5Gの次にくる「6G」とはどのような通信技術なのか

5Gの次にくる「6G」とはどのような通信技術なのか

既存の技術を超える新しい技術が次々に生まれている通信技術。おおむね10年ごとに世代交代がされると言われていて、実際に2020年3月に5Gの商用化がスタートしたばかりですが、既に世界各国の企業が2030年代の6G実用化にむけた開発をスタートしています。次世代通信6Gのある世界とはどのような世界なのでしょうか。実現することによって、どのようなことが可能になるのか、詳しく解説していきます。

5Gの次に来る「6G」とは

2020年3月に商用化がスタートしたばかりの5Gですが、その次世代通信技術である「6G」が早くも注目を集めています。正式には「6th Generation Mobile Communication System (第6世代移動通信システム) 」と言い、世界中の通信業界が2030年代の実用化を目指して開発に力を注いでいます。

5Gの技術開発や実用化で世界から遅れを取ってしまったと言われている日本では、総務省が5Gの次世代通信技術を「Beyond 5G」と名付け、政府としてどのような方針をとっていくのか、総合戦略の策定に向けた「Beyond 5G推進戦略懇談会」を立ち上げました。国内の大手通信メーカーも大学や情報通信研究機構と共同で6Gの開発を進めるなど、積極的な動きを見せています。

6Gと、4Gや5Gとの違い

5Gの実用化はIoTやIT技術の進化を加速させ、私たちの生活はより便利になると言われています。では、次世代の通信技術として注目されている6Gは、5Gや4Gとどのような違いがあるのでしょうか。現時点では6Gの明確な定義は決まっていませんが、想定される違いを詳しく見ていきましょう。

通信速度・通信容量

4Gの10倍の通信速度を実現した5Gですが、6Gはそのさらに10倍、4Gの100倍の通信速度をめざしています。大容量のデータを超高速でやりとりできるようになることで、現実に体感しているのと変わらないサービスが可能になると言われています。

超カバレッジ拡張

6Gの特筆すべき点のひとつが、「超カバレッジ拡張」を将来的に目指しているということです。現在の移動通信技術では対応が難しい空や海にとどまらず、宇宙をも含んだあらゆる場所までカバーすることが想定されています。陸上と変わらない通信が広範囲で可能となることで、これまででは考えられなかったような新たな産業が誕生する可能性もあるというわけです。

超多数同時接続

5Gの実用化によってビッグデータ化はさらに加速し、いずれは5Gでは対応できないほどのデータ容量になることが既に予想されています。それをカバーすることができる6Gでは、さらに多くのIoTデバイスが普及していくと言われていて、5Gの10倍程度の超多数同時接続が可能になります。ちなみに、5Gの接続密度は100万台平方キロメートルなのに対し、6Gでは1,000万台平方キロメートルです。

超高信頼通信

4G、5Gと通信技術が進化することによって、ビジネスの場でもその技術が用いられるケースが増えています。特に5Gでは工場自動化や遠隔制御といった分野にも応用されていて、誤作動やミスが許されないケースも増えています。6Gは5Gよりもさらに高い信頼性と高性能、高いセキュリティの実現が絶対条件となるというわけです。

6Gによって実現すること

では、実際に6Gが実用化した場合、世界はどのように変化するのでしょうか。現段階ではまだ研究開発の段階ですのであくまでも予測となりますが、6Gの普及によって実現するであろうと言われている代表的なものを詳しく見ていきましょう。

ウェアラブルデバイスの活用

ウェアラブルデバイスといのは、その名のとおり「身につけることができる」デバイスのことです。現在はApple Watchに代表されるように、腕時計型のウェアラブルデバイスが一般的ですが、6Gが普及することによってより多様なウェアラブルデバイスが誕生し、スポーツや医療、ビジネスなどさまざまなシーンでの活用が期待されています。

五感通信技術などの普及

6Gが普及した世界では、視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚といった五感を情報通信の対象とする「五感通信技術」が飛躍的に進化することが期待されています。従来の通信は音声や画像のやり取りがメインでしたが、五感通信技術の普及によって触覚や味覚、臭いなどの感覚をやりとりすることができるようになり、離れていても対面しているかのような自然で現実感のある通信が可能になるのです。テレワークはもちろん、過疎地での医療や教育現場など幅広いシーンで活用されていくことが期待されています。

充電不要の時代がくる可能性も

iPhoneやAndroidでも対応機種が増えているワイヤレス充電。6Gではその技術がさらに進化することが予想されていて、将来的には6Gのエリアに入るだけで携帯しているモバイル端末が自動的に充電されるような時代が来るのではないかと考えられています。

実現すれば、充電をし忘れて途中でスマートフォンやノートパソコンが使えなくなってしまったり、モバイルバッテリーを常に携帯したりする必要もなくなるという、今では考えられないほど便利な時代となるわけです。

ゲームの世界も変化

6Gの実用化はゲームの世界にも大きな影響をもたらすことが予想されています。超低遅延を実現させたと言われている5Gですが、6Gはそれを超える大容量の高速通信をめざすため、オンラインゲームが飛躍的に進歩するというわけです。

タイムラグがなくなることによって大人数での対戦も可能になるだけでなく、全てのゲームのクラウド化が標準となることによって、スマホを使って家庭用ゲームができるようになることが期待されています。また、無線でもVRを扱えるようになることで、より臨場感のあるゲームを楽しむことができるようになるというわけです。


5Gの商用化がスタートされたばかりですが、通信業界では既に6Gの実現に向けた研究・開発が始まっていて、近い将来必ず6Gの世界がやってくると言われています。私たちの生活を激変させるであろう6Gの今後の動向にぜひ注目していきましょう。

求人詳細ページへのリンク

職種関連カテゴリ

5Gの次にくる「6G」とはどのような通信技術なのかのページです。ITエンジニア・移動体通信エンジニア(技術者)の派遣求人ならブレーンゲート。株式会社ブレーンネットはシステムエンジニアやネットワークエンジニア、プログラマーの派遣・転職をサポートいたします。