Webシステム開発における「言語」とは?プログラミング言語について徹底解説

Web言語を知る前に WebサイトとWebアプリ(サービス)の違いとは?

まずWebサイト、あるいはWebアプリ、Webサービスが、それぞれどのような意味を表すのか整理しましょう。この3つに明確な違いはありませんが、まずWebサイトは、最も広い意味で使われるときには、ブラウザにURLを入力するとアクセスできるもの、具体的にはニュースサイトや検索サイト、ECサイト、地図サイト、あるいは誰かのブログまで、すべてを表します。
一方、WebアプリとWebサービスは、ほぼ同じ意味で使われています。表示された情報を見るだけでなく、ユーザーが情報を入力するなど、何らかのアクションを行い、結果を得るタイプのWebサイトのことをWebアプリ、Webサービスと呼びます。「対話型」あるいは「インタラクティブ型」などと呼ぶこともあります(細かくいえば、Webサービスを実現するために、サーバ上に構築されるのがWebアプリです)。
そして、ユーザーのアクションが必要なWebアプリ、Webサービスに対して、情報を閲覧するだけのWebサイトのことを狭義の意味でWebサイトと呼ぶこともあります。こちらは「情報提供型」とか「静的ページ」などと呼ばれます。
整理すると、すべてを含む広い意味で「Webサイト」が使われ、Webサイトの中にユーザーがアクションして結果を得る「Webアプリ」「Webサービス」と、情報を閲覧するだけの(狭義の意味の)「Webサイト」があるということになります。

Webシステムの基本「クライアント」と「サーバ」

Webアプリ、Webサービスのほかに「Webシステム」という言い方もあります。Webシステムとは、Webアプリ、Webサービスと同じ意味で使われることもありますが、詳しくいえば、Webシステムとは、「サーバに構築したアプリケーションを使って、サービスを提供するシステム」をいいます。

Webシステムでは「クライアント」と「サーバ」という考え方が重要になります。クライアントは、システムを利用する端末、あるいはブラウザをいいます。サーバは、クライアントにサービスや機能を提供するコンピュータです。

Webシステムは、
・クライアントがサーバにリクエストを送る
・サーバがリクエストに応じてデータを処理し、結果をクライアントに返信する
・クライアントがサーバから送られてきたデータを表示する
というクライアントとサーバのやりとりで成立しています。

データを処理したり、サービスを提供するのはサーバの役割で、クライアントはユーザーからの入力を受け付けたり、画面表示を担当します。そしてWebシステムでは、データ処理などのためのプログラム開発と、その結果をクライアントに表示するための開発が必要になります。前者を「サーバサイド開発」「バックエンド開発」、後者を「クライアントサイド開発」「フロントエンド開発」、あるいは「インターフェース開発」などと呼びます。
ちなみに、Webアプリ、Webサービス、あるいはWebシステムとは異なり、静的な(狭義な意味での)Webサイトはサーバでデータの処理は行いません。サーバにあるデータを表示するだけです。

プログラミング言語(開発言語)の役割とは?

Webシステムの開発、特にバックエンドの開発に使われているのがプログラミング言語です。人間がコンピュータにデータ処理の方法や手順などを指示するものですが、プログラミング言語は、コンピュータが理解できる「機械語」(「0」と「1」で書かれた言語)に翻訳する必要があります。この作業をコンパイルといいますが、その方法には2つあります。プログラムを事前に一括してコンパイルして、実行ファイルを作っておく「コンパイラ言語」と、処理するごとに1行ずつコンパイルする「インタプリタ言語」です。
コンパイラ言語は、実行ファイルの作成に手間と時間がかかりますが、プログラムの処理速度は早くなります。大量のデータを処理する大規模システムなどに向いています。一方、インタプリタ言語は、処理速度は遅くなりますが、テストや修正が簡単というメリットがあります。

