Rubyの資格「Ruby技術者認定試験」とは?合格率から分かる難易度や勉強方法

そもそもRubyとは?どんな重要性があるの?

まずは、「Ruby」について説明していきましょう。

Ruby(ルビー)は、1995年にまつもとゆきひろ氏によって発表されたオブジェクト指向スクリプト言語です。短くシンプルなコードが書けるのが特徴で、ほかのプログラミング言語では5行以上必要なコードも、Rubyなら、1行で済むこともあります。また、RubyはOSS(オープンソースソフトウェア)であるため、誰でも無償で使用することが可能です。

Rubyを使って、Webサービスやサイト制作、Webアプリ開発、スマホアプリ(Android)開発、スクレイピングなどができます。この汎用性の高さも魅力です。「Twitter」や「食べログ」、「クックパッド」といった有名サイトも、Rubyをもとに構築されています。最近では、効率よく、素早く開発を行う「アジャイル開発」をする企業が増えています。そのため、アジャイル開発に欠かせない言語であるRubyの需要も高まっていると考えられます。

関連リンク:Rubyの需要と魅力について

Rubyの資格「Ruby技術者認定試験」とはどんな試験?

Rubyの資格には、「Ruby技術者認定試験」があります。このRuby技術者認定試験は、Rubyアソシエーションが実施する試験で、Rubyベースのシステムを設計、開発、運用するエンジニア、Rubyでシステム提案を行うコンサルタント、Rubyを教える講師、Rubyを学ぶ学生などを対象としています。

この試験は、Rubyの技術力を測るのが目的です。試験に合格すると、Ruby技術者として、Rubyによる高い水準のシステム開発能力を持つことを認定されます。

Rubyの資格を取るメリットとは?

Ruby技術者認定試験の資格を取得すると、
・実力を客観視できる
・手堅く実力を培うことができる
・転職に有利
・収入アップが期待できる
などのメリットが得られます。詳細を解説していきましょう。

実力を客観視できる

資格試験を受けると、自分にどれくらいの実力があるのかが把握できるのがメリットです。また、Rubyに関する基礎的な知識と応用力をもつことを、他人にアピールできます。

手堅く実力を培うことができる

Rubyの資格試験に向けての勉強は、多くの場合参考書を使って体系的に学んでいきます。そのため、基礎的なことから応用まで、手堅く実力を培うことができるのがメリットです。

転職に有利

Rubyは汎用性が高いプログラミング言語です。なかでもWebアプリケーション開発や、ECサイトの構築などの需要もあり、人気も高いです。Rubyの求人数は年々増加傾向にあり、Rubyの資格を取得しておけば、転職に有利となるでしょう。

収入アップが期待できる

Ruby技術者認定試験は、認定元がRubyの開発者本人が理事長を務める団体です。そのため、資格自体の信頼性が高い試験といえます。資格を取得すると、企業に自分の技術力を正式に評価してもらえ、収入アップも見込めます。

試験の構成・グレードや種類について

Ruby技術者認定試験は、「Silver(試験番号RY0-100)」と「Gold(試験番号RY0-200)」の2つのグレードが用意されています。

Silver(試験番号RY0-100)は、Rubyの基本的な技術レベルを持つことを認定する試験です。

Gold(試験番号RY0-200)は、Silverでの内容に加えて、標準添付ライブラリ知識やアプリケーション設計に必要となるクラスやオブジェクトに関する知識、Rubyによるプログラム設計技術を持つことを認定します。

試験方法はどちらもコンピュータ試験で、試験時間は90分間。問題数は50問、選択式で行われます。

それぞれの出題範囲と合格率について

Silverの正式名称は「Ruby Association Certified Ruby Programmer Silver version 2.1(試験番号RY0-100)」といいます。出題範囲は、次のとおりです。

文法
・コメント
・リテラル(数値、真偽値、文字列、文字、配列、ハッシュ等)
・変数/定数とスコープ
・演算子
・条件分岐
・ループ
・例外処理
・メソッド呼び出し
・ブロック
・メソッド定義
・クラス定義
・モジュール定義
・多言語対応

組み込みライブラリ
・よく使用されるクラス、モジュール
(Object、数値クラス、String、Array、Hash、Kernel、Enumerable、Comparable等)

オブジェクト指向
・ポリモルフィズム
・継承
・mix-in

Goldの正式名称は「Ruby Association Certified Ruby Programmer Gold version 2.1(試験番号RY0-200)」といいます。出題範囲は、次のとおりです。

実行環境
・コマンドラインオプション
・組み込み変数/定数

文法
・変数と定数
・演算子
・ブロック
・例外処理
・大域脱出
・キーワード引数
・ラムダ式(->)

組み込みライブラリ
・よく使用されるクラス、モジュール
(Object、Module、Kernel、Enumerable、Comparable等)
・数値
・正規表現

標準添付ライブラリ
・よく使用されるライブラリ(socket、date、stringio等)

オブジェクト指向
・メソッドの詳細
・メソッドの可視性
・クラスの詳細
・クラスの継承
・モジュールの詳細

合格率は公表されていないため一概にはいえませんが、同レベルの試験と比較して、おおよその合格率を予想することはできます。

Silverと同等のレベルの「PHP技術者認定試験初級」の合格率はおおよそ70%です。
Gordと同等のレベルの「基本情報技術者(2021年)」の合格率はおおよそ57.9%です。

これらの合格率を目安にして考えるとよいでしょう。

合格率から分かる難易度

前述したとおり、Silverの難易度はPHP技術者認定試験初級程度ですので、まったくかなわないわけではありません。ただし、Goldの難易度は、Rubyについてのより深い知識が必要であるため、容易に合格できる難易度ではないでしょう。

