5Gスタートがネットワークエンジニアに与える影響とは?

5Gスタートがネットワークエンジニアに与える影響とは?

2020年3月から、日本でもついに5G (第5世代移動通信システム) の商用化がスタートしました。5Gは4Gと比べて格段に性能が向上したと言われていますが、広く普及が進むことによってIT業界は今後どのように変化していくのでしょうか。ネットワークエンジニアが受ける影響と合わせて詳しく解説していきます。

5Gの特徴

2020年3月から日本でも順次サービスの提供が始まった5G (第5世代移動通信システム) 。ひとつ前の世代である4Gと比べてどのような点が変わったのでしょうか。まずは5Gの主な特徴を詳しく見ていきましょう。

4Gと比較して高速かつ大容量

5Gの一番の特徴は、大容量のデータを高速で通信することができるということです。これまでの4Gの通信速度は最大で1Gbpsであるのに対し、5Gは100Gbpsです。これは実に100倍以上の速度でやりとりできるようになると考えることができます。これにより従来のデータ通信技術では当たり前のように発生していた「待ち時間」がなくなるというわけです。

超低遅延

データ通信で問題となる遅延ですが、5Gは超低遅延も特徴のひとつで、4Gでは10msの遅延が発生していたものが、5Gでは1msにまで改善されています。これによってデータの送受信がリアルタイムでできるようになり、音と画像のズレを最大限に抑えることができるようになりました。

多数同時接続が可能になる

ひとつの基地局に複数のデバイスを同時に接続することを「同時接続」と言います。従来の携帯電話ネットワークというのは、携帯やスマホを利用することを前提に作られているため、複数のデバイスを無線で繋ぐということができませんでした。一方、5Gでは最初の段階でIoTとしてネットワークが使用されることを前提に作られているため、多数同時接続が可能になったというわけです。

5Gによってもたらされる変化

データ通信の高速化、超低遅延、多数同時接続が実現する5Gというのは、まさに「IoT時代」に即した通信技術です。普及が進むことによって私たちの生活やIT業界にはどのような変化が起こるのか、具体的な例を詳しく見ていきましょう。

大容量の動画配信が可能になる

5Gが一般に広く普及するようになると、一般的なWebサイトなど「動かないWebコンテンツ」というものは自然に淘汰されていくといわれています。大容量のデータを高速でやりとりできる5Gでは、動画もスムーズに動くようになるため、臨場感のある迫力満点の映像を気軽に楽しむことができるようになります。例えば、スポーツ観戦も試合会場から遠く離れた場所にいながら、まるで目の前にいるかのような映像をスマホで見ることができるのです。

自動運転の普及

5Gの特徴である超低遅延は、従来の通信技術では不可能だった自動運転の制御精度がより高くなると言われていて、自動運転を搭載した車が普及することが期待されています。また、車外と車内のセンサからビッグデータを収集し、その情報を元にして交通安全や渋滞予測の分野にも活用されるようになっていくはずです。

産業分野での活用

建物の建設をオートメーション化や工場における生産管理など、産業分野で5Gを活用することによって、深刻な人手不足を解消する一手となることが期待されています。

医療現場の負担軽減

大容量のデータを超高速でやりとりできるようになることで、医療現場の負担が大きく軽減されることが期待されています。例えば、5Gの登場によって、医療器具が遠隔地からでも操作できるようになり、深刻な医師不足に悩む過疎地などでも適切な治療や手術ができるようになるというのです。またウエアラブルデバイスへ応用することによって、心拍数や血圧などを遠隔地からでも正確に把握できるようになり、離れていても患者を見守ることができるようになります。

5Gがネットワークエンジニアに与える影響

5Gが実用化されたことによって、私たちの身の回りのあらゆるものがインターネットとつながる時代がやってきます。そうなった時にこれまでの仕事が大きく影響を受けるといわれているのが、ネットワークエンジニアです。では、実際に5Gが普及することによってネットワークエンジニアの仕事はどのように変化していくのでしょうか。

端末や装置の5G対応機器への切り替え需要が増える

5Gが広く普及することによって、私たちの生活のあらゆるものがネットワークにつながるようになり、5G対応機器への切り替え需要が増えることが予測されています。それに伴い、新製品の設計・開発などでネットワークエンジニアの知識が重要となるでしょう。

無線技術を持つエンジニアの需要が増える

5Gを広く普及させていくためには、基地局をはじめとする物理的な設備の増強が必要になります。そのため、高い無線技術を持ったネットワークエンジニアの需要が高くなります。

クラウド活用がさらに増える

5Gの普及に伴い、クラウドサービスの導入はさらに加速していくはずです。これまでは企業ネットワークの中であったトラフィックの流れが、クラウド化によって外部に移っていくため、効率的に拡張しやすい方法でクラウドを接続する必要が生じます。これに対応できる環境の構築など、ネットワークエンジニアが求められるシーンは増えるでしょう。

ネットワークの保守・運用に携わるエンジニアが増員される

ネットワークというのはただ繋がれば良いというわけではなく、常に安定と高信頼を担保する必要があります。5Gの実用化によって、今後は企業でもパソコンやスマートフォン以外のものがネットワークにつながるようになるため、大量のトラフィックをさばく必要が出てきます。それに伴い、管理・運用・保守に携わるネットワークエンジニアの需要も増えていくはずです。


5Gのサービス提供がスタートしたことで、ネットワークエンジニアにも5G関連の知識や技術が求められるようになりました。私たちの生活をさらに便利で快適なものに変えてくれる可能性を秘めた5Gは、今後もますます普及していくといわれていて、ネットワークエンジニアの需要が増していくはずです。

求人詳細ページへのリンク

職種関連カテゴリ

5Gスタートがネットワークエンジニアに与える影響とは?のページです。ITエンジニア・移動体通信エンジニア(技術者)の派遣求人ならブレーンゲート。株式会社ブレーンネットはシステムエンジニアやネットワークエンジニア、プログラマーの派遣・転職をサポートいたします。