Webサイトに必須な基本のプログラミング言語

そもそもWebサイトは、サーバに置いてあるデータを表示することからスタートしました。クライアントサイド、つまりインターフェース開発は、Webシステムはもちろん、サーバで処理を行わない静的なWebサイトでも必須です。まず、Webサイトを成立させた言語であるマークアップ言語の「HTML」、HTMLでの表示・表現を広げた「CSS」、そしてWebサイトに動きを加えるためのプログラミング言語「JavaScrit」を見ていきましょう。

HTML

「HTML(Hyper Text Markup Language)」は、正確にはプログラミング言語ではなく、テキスト情報の構造を表すマークアップ言語です。テキスト情報に「タイトル」「大見出し」「小見出し」「段落」などの意味をもたせます。他のテキストへのリンク(ハイパーリンク)や画像、図表などを表示することもできます。

CSS

「CSS(Cascading Style Sheets)」は、HTMLが表した文書の構造にデザインを加えるものです。HTMLだけでも、文字のサイズや色を指定できますが、HTMLが複雑になるうえ、限界があります。CSSを使うことで、文書の構造とデザインを分け、さらに表現の自由度を高めることができます。

JavaScript

JavaScriptは、Webサイトに動きを加えるために開発されたプログラミング言語です。HTML、CSSと組み合わせて使うと、動きのある表現が可能になります。主なWebブラウザはほとんどJavaScriptに対応しているので、特別な実行環境などは必要ありません。もともとはクライアントサイドで使われるプログラミング言語でしたが、今ではサーバサイド開発にも使われるなど、用途が広がっています。なお、名前の似たプログラミング言語に、Javaがありますが、まったくの別のものです。

関連記事:【初心者必見!】JavaScriptの勉強方法・おすすめツール12選!
https://www.brain-gate.net/content/column/engineer-tips-javascript/

「サーバサイド(バックエンド)」とは?

サーバでデータを処理するために必要なのが、サーバサイド(バックエンド)開発です。Webシステム開発の中核となるものといってよいでしょう。ユーザーが直接目にする部分ではありませんが、サービスや機能の優劣・出来不出来を左右する重要な部分。サーバサイド開発でよく使われるプログラミング言語を見ていきましょう。

Java

Javaは、1995年に発表されたプログラミング言語で、今、世界中で最も使われているプログラミング言語といわれ、Googleが開発に使用する三大言語のひとつになっています。「Write once, run anywhere」を掲げており、OSなどに依存しない高い汎用性が特徴。今では、Webシステムだけでなく、モバイルアプリや組み込み系のアプリ、企業の業務システムなど、さまざまなシステム開発に活用されています。

PHP

PHPも、Javaと同じ1995年に登場したプログラミング言語です。表示されたページの内容を動的に、つまりユーザーのリクエストやアクセスタイミングに応じて生成することができます。またデータベースとの連携にも強いため、Webアプリケーションの開発にもよく使われています。例えば、ブログシステムとして有名な「WordPress」もPHPで開発されています。

Python

Python(パイソン)は、1991年に開発された比較的古いプログラミング言語ですが、数値計算や統計処理に強く、最近では特にAI(人工知能)や機械学習(マシンラーニング)の分野での活用が広がっています。今、最も注目を集めているプログラミング言語で、Javaとともに、Googleの三大言語にもなっています。「できるだけシンプルに」「やり方は1つ」という考え方に基づいており、別の人が書いたコードでもわかりやすいという特徴があります。AI、機械学習以外でも利用が広がっています。

関連記事:Javaの需要と魅力について
https://www.brain-gate.net/content/column/language-future-java/
関連記事:PHPとは?基礎知識や初心者でもできること
https://www.brain-gate.net/content/column/system-program-php/

