人工知能プロジェクトマネージャー試験の概要と資格取得のメリット

人工知能プロジェクトマネージャー試験の概要と資格取得のメリット

私たちの生活にも広く活用されている「AI (人工知能) 」。ビジネスシーンにおいても、導入する企業は今後更に増えてくることが予想されていて、技術的にそれを支えるAI人材の需要は急速に増していくといわれています。そんななか注目されているのが、AIに関する新しい資格が取得できる「人工知能プロジェクトマネージャー試験」です。
今回は、この資格について詳しく解説していきます。

人工知能プロジェクトマネージャー試験の概要

導入によって多くのメリットが期待されている「AI (人工知能) 」。近年ではビジネスシーンにおいてもAIの活用が急速に進んでいますが、その一方で日本をはじめ世界の多くの国々では、このAIを活用してビジネスにインパクトを与える人材「高度AI人材」が慢性的な不足という深刻な問題を抱えています。

AIを企業活動で効果的に活用していくためには、ビッグデータを分析・解析し、課題の解決や新たなビジネスの創出を行うためのスキルを持った「データサイエンティスト」と、自らもAIの技術を理解し、エンジニアに技術的なアドバイスをしながらプロジェクトを成功に導く「AIマネージャー」の存在は不可欠です。

ところが、経済産業省の推計によれば、国内では将来的に40〜80万人のIT人材 (ITを利活用したり開発したりするスキルを持った人材) が不足し、AIマネージャーやデータサイエンティストといった高度AI人材の不足が深刻なレベルだと指摘しています。このような問題を解決する一手として、一般社団法人新技術応用推進基盤が新設したのが、「人工知能プロジェクトマネージャー試験」というわけです。

一般的に、ビジネスシーンにおけるAIの導入は、マネージャーの手腕や力量によってその成否が大きく分かれるとされています。「人工知能プロジェクトマネージャー試験」は、社内における「AI人材育成の指標」といわれていて、これまで定量化をするのが難しかった、AIマネージャーのスキルや力量を認定することができる資格なのです。

人工知能プロジェクトマネージャー資格を取得するメリット

では、実際に「人工知能プロジェクトマネージャー資格」を取得することで、どのようなメリットが得られるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

マネージャーとしての実力を証明できる

既にAIマネージャーとして仕事をしている方も多くいると思いますが、残念ながらAIマネージャーのスキルというのは数値では表すことができにくいという特徴があります。そのような場合でも、人工知能プロジェクトマネージャー資格を取得することによって、一定レベル以上のスキルを持っていることを証明することができるのです。

転職時に有利になる可能性がある

AI導入のためのスキルや知識を持った人材というのは慢性的に不足していますが、これは言い換えると、AI人材の需要が高いことを意味しています。人工知能プロジェクトマネージャー資格を取得することによって、そのスキルを証明することができるため、転職時には有利になる可能性もあるのです。

エンジニアからマネージャーへのキャリアップにつながる

AIマネージャーというのは、そのスキルや力量が具体的に定量化しにくいため、実際にどのくらいのレベルが求められるのか分かりにくいという現状があります。これは、実際にITの現場で働いているエンジニアにとっても同じことで、マネージャーにキャリアアップすることを目指してはいても、何が必要なのか分からないという方も多いはずです。

人工知能プロジェクトマネージャー資格を受験することによって、キャリアアップを目指すエンジニアが必要なスキルや知見を把握できるというのも大きなメリットだといえるでしょう。

社内の人材育成の指標になる

AI活用によるビジネスの成長は、マネージャーの力量によってその成否が大きく分かれます。企業にとっても重要な位置づけとなるAIマネージャーは、外注をするというわけにはいかないため、今後は社内で人材の育成をすることが不可欠です。

ところが、いざ人材育成に取り組もうと思っても、何を学ばせたら良いのか、どのように育成していけば良いのか分からないという企業も少なくありません。人工知能プロジェクトマネージャー試験を活用することによって、人材育成の指標になるというのも大きなメリットのひとつだといえます。

人工知能プロジェクトマネージャー試験の内容と対策

人工知能プロジェクトマネージャー試験は、A〜Gの7つの分野から偏りなく出題されます。では、実際にそれぞれの分野を詳しく見ていきましょう。

分野A 『目標設定能力』

架空のケースを基にして思考力を確認します。問題の発見、認識、解決といったプロセスと手法についての知識を身につけておきましょう。

分野B 『課題解決能力』

プロジェクト中に発生し得るさまざまな問題に対処する能力を確認します。AI導入プロジェクトに関する過去の失敗事例をできるだけたくさん読んでおくことが大切です。

分野C 『統計的理解』

分析に関する技術的なスキルや理解度を確認します。アルゴリズムの違いやコンペで勝つための手法についての知識が必要です。

分野D 『統計理解の実装力』

分析を自立的に実行していくための技術的な理解度が問われます。基本的なプログラム言語に対する理解や各種統計ツール、ライブラリについてきちんと理解していることが大切です。

分野E 『システム構築能力』

システム構築に関する技術的なスキルや理解度を確認します。NW構成やDB構成、商用化の際のモデルアップデート方法について答えられるようにしておきましょう。

分野F 『プロジェクト遂行能力』

プロジェクトマネジメントにおける遂行能力が問われます。遅延などをはじめとするリスクの予測とその解決策の提示力など、実際にプロジェクトを進めていく上で生じるさまざまなトラブルに関する知識を身につけておく必要があります。

分野G 『法令理解』

人工知能プロジェクトを遂行する上で必要な法令知識を確認します。所有権や機密保持契約などについて的確に答えられるようにしておきましょう。


AI人材というのは今後も需要が増加していく見込みです。同分野で活躍したいと考えている方は、ぜひ、こちらで紹介した情報を参考に「人工知能プロジェクトマネージャー」の資格取得を検討してみてはいかがでしょうか。

人工知能プロジェクトマネージャー試験の概要と資格取得のメリットのページです。ITエンジニア・移動体通信エンジニア(技術者)の派遣求人ならブレーンゲート。株式会社ブレーンネットはシステムエンジニアやネットワークエンジニア、プログラマーの派遣・転職をサポートいたします。