JavaScriptの資格のおすすめとは?難易度や勉強方法について解説!

JavaScriptとは?

「JavaScript」は、1995年に誕生したインタープリタ型プログラミング言語です。おもにWebブラウザで動作します。JavaScriptを用いて開発できるものには、WebアプリケーションやWebページ、スマートフォンアプリ、IoTデバイス、ゲームなどがあり、汎用性の高い開発言語といえます。

JavaScriptの主な特徴

JavaScriptの特徴は、主に5つあります。見ていきましょう。

特徴①世界中で使われ、人気が高い

2021年に行われたある調査によると、開発者に人気のプログラミング言語は「JavaScript」が1位という結果になりました。これは、JavaScriptは世界中に普及し、使用率が高く、さまざまな開発でJavaScriptが使えることが起因となっているからでしょう。

特徴②初心者でも学習しやすい

JavaScriptの最大の特徴は、プログラム初心者であっても学習しやすいという点です。その理由には、
・人気のある言語であるため、学習ツールや学ぶ環境が豊富
・ほとんどのブラウザで動かせる
・コンパイルの必要がないため、メモ帳にコードを書いてチェックできる
などがあります。特別な費用がかからないのも、初心者のハードルを下げているポイントといえます。

特徴③多くのブラウザで機能する

前述したとおり、JavaScriptはほとんどのブラウザで機能するのが特徴です。Windowsはもちろん、Mac系のブラウザでも機能します。JavaScript に対応している主なブラウザは、
・Chrome
・Safari
・Firefox
・Opera
・Edge
・Internet Explorer
です。JavaScriptのコードを記述し、読み込ませるだけで実行できます。

特徴④フロントエンドでもサーバエンドでも開発できる

JavaScriptはフロントエンド言語に思われがちですが、特定のフレームワークを使えばサーバエンドでも開発できます。そのフレームワークは、「Node.js(ノードジェイエス)」で、サーバ環境の構築、データ処理などが可能となります。

特徴⑤フレームワークが豊富

JavaScriptは、JavaScript開発におけるアプリケーションの枠組みである「フレームワーク」が豊富です。このフレームワークを使うことで、次のことが可能となります。
・既存のアプリケーション設計を使い回すことができる
・機能を追加・拡張でき、オリジナルの機能を構築できる
開発の選択肢の幅が広いのも、Javascriptの特徴です。

JavaScript関連の資格を取得するメリット

JavaScript関連の資格を取得するとさまざまなメリットがあります。どんなメリットがあるのかご紹介します。

メリット①即戦力として期待される

多くの企業では、即戦力で働ける人材を募集しています。JavaScript関連の資格をもっていれば、JavaScriptのスキルや知識がどのくらいあるのかを他人に示すことができますし、即戦力として活躍できる人材だと評価されるでしょう。

メリット②需要が高い

昨今、Webサイトの開発をするフロントエンジニア、さらにスマートフォンのアプリを開発するエンジニアの求人が多く、JavaScriptは技術者の需要は高まっていると考えられています。そのため、JavaScript関連の資格を持っていると、就職、転職でも採用されやすいでしょう。

メリット③キャリアアップに役立つ

エンジニアとしてキャリアアップするためには、日々の勉強、スキルアップが欠かせません。それを他人に証明するために、資格を取得するのは有効な手段。JavaScriptは、多くの企業が求めている言語であるため、資格を取得するとキャリアアップに役立つでしょう。また、JavaScript関連の資格には国際資格もあるので、海外や外資系企業で働けるチャンスとなるはずです。

メリット④就職・転職に有利

企業に就職する場合や、転職にあたり、JavaScript関連の資格を取得しているとアピール材料になります。とくに、就職や転職の際には有利に進められるのがメリットといえるでしょう。

メリット⑤幅広い開発ができる

JavaScriptでは、Webアプリやサイト、デスクトップアプリ、スマートフォンのアプリ開発に対応できる幅広さがメリットです。JavaScriptの資格をもっていれば、さまざまな開発に携わることができ、活躍できます。

JavaScript関連の資格

JavaScript関連の資格は、主に2つあります。それぞれの試験内容や特徴を解説していきましょう。

CIW JavaScript Specialist

代表的なJavaScript関連の資格が「CIW JavaScript Specialist」です。この資格はJavaScriptの成熟度を測る試験内容となっています。国際資格なので海外で仕事をしようと考えている方におすすめの資格です。試験言語は英語のみ。難易度は、JavaScript関連の資格のなかでは高く、初心者には取得が難しいでしょう。

受験料:150米ドル
合格率:不明
受験資格:とくになし
回答方法:コンピュータ試験によるCBT方式
運営団体:Certification Partner社

CIW JavaScript Specialist

HTML5プロフェッショナル認定試験

「HTML5プロフェッショナル認定試験」は、HTML5をはじめ、JavaScriptやCSS3などについての知識や技術力を認定する試験。レベル1とレベル2の2つのレベルが用意されており、基礎から確実に学べます。なお、レベル1の試験問題数は約60問。レベル2の問題数は40〜45問となっています。対象者は、プログラマーやサーバエンジニア、グラフィックデザイナー、スマートフォンアプリの開発者などです。

受験料:16,500円(税込)
合格率:不明
受験資格:とくになし
回答方法:コンピュータ試験によるCBT方式
運営団体:LPI-Japan

HTML5プロフェッショナル認定試験

JavaScript関連資格取得に向けた勉強法

JavaScript関連資格取得に向けた勉強の仕方には、大きく分けて3つあります。ご自身に合った勉強法を選びましょう。

勉強法①参考書

JavaScript関連の資格の定番の勉強法が、参考書や学習本で学ぶことです。参考書やテキストで勉強するメリットは、価格も安く済み、自分のペースで勉強できます。

JavaScriptの参考書はたくさん出版されているので、ご自身のレベルに合ったものを選び、実際にコードを書きながら勉強していくとよいでしょう。

勉強法②オンライン学習サイト

初心者向けから上級者向けまで、JavaScript関連のオンライン学習サイトも充実しています。オンライン学習なら、自分の好きなときに勉強できるのが良い点です。

動画を見ながら学べるサイトや、JavaScript以外にHTML5やCSS、PHPなども学べるサイト、マンガ形式で解説しているサイトもあるので、ご自身に合ったサイトを選ぶのがおすすめです。

勉強法③スクールに通う

独学で学ぶのは不安な方には、スクールに通うのがおすすめです。昨今では、オンラインスクールや、マンツーマンでレッスンしてもらえるスクールなど、さまざまなスタイルがあります。

スクールなら、最新技術を習得できたり、わからないところから出てきたときに、すぐに教えてもらえるのがメリットです。基礎から応用まで、効率よく学べます。

JavaScriptの資格を取得しよう

JavaScriptは、さまざまな分野で使われている言語です。JavaScript関連の資格を習得すれば、就職や転職時に多いに役立つことでしょう。ご紹介した勉強方法で、JavaScriptの資格を習得してみませんか。

JavaScriptの資格のおすすめとは?難易度や勉強方法について解説!のページです。ITエンジニア・移動体通信エンジニア(技術者)の派遣求人ならブレーンゲート。株式会社ブレーンネットはシステムエンジニアやネットワークエンジニア、プログラマーの派遣・転職をサポートいたします。