会議や打ち合わせもCADオペレーターの重要な業務です。お互いの意思疎通を計り、仕事を円滑に進行させるためにも、コミュニケーション能力が求められます。

スキル③情報を収集するアンテナ

日々進化を続けるCADや自分が身を置く業界関連の新しい知識や技術を常に学ぶ必要があります。その意味でも情報を収集するアンテナは、CADオペレーターに必要なスキルです。

CADオペレーターの年収は?

CADオペレーターの平均年収は300万円~400万円ほどです。高い知識や技術を身につけ、多くの経験を積めば600万円~800万円ほどの年収を得ることも夢ではありません。

キャリアアップのためにできること

CADオペレーターとして、キャリアアップを目指す場合、どのような手段が効果的なのでしょうか?ここでは、そのためにできる具体的な方法をご紹介します。

できること①研修・講習・セミナーに参加する

CADに関連する高度な知識や技術を学ぶため、研修や講習、セミナーに参加し、今以上にCADの専門スキルを身につけましょう。必ず将来のキャリアアップに役立ちます。

できること②助成金制度の利用

非正規雇用の場合、厚生労働省が制定する助成金制度の利用もおすすめです。CADオペレーターにも、キャリアアップ助成金が適用されるため、社内でのキャリアアップが目指しやすくなります。

できること③3DCADの習得

近年需要が高まっている3DCADの知識や技術を習得し、キャリアアップを目指す方法もあります。労働人口数の減少も考慮すれば3DCADオペレーターは、将来性のある狙い目の職業です。

3DCADオペレーターの将来性

3DCADオペレータは、以下の理由から将来性が高いとされています。
・3DCADを扱えるオペレーターが少ない
・高度な知識や技術を必要とするため、AIによる代替が難しい
・図面制作において3DCADの機能が欠かせなくなっている

CADオペレーターにおすすめの資格

ここでは、CADオペレーターにおすすめの資格をご紹介します。自身のスキルアップやキャリアアップのためにも、取得を目指してみるとよいでしょう。

資格①CAD利用技術者試験

CAD利用技術者試験は、CADに関する基本的な知識や能力を問われる資格です。資格には2DCADと3DCADの2種類があり、特に、建築や製造の業界に携わる方におすすめしたい資格となります。

資格②建築CAD検定試験

建築系の図面制作に特化した資格が建築CAD検定試験です。建築設計に必要なCADの知識や技術を認定するものであり、種類は4級・3級・2級・準1級のレベルに分かれています。

資格③CAD実務キャリア認定制度

CADの実務的な知識や技術を認める資格がCAD実務キャリア認定制度です。試験内容は3種類に分かれ、3次元CADトレーサー認定試験、3次元CADアドミニストレーター認定試験、CADアドミニストレーター認定試験となっています。

未経験でもCADオペレーターになれるの?

未経験でもCADオペレーターを目指すことが可能です。未就業者の場合、大学や専門学校で建築や製造、CADの知識や技術などを学び、CADオペレーターとして企業に就職する流れが一般的です。社会人の場合、CADの技能や資格を身につけるため、働きながらオンライン授業の利用や専門学校に通い、転職を目指すパターンとなります。

キャリアアップを視野に入れてCADオペレーターを目指そう

CADオペレーターの仕事は、ものづくりの基礎となる欠かせない存在なのですが、AIの発展やCADソフトの操作性向上により、その将来性を不安視する声も少なくありません。とはいえ、AIでの代替えが難しい高度な知識や技術、デザイナーの意図を読み取るイメージ力などが必要な3DCADオペレーターの需要は、さらに高まるばかりです。常にCADの進化や業界の情報を把握し、自身のスキルアップを心がければ、CADオペレーターとしての将来も切り開けることでしょう。

CADオペレーターの将来性は?必要なスキルやキャリアアップの方法も解説のページです。ITエンジニア・移動体通信エンジニア(技術者)の派遣求人ならブレーンゲート。株式会社ブレーンネットはシステムエンジニアやネットワークエンジニア、プログラマーの派遣・転職をサポートいたします。