システムエンジニアが英語を使えるメリットとは? 勉強法も紹介

システムエンジニアが英語を使えるメリットとは? 勉強法も紹介

グローバル化が進む近年では、日本国内にも社内公用語に英語を採用する企業が登場しており、業種、職種に関わらず、ビジネスにおける英語力の重要性は日々増してきています。
特にシステムエンジニアという職種では、システムに関する最新情報を収集する際にも、海外のクライアントと細かな部分まで話を詰めていく際にも、一定レベル以上の英語力が求められるケースも少なくありません。
そこで今回は、システムエンジニアにとっての英語の必要性と、英語力を身につけるメリット、おすすめの学習法などを詳しくご紹介します。

システムエンジニアに英語力は必要?

近年では、日本市場への外資系企業の参入や、日系企業が海外進出している背景から、ビジネスにおける英語力の重要性が高まってきています。
また、インターネットを中心としたIT業界では、国境の隔たりがなく、世界全体をシェアとしてビジネスを行うことが常識になりつつあります。
クライアントとコミュニケーションを取ることが多いシステムエンジニアは、市場のニーズに合わせて英語力を身につけることが、より一層求められるようになるでしょう。

システムエンジニアが英語力を身に着けるメリット

システムエンジニアが英語力を身につけるメリットについては、単にビジネスのグローバル化だけでは語れません。次のようなメリットがあります。

最新情報が入手できる

システムに関する最新技術は海外から発信されることが多く、まず英語で情報が公開され、後に日本語に翻訳されます。翻訳されるのを待っている分だけ、出遅れてしまうのです。

海外メーカーへの問い合わせに必須

また、現在利用されているソフトウェアやハードウェアの多くは、海外のメーカーが開発したものであり、製品によっては日本の代理店がなく、開発ベンダーに直接問い合わせなければならないこともあります。そういったケースでは、英語力は必須となります。

海外のクライアント、外注とのやり取りで有利に

クライアントが外資系企業であったり、オフショア開発 (海外に業務を委託すること) をしたりする場合もあります。そんな時は英語でコミュニケーションがとれることが大きな武器になるでしょう。

海外でも働ける

ネイティブとのやりとりに困らない英語力を身につけていれば、活躍の場を日本以外にも広げることができます。アメリカやイギリスなど、システムエンジニアの平均年収が日本よりも高い国で働くことができれば、収入アップにつなげることも可能です。

昇給や昇進につながる

海外のクライアントと取引のある企業では、英語力のあるSEというのは必要な人材です。特に近年は海外市場に積極的に参入する企業も増えているため、英語ができるというアドバンテージは昇給や昇進にもつながる可能性があります。

システムエンジニアにはどのくらいの英語力が必要?

システムエンジニアにとって、新しい技術を身につけたり、活躍の場を広げたりする際の大きな武器となる英語力。具体的にどのくらいのレベルの英語力を身につければよいのでしょうか。
ひとつの目安となるのが、ネイティブの外国人と英語での会話が問題なくできるレベル、TOEICのスコアで言うと700点が最低ライン、さらに広いフィールドで活躍をめざすなら800点以上あるのが理想的です。もちろん、一般会話だけでなくIT専門用語もある程度理解しておくことが大切です。
英語力というのは一般的に、「スピーキング」、「ライティング」、「リーディング」、「リスニング」の4つに分類されますが、システムエンジニアの仕事をする上でどのスキルが重要なのかは、仕事の内容によっても異なります。
例えば、システムエンジニアにとって重要な最新情報や新しい技術、仕事に関するマニュアルというのは、その多くが英語で書かれているのが一般的ですので、英文書を正しく読み、スピーディーにインプットするためにはリーディングのスキルが必要です。また、海外のクライアントと仕事をする際には、相手のニーズをきちんと理解して均衡を取っていくためにもスピーキングとリスニングのスキルは欠かせません。特に、上流 工程に携わる場合にはより高いレベルで相手との意思疎通ができる必要があります。
大切なのは、あるレベルで満足してスキルアップをやめてしまうのではなく、常に向上心を持って英語力を磨いていくということ。英語力が上がれば必然的に仕様書やコードへの理解も深まるでしょうし、より高い英語力を身につけることで「できること」が増えてくると言っても過言ではないのです。

システムエンジニアにおすすめの英語の勉強法

英語の勉強方法としては、英語能力を測るメジャーな試験であるTOEICにトライしてみることをおすすめします。TOEICのスコアは履歴書に記載することができるので、転職の際などに英語力をアピールすることができます。特にシステムエンジニアの求人情報などでは、TOEICのスコアを重視しているところも多く、外資系企業や海外市場に参入している企業ではより高いレベルのスコアを求められることも。就職や転職の選択肢を広げるためにも、TOEIC対策をして800点以上を目指すのが理想的でしょう。

まずは机上学習で文法や語彙を覚えて、あとは実践あるのみ。英会話スクールに通ったり、海外のエンジニアのカンファレンスなどに参加したりするのも良いでしょう。
また、英語が学べるチャットサービスなどを利用するという手もあります。思い切って、インターネットを通じて英語圏の友達を探してみるのもいいかもしれません。
仲良くなって実際に会話することができれば、英語力の向上だけでなく、コミュニケーション能力の向上や、国際交流など多くの経験を得ることができるでしょう。そして、実際に仕事で使える英語を身につけるためには、海外の技術系情報サイトなどでIT関連の英語により多く触れることも大切でしょう。システムエンジニアにとって、英語は技術習得の手段で、IT関連の英語を身につけることで英語力に付加価値をつけることができるのです。

グローバル化が進むIT業界では、今後さらに英語力が求められる時代がやってくると言えます。時代の波にのまれないように、英語力を身につけるための勉強を今から始めてみてはいかがでしょうか。

求人詳細ページへのリンク

関連コラム

職種関連カテゴリ

システムエンジニアが英語を使えるメリットとは? 勉強法も紹介のページです。ITエンジニア・移動体通信エンジニア(技術者)の派遣求人ならブレーンゲート。株式会社ブレーンネットはシステムエンジニアやネットワークエンジニア、プログラマーの派遣・転職をサポートいたします。