データアナリストに資格は必要?仕事内容や求められるスキルも解説!

データアナリストになるために必須の資格はない

ビッグデータの利用や、企業のデータベースに蓄積されるデータを活用するなど、データを解析する仕事の注目はますます高まってきています。そんなデータ解析に関わる職種のひとつが、データアナリストです。そしてデータアナリストになるために、必須の資格はありません。

データアナリストとは?

データアナリストとは、データを解析する人のこと。企業が得たさまざまなデータを解析して、その結果から一般消費者のニーズや行動予測を立て、企業の課題解決や事業戦略に活かしていきます。そのような仕事を専門的に行う職種をデータアナリストと呼びます。

データアナリストの仕事内容

データアナリストの仕事内容は、大きく分類して「コンサル型」と「エンジニア型」の2種類に分けられます。

コンサル型のデータアナリスト

コンサル型は、クライアントの企業が抱えている課題に対して、データ解析を用いてその解決策を提案します。具体的には、クライアントからヒアリングを行い、何が課題なのか把握します。そしてその課題解決のための仮説を立て、その仮説が正しいかビッグデータを解析して検証します。さらにそこから得られた結果をもとに、クライアントに課題解決のための戦略を提案します。

エンジニア型のデータアナリスト

エンジニア型は、クライアントの企業の課題解決に向けて、ビックデータの解析を行い、その結果にあわせてシステムの構築や改善等をメインで行います。データの解析には統計分析といったツールを使い、より高度な解析を行います。さらにシステムの構築などを行うため、エンジニア寄りのデータアナリストとなります。

データアナリストの勤め先

データアナリストが実際に働いている企業は、どのようなところでしょうか。

クライアントワークの場合

クライアント型のデータアナリストが多く勤めているのは、マーケティング企業やWeb制作企業など、クライアントワークを主に行う企業が多いでしょう。クライアントとなる企業はさまざまな分野にわたり、複数のプロジェクトを同時に抱えるなど、データアナリストとしての経験を積んでいくことができるでしょう。

インハウスの場合

インハウスとは「自社内」という意味で、企業が自社で持っているデータを自らで解析し、それによって各種の課題解決を行っていきます。例えば、証券会社、医療関連企業、金融関連、研究機関などで、それぞれの企業にデータアナリストが所属して活躍しています。企業によって取り扱うデータの種類が決まっており、その分野での専門的なデータ解析のスキルを身につけられるでしょう。

データサイエンティストとの違い

データアナリストとよく混同されがちな職種に、データサイエンティストがあります。データサイエンティストもデータを取り扱いますが、必要なデータを抽出して分析していくのが主な仕事。それに対して、データアナリストはデータの解析を行い、その結果を課題解決や事業計画に活かしていきます。ただこの2つの職種は厳密に定義されているわけではなく、企業によっては両者の仕事内容が重なることもあるでしょう。

データアナリストの平均年収

データアナリストの給料は、どのくらいでしょうか。現在募集されているデータアナリストの情報を見てみると、年収は400万円から1,000万円までさまざま。高額な場合は、1,200万円ほどまで提示している企業もあります。担当する仕事内容のほか、これまでの実績や経験、開発経験の有無などによって、年収は異なるでしょう。

データアナリストの将来性について

インターネットの利用が当たり前になった現代では、さまざまなデータがあふれています。そしてそれらを利用する重要性について、多くの企業が気づき始めている状況です。それだけデータを取り扱うスペシャリストが必要とされているということ。しかもデータアナリスト自体が人材不足であり、今後はその需要がさらに拡大していくことは間違いないでしょう。

データアナリストになるためには

データアナリストになるには、「データアナリスト」として募集している求人に応募するのが一番です。データアナリストとして転職する方もいるでしょう。

データアナリストの未経験求人はある?

データアナリストの求人の中には「未経験者応相談」や「未経験者可」とするものもあります。未経験者の方は、そのような未経験者でもOKの求人を探すといいでしょう。その際、データアナリストの仕事に役立つ経験や資格があると、プラスになるでしょう。

データアナリストに求められるスキル

データアナリストには、データを解析する技術はもちろん、ロジカルな思考能力など多様なスキルと知識が求められます。

コンサル型のデータアナリストの場合

コンサル型の場合、コンサル企業やマーケティング企業に所属する場合が多く、マーケティングに関する知識があると有利でしょう。データ解析の結果をマーケティング的な視点で、どのように課題解決に向けて提案できるかが、腕の見せ所です。

エンジニア型のデータアナリストの場合

エンジニア型の場合、各種分析ツールを使いこなすスキルのほか、システムの構築などの際プログラミングスキルも必要になります。JavaやPythonといったプログラミング言語、SQLなどのデータベース言語を使えるスキルがあるといいでしょう。

双方に共通するスキル

コンサル型とエンジニア型に共通して求められるのは、データの取り扱いに関する統計学や解析学の知識です。またIT全般に関する知識も必要でしょう。さらにそのデータを解析した結果から課題解決を導くため、論理的な思考力も求められます。

データアナリストにおすすめの資格

データアナリストには必須の資格はありませんが、さまざまなスキルを証明するものとして、以下のような資格は就職や転職に役立つはずです。

資格①統計検定

統計に関する知識や活用力を評価する資格です。1級から4級のほか、統計調査士、統計検定データサイエンスといった試験が設けられています。データアナリストなら、2級以上の取得がおすすめです。

資格②OSS-DB技術者認定試験

オープンソースデータベース(OSS-DB)に関する設計や運用、改善などのスキルを証明する資格試験です。SilverとGoldの2つのレベルがあります。

資格③情報処理技術者試験

情報処理推進機構(IPA)が行っている国家試験です。「基本情報技術者試験」「応用情報技術者試験」など10種以上の試験が行われています。データアナリストを目指すなら「データベーススペシャリスト」の取得がおすすめです。

将来性が高いデータアナリストの仕事

あらゆる分野でデータを活用する流れが出てきている現代では、データアナリストはますます活躍できる職種のひとつです。しかも経験を積んでいけば、高収入も期待できます。未経験であっても関連する資格試験の取得にむけて勉強するなり、地道に努力を重ねていき、データリストを目指してはいかがでしょうか。

データアナリストに資格は必要?仕事内容や求められるスキルも解説!のページです。ITエンジニア・移動体通信エンジニア(技術者)の派遣求人ならブレーンゲート。株式会社ブレーンネットはシステムエンジニアやネットワークエンジニア、プログラマーの派遣・転職をサポートいたします。