そのほかのプログラミング言語について

その他の代表的なプログラミング言語をいくつかみていきましょう。
「C(C言語)」は、1972年に開発されたプログラミング言語です。当時は、わかりやすさや作業性よりも、コンピュータを高速に動かすことが優先され、今では難易度が高いプログラミング言語とされています。Cを源流に多くのプログラミング言語が生まれ、「C系」と呼ばれています。
「C++」は、C系の代表とも言える言語です。Cの特徴を受け継ぎつつ、開発の効率性やプログラムの可能性を広げるためにオブジェクト指向が取り入れられました。
「Ruby」は、日本生まれのプログラミング言語。わかりやすく、シンプルで、初心者もマスターしやすい言語です。「Ruby on Rails」というフレームワークがあり、開発を効率的に行うことができます。フレームワーク、Ruby on Railsは、のちほど解説します。

関連記事:おすすめのサーバサイドプログラミング言語をご紹介!エンジニアの仕事内容や特徴についても解説!
https://www.brain-gate.net/content/column/language-future-server-side/

Webシステムでは「データベース」が必要不可欠

クライアントからのリクエストに応じてデータを処理するWebシステムでは、データベースが欠かせません。つまり、Webシステムのサーバサイド(バックエンド)開発では、データベース開発も必須。その際に使われるのがデータベース言語の「SQL」です。SQLは、Webシステム開発でよく使われるMySQL、PostgreSQL、Oracleなどのデータベースに採用されています。

Webシステム開発に欠かせない「フレームワーク」とは一体なに?

「フレームワーク」とは、Webシステム開発を効率的に進めるためのテンプレート(雛形)のことです。Webシステム開発の目的や内容はさまざまですが、いくつか共通パターンがあります。そうした共通パターンをまとめたものがテンプレートです。代表的なものを紹介します。

Laravel

Laravel(ララベル)は、PHPのフレームワークとして世界中で使われています。ECサイトなどの構築を効率化することができ、分業して開発が進められることや、わかりやすいこと、さまざまなWebシステム開発に利用できることから大きな人気を集めています。

Ruby on Rails

Ruby on Rails(ルビーオンレイルズ)は、日本生まれのプログラミング言語「Ruby」のフレームワーク。Rubyが世界中で使われるようになったのは、Ruby on Railsという優れたフレームワークが開発されたからともいえます。SNSやショッピングサイト、マッチングサイトなど、さまざまに活用されています。

Django

Django(ジャンゴ)とは、Pythonのフレームワークです。Djangoの登場で、主にAI(人工知能)や機械学習の分野で使われていたPythonが、広くWebシステム全般でも使われるようになりました。Pythonとともに、今注目のフレームワークになっています。

React

React(リアクト)は、サーバサイドではなく、フロントエンド(インターフェース)開発に使われます。またフレームワークではなく、開発に使える機能がワンセットになったライブラリ。もともとはフェイスブックのニュースフィードを開発するためのもので、今はオープンソース化され、世界中で使われています。

システム開発の仕事をお探しなら“ブレーンゲート”へ

ブレーンゲートは、IT・エンジニアの派遣登録求人情報サイトです。毎日更新される派遣の求人情報から、希望の職種や勤務地、ピッタリ条件などでお仕事が探せます。ピッタリ条件では、「給与」「勤務地」「期間」「残業なし」や「10時以降の出社が可能」といった特徴からもお仕事が探せます。

関連記事:Web業界とは?職種や仕事内容・向いている人も解説
https://www.brain-gate.net/content/column/dispatch-jobchange-web/

プログラミング言語をしっかり理解!

Webシステム開発にプログラミング言語は必須。さまざまな言語がありますが、ITエンジニアなら、今必須の言語だけでなく、これから人気がでそうなプログラミング言語をマスターしておくと、キャリアアップの強い武器になります。

Webシステム開発における「言語」とは?プログラミング言語について徹底解説のページです。ITエンジニア・移動体通信エンジニア(技術者)の派遣求人ならブレーンゲート。株式会社ブレーンネットはシステムエンジニアやネットワークエンジニア、プログラマーの派遣・転職をサポートいたします。