しかしながら、Rubyを基礎から着実に学べば、たとえ独学で学んだ初心者であっても
合格が狙える試験といえそうです。

受験料と支払い方法について

受験料は、Silverが16,500円、Goleが16,200円となっています。

支払い方法は、クレジットカード決済・コンビニエンスストア決済・Pay-easy払い・受験チケットの4通りから選べます。

申し込み~合格発表までの受験スケジュール

申し込み~合格発表までの受験スケジュールを見てみましょう。

申し込み受付期間
申し込みの受付は、プロメトリック社のホームページにて、随時受付中です。

申し込み方法
プロメトリック社のホームページから申し込みを行います。

試験日・試験会場
試験日は、会場によって異なります。プロメトリック社のホームページにある、試験会場開催日程を確認してください。なお、試験日と試験会場は自由に指定できます。

合格発表
合格発表は試験日当日、スコアシートとともに結果が発表されます。

合格証書
合格し、認定者となった場合には、電子証書と紙面の証書の2種類の証書が発行されます。電子証書は登録したメールアドレスに2週間以内に、紙面の証書は登録した住所に1か月程度で郵送されます。

試験当日、持参するもの

試験当日には、本人確認書類が2点必要となります。この2点は、以下のA1点、B1またはB2から1点を組み合わせて提示します。

本人確認書類は、
A:顔写真つきの本人確認書類1点
 (運転免許証、パスポート、社員証、個人番号カード、住民基本台帳カード)

B1:クレジットカード、パスポート、公立図書館・公的な施設利用者カードから1点
B2:健康保険証、健康保険カード、住民票(交付日より3か月以内のもの)から1点

Rubyの資格試験に合格するコツは「試験までのスケジュールを逆算する」

Rubyの資格試験に合格するには、「目標設定」と「スケジュールの組み立て」が重要です。

目標設定は、以下の「SMART」の法則(目標設定の条件)に従い、条件をクリアするようにしていくとスムーズです。

Specific → 具体性・わかりやすさ
Measurable → 計測可能制・数値化出来る
Agreed upon → 同意できる・望む結果である
Realistic → 現実性・達成のイメージが湧く
Timely → 期限が明確

また、スケジュールは試験日から逆算して組み立てると、焦ることもなくなります。
勉強法については、「基礎を徹底的に固める」「問題集・過去問を解いて慣れる」「実際にコードを書いて苦手を克服する」ようにしましょう。

基礎を徹底的に固める

Silverでも、Goldでも、Rubyの基礎的な知識が問われます。またGoldでは、基礎から派生した応用的な問題も出題されます。そのため、基礎固めを徹底的にすることが重要です。基礎固めには、1冊の参考書にじっくり向き合うとよいでしょう。

問題集・過去問を解いて慣れていく

問題集や過去問を解くことで、出題される問題の傾向がわかったり、得意・不得意や不足部分の把握、試験慣れに役立ちます。不得意な分野や不足部分は、基礎に戻って学習をやり直しましょう。そうすれば、不得意部分を効率よくカバーできます。

実際にコードを書いて苦手を克服する

苦手な分野は、実際に手を動かすと克服しやすくなります。サンプルコードを書いて、処理の方法や考え方を身につけるとよいでしょう。

Rubyの資格取得におすすめの参考書・勉強方法

参考書①[改訂2版]Ruby技術者認定試験合格教本(Silver/Gold対応) Ruby公式資格教科書

Ruby技術者認定試験Silver/Goldに対応した公式テキストです。Rubyの文法をはじめ、オブジェクト指向や各種ライブラリなど、Rubyを使いこなす上で必須の基礎知識や、サンプルコードが豊富に掲載されています。また、Silver/Gold両試験の模擬試験・演習問題が160問収録されているのも特徴です。サンプルコードで実際にコードを書いて理解を深めたり、試験前に演習問題を解いて事前対策をするのにも重宝します。

参考書②たのしいRuby 第6版

Ruby初心者や、公式教本が難しいと感じる人、基礎固めをしたい人におすすめなのがこの本です。この本には、Rubyの基礎から応用まで、「チュートリアル」「基礎」「クラス」「実践」とテーマごとに解説してあります。この本しっかり理解した上で、問題集などに進むとよいでしょう。

学習サイトで勉強する

Rubyについて効率よく学べる学習サイトもたくさんあります。学習サイトには、ソースコードを元に解説を読んで学ぶサイトや、実際にオンライン上でコードを書き、実行できる学習サイト、動画解説をしているサイトなど、さまざまです。学習サイトなら、費用をあまりかけることなく学べ、すきま時間などにも学習できるのがメリットです。しかし、つまずいたとき時間がかかるデメリットもあります。

スクールで勉強する

スクールで勉強するのもひとつの方法です。スクールでの勉強は、つまずいたときにすぐに質問できる、短期集中で一気に学べるというメリットがあります。一方、デメリットとしては、通学する手間がかかる、受講料が高額などが挙げられます。

Rubyの資格の合格を目指そう

Ruby技術者認定試験に合格すれば、さまざまなメリットが得られます。独学でも合格を目指すことができるので、自分にあった勉強法でRubyを学び、認定試験にチャレンジしてみましょう。

Rubyの資格「Ruby技術者認定試験」とは?合格率から分かる難易度や勉強方法のページです。ITエンジニア・移動体通信エンジニア(技術者)の派遣求人ならブレーンゲート。株式会社ブレーンネットはシステムエンジニアやネットワークエンジニア、プログラマーの派遣・転職をサポートいたします。