プラントエンジニアリングとは?将来性や魅力は?必要なスキル・資格も解説

プラントエンジニアリングとは?

「プラント」は工場や工場にある設備のこと。「プラントエンジニアリング」は工場の機械整備やシステムの設計・開発・管理を行う仕事を言い、「プラントエンジニア」はプラントエンジニアリングを行う人のことを指します。工場というと、その内部で作業する人をイメージするかもしれませんが、プラントエンジニアリングは工場のシステムを作ったり管理したりする仕事です。

プラントエンジニアの仕事内容

プラントは、石油、化学薬品、食品、医薬品など、さまざまなジャンルがあります。それらの種類や担当する仕事の内容によって、プラントエンジニアの専門領域は異なります。

機械系プラントエンジニア

プラントの基本設計や詳細設計から構築を行うほか、機械装置や設備の設計、開発を行うのが、機械系プラントエンジニアです。設計を担当した後は、実際のオペレーションやメンテナンスも担当し、正しく使われているか管理していくことも仕事に含まれ、機械工学の知識が必要です。

化学系プラントエンジニア

化学系プラントとは、石油や天然ガス、LPGなどの原料から化学製品をつくり出すプラントのこと。化学系プラントエンジニアは、その生産プロセスの構築やマネジメントを担当し、化学工学系の知識が必要になります。

電気系プラントエンジニア

プラントには、機械と電気、制御システムがあります。膨大な種類の装置などを稼働させるために、電力供給システムや制御システムを構築するのが、電気系プラントエンジニアです。電気工学や電子工学の知識が求められる職種です。

土木系プラントエンジニア

土木系プラントエンジニアは、プラント自体の設計から道路設備などの設計、港湾施設の設計などを担当します。名前のとおり、土木系プラントエンジニアは土木工学科系の知識が必要な仕事です。

プラントエンジニアに必要なスキル・資格

プラントエンジニアにはさまざまなジャンルがあり、それぞれで求められるスキルが異なります。一般的には、化学、工学、土木工学、電子・電気工学などの知識が必要です。またプラントエンジニアは、以下のような資格があるといいでしょう。

機械設計技術者

「機械設計技術者試験」は、日本機械設計工業会が行っている資格試験で、機械設計技術者の能力を評価します。1級から3級まであり、1級と2級は受験資格に実務経験が必要ですが、3級は誰でも受験できます。3級の試験範囲は、機械力学、制御工学、工業材料、材料力学などです。

CAD利用技術者試験

CADは、設計や製図のツールです。プラントや施設の設計を行うプラントエンジニアには、CADは欠かせない存在であり、CADを扱える技術を持っていることを証明できるのが、「CAD利用技術者試験」の資格です。試験は「2次元 CAD」と「3次元CAD」の2つがあり、2次元CADには1級と2級が、 3次元CADには1級、準1級、2級があります。

プラントエンジニアリング業界の魅力

プラントエンジニアリング業界は魅力的と言われますが、年収や転職など、どのようなメリットがあるでしょうか?

年収が高い

建設業界は年収が比較的高いのですが、プラントエンジニアリングの職種はさらに高年収を得られます。プラントでの事故発生率が低いと給与がプラスされるなど、成果報酬制度が設けられている場合もあり、信頼される仕事をこなすことで高い年収を手にできる可能性があります。

安定性が高い

プラントはさまざまなジャンルがあり、日本各地にあります。さらにプラントには耐用年数が設定されており、一定期間が経つと建て替えを行わなければなりません。そのためプラントエンジニアリングの仕事は、プラントがある限り必要になると言えます。つまりプラントエンジニアリングは、安定した需要のある仕事なのです。

転職しやすい

さまざまな業界で一定のニーズがあるプラントエンジニアリング。さらに高収入であることから、自分で培った経験やスキルを武器に、転職しやすいという面があります。それに会社に所属することなく、プロジェクト単位で仕事を請け負い、自由な働き方をすることも実現できる可能性があるでしょう。

プラントエンジニアリング業界はきつい?

プラントエンジニアリングの仕事は、高収入で安定性があるなど魅力が多いですが、一方で「きつい」という声があると言います。確かに、プラントの設計などの納期があり、それにともなって残業を余儀なくされるなど、ストレスが大きい職種です。しかし近年は、働き方改革が進められていることもあり、ITを利用して効率化などが試みられています。

プラントエンジニアに向いている人の特徴

プラントエンジニアの仕事には、どんなタイプの人が向いているでしょうか?

「手に職」を付けたい人

プラントエンジニアリングは、スキルや経験が大切な技術職のひとつです。そのため、自分の仕事に誇りをもって地道に取り組みたい職人気質タイプの人は、似合っているのではないでしょうか。

「ものづくり」が好きな人

プラントは、さまざまなものづくりの原点となる場所。そしてプラントエンジニアは、そのプラントの設計に携われるため、大きなやりがいを感じられる仕事です。自分が携わったプラントで作られたものが、社会で広く利用されていることで、モチベーションアップに感じられる人は、プラントエンジニアに向いているでしょう。

高収入を目指す人

プラントエンジニアは高収入が見込める仕事です。さまざまな技術職の中でも、収入に重きを置いて考えれば、プラントエンジニアという選択肢に絞ってみてもいいのかもしれません。

プラントエンジニアの将来

プラントエンジニアリング業界は、安定したニーズがあるとご紹介しました。確かに日本には数多くのプラントがあり、そこでプラントエンジニアのニーズは一定あります。しかし日本の産業は成熟期にあるため、プラントの建設数は限りがあり、現状はメンテナンスや改修などが主な業務になります。ただ海外に目を向ければ、まだ発展段階にある東南アジアなどでは、プラントエンジニアリングの需要は高く、海外で活躍できる仕事でもあります。

未経験からプラントエンジニアを目指すには

プラントエンジニアリング業界や建設業界は、常に人手不足に陥っています。そのため未経験者でもプラントエンジニアとして採用する企業があります。プラントエンジニアにはさまざまな知識が求められるとご紹介しましたが、法的手続きやスケジュール管理などの仕事なら、そのような知識がなくても取り組めます。実際に現場に出てみて、業務上で必要になったら知識や資格を身につけていくケースも多いようです。

プラントエンジニアリングでものづくりに携わろう

プラントの設計や建設に携われるプラントエンジニアリング業界。専門性が高い仕事ですが、ものづくりの第一線で活躍できる仕事と言えます。ものづくりの現場でやりがいを感じたい人は、こんな仕事をひとつの候補として考えてみてはいかがでしょうか。

求人詳細ページへのリンク

仕事カタログページへのリンク

プラントエンジニアリングとは?将来性や魅力は?必要なスキル・資格も解説のページです。ITエンジニア・移動体通信エンジニア(技術者)の派遣求人ならブレーンゲート。株式会社ブレーンネットはシステムエンジニアやネットワークエンジニア、プログラマーの派遣・転職をサポートいたします。