やっぱり必要?システムエンジニアに求められる英語力の重要性

やっぱり必要?システムエンジニアに求められる英語力の重要性

グローバル化が進む近年では、日本国内にも社内公用語に英語を採用する企業が登場しており、業種、職種に関わらず、ビジネスにおける英語力の重要性は日々増してきています。
上記のような背景に加えて、システムエンジニアという職種においては、さらに英語は重要だと言えます。なぜなら、システムに関する最新技術は日本国内から発信されるものよりも、海外から流入してくるものが多く、そういった情報は英語であることがほとんどだからです。
ここでは、システムエンジニアに求められる英語力の重要性についてご紹介します。

グローバル化するビジネス

近年では、日本市場への外資系企業の参入や、日系企業が海外進出している背景から、ビジネスにおける英語力の重要性が高まってきています。
また、インターネットを中心としたIT業界では、国境の隔たりがなく、世界全体をシェアとしてビジネスを行うことが常識になりつつあります。
クライアントとコミュニケーションを取ることが多いシステムエンジニアは、市場のニーズに合わせて英語力を身につけることが、より一層求められるようになるでしょう。

システムエンジニアが英語力を身に着けるメリット

システムエンジニアが英語力を身につけるメリットについては、単にビジネスのグローバル化だけでは語れません。次のようなメリットがあります。

最新情報が入手できる

システムに関する最新技術は海外から発信されることが多く、まず英語で情報が公開され、後に日本語に翻訳されます。翻訳されるのを待っている分だけ、出遅れてしまうのです。

海外メーカーへの問い合わせに必須

また、現在利用されているソフトウェアやハードウェアの多くは、海外のメーカーが開発したものであり、製品によっては日本の代理店がなく、開発ベンダーに直接問い合わせなければならないこともあります。そういったケースでは、英語力は必須となります。

海外のクライアント、外注とのやり取りで有利に

クライアントが外資系企業であったり、オフショア開発(海外に業務を委託すること)をしたりする場合もあります。そんな時は英語でコミュニケーションがとれることが大きな武器になるでしょう。

英語力を養う方法

英語の勉強方法としては、英語能力を測るメジャーな試験であるTOEICにトライしてみることをおすすめします。TOEICのスコアは履歴書に記載することができるので、転職の際などに英語力をアピールすることができます。

まずは机上学習で文法や語彙を覚えて、あとは実践あるのみ。英会話スクールに通ったり、海外のエンジニアのカンファレンスなどに参加したりするのも良いでしょう。
また、英語が学べるチャットサービスなどを利用するという手もあります。思い切って、インターネットを通じて英語圏の友達を探してみるのもいいかもしれません。
仲良くなって実際に会話することができれば、英語力の向上だけでなく、コミュニケーション能力の向上や、国際交流など多くの経験を得ることができるでしょう。

グローバル化が進むIT業界では、今後さらに英語力が求められる時代がやってくると言えます。時代の波にのまれないように、英語力を身につけるための勉強を今から始めてみてはいかがでしょうか。

関連コラム

職種関連カテゴリ

やっぱり必要?システムエンジニアに求められる英語力の重要性のページです。ITエンジニア・移動体通信エンジニア(技術者)の派遣求人ならブレーンゲート。株式会社ブレーンネットはシステムエンジニアやネットワークエンジニア、プログラマーの派遣・転職をサポートいたします。