5Gでスマホアプリ開発はどう変わる?

5Gでスマホアプリ開発はどう変わる?

2020年3月から商用化がスタートした次世代の通信技術「5G」。その登場によって、私たちの生活は大きく変化していくことが期待されています。では、大きな可能性を秘めた5Gの登場は、スマホアプリにどのような影響を与えるのでしょうか。
今回は、アプリの開発に携わるデベロッパーが抑えておくべき、5G環境でのアプリ開発のポイントを詳しく解説します。

5Gの特徴

まず、「5G」の概要についておさらいしていきましょう。5GのGは「Generation (世代)」の略で、日本語では「第5世代移動通信システム」を意味します。日本では4Gに代わる最新の通信技術として、2020年3月に商用化がスタートしました。
では、5Gはこれまでの4Gと比べてどのような特徴があるのでしょうか。詳しくみていきましょう。

超高速

5Gの最も大きな特徴はその通信速度です。4Gの通信速度というのは概ね100Mbps〜1Gbpsですが、これが5Gになると最大で100Gbpsとなります。つまり、4Gでは10秒かかっていたデータ通信も5Gでは一瞬で終わることになり、ファイルをダウンロードする際やコンテンツを表示する際にも待ち時間が圧倒的に削減されるというわけです。

最近では動画共有サイトや、動画配信サービスなどの人気も増していて、5Gの通信速度の速さというのは大きな魅力のひとつとなっています。超高速で通信できるということは、8Kなどの高画質の動画を見ることができるだけでなく、インターネットを利用したすべての通信がより快適になるため、5Gを活用したさまざまなサービスの可能性も大きく広がるというわけです。

多数同時接続

IoTが普及した現代は、スマホやパソコン、タブレットだけでなく、身の回りのさまざまなモノがインターネットとつながる時代です。これまでの4Gではリソースが足りずに対応できなかったような同時接続も、5Gでは接続台数の増加や大容量化によって接続可能となり、学校や病院、工場、店舗、農業などさまざまな場面でできるようになりました。

ちなみに、5G同時接続数は単純に比べるだけでも4Gの10倍あるといわれていて、一度に接続する台数が増えたことによって、中継装置の設置台数を減らすことができ、コスト削減の効果も期待できます。

超低遅延

時間の単位であるms (ミリセカンド) 。1msというのは1/1000秒のことで、これまで4Gでは10msの遅延があるといわれていたものが、5Gでは1msにまで短縮されているというのも大きな特徴のひとつでしょう。遅延が少なくなったことによって、データの送受信がリアルタイムでできるようになり、音と画像のズレを大幅に軽減することが可能になりました。この超低遅延という特徴によって、車の自動運転や手術の際の遠隔操作など、その有用性はより高まるというわけです。

5Gでスマホアプリ開発はどう変わるのか

では、4Gに代わる新しい通信技術である5Gの登場によって、スマホアプリの開発はどのように変化していくのでしょうか。まず明らかなのは、5Gが広く普及することによって4G環境のスマホアプリは性能が低いと感じられ、次第に淘汰されていくということです。当然のことながら、「超高速」、「多数同時接続」、「超低遅延」といった5Gの特徴を生かした高性能なアプリの開発が求められるようになるでしょう。

また、近年注目されているVR (仮想現実) やAR (拡張現実) 、MR (複合現実) といった技術を用いたアプリやゲームも、5Gのメリットを生かすことで、さらにリアリティと没入感を追求したものの開発が加速していくことが予想されます。

5G対応のアプリ開発で注意したいこと

社会全体に大きな変化をもたらすといわれている「5G」の登場によって、新しいサービスやビジネスが生まれることに期待を寄せている人は多いはずです。その一方で、5Gはセキュリティ面で大きな懸念点があるといわれていて、5G対応のアプリ開発を行う場合にも注意が必要です。

例えば、5Gのメリットのひとつである高速通信と大容量化によって、ネットワーク内の通信量は従来よりも圧倒的に増えるわけですが、同時に情報漏洩のリスクも高くなります。万が一、サイバー攻撃などに遭った場合には、一瞬で大量の情報を抜き取られてしまう可能性もあるわけです。

IoTの普及によって、身の回りの多くのものがインターネットにつながればつながるほど、そのリスクは高くなるわけですから、スマホのアプリ開発を行う際には、強固なセキュリティ対策を講じる必要があります。また、AIの普及もさまざまなアプリケーションのセキュリティに影響すると考えられています。

また、5G環境の整備というのは国ごと、または地域ごとに段階的に進んでいくため、普及の段階ではある地域では利用できて、ある地域では利用できないといった地域格差が発生する可能性があります。環境の整備についてはアプリの開発者がなんとかできる問題ではありませんが、ユーザーの問合せに適切に対応できるように、国内だけでなく世界の通信事情に対し、常にアンテナを張っておくことも大切です。


5Gのサービス開始によってモバイル環境は大きく変化し、スマホアプリの開発は大きな影響を受けるでしょう。アプリ開発に携わる方は、上記でご紹介した内容を参考にして変化にしっかり対応していきましょう。

求人詳細ページへのリンク

職種関連カテゴリ

5Gでスマホアプリ開発はどう変わる?のページです。ITエンジニア・移動体通信エンジニア(技術者)の派遣求人ならブレーンゲート。株式会社ブレーンネットはシステムエンジニアやネットワークエンジニア、プログラマーの派遣・転職をサポートいたします。