【入門】Python学習の初心者向け!効率的な勉強方法とは

Pythonとは?

Python(パイソン)は、現在注目を集めるプログラミング言語です。注目を集める理由は、AI(人工知能)やIoTといった最先端分野の開発に使われていることが挙げられます。また、Pythonはシンプルな文法でプログラムが書け、コードが読みやすいという点も魅力です。

Pythonが活かされている分野

Pythonは、YouTubeやInstagram、DropboxなどのWebアプリケーションをはじめ、さまざまな分野に活用されている言語です。どのような分野に使われているのか、見ていきましょう。

人工知能(AI)

Pythonは、人工知能や機械学習の開発の分野にも使われています。人工知能とは、人間の知能のように学習や推論、判断などを人工知能自らが考えることができることです。実績例としては、ソフトバンク社の開発した、感情を認識する人型ロボット「Pepper」などがあります。

IoT

昨今よく耳にするようになったIoT。このIoTにも、Pythonが活用されています。IoTとは、インターネットを経由し、センサーや通信機能を持ったものと情報交換することで、制御する仕組みのことです。Pythonを使った一例には、車の自動運転や、家屋内のエネルギー消費の最適化、遠隔医療サービスなどがあります。

データ解析・分析

Pythonはデータ解析、分析も得意です。データ収集を自動化できたり、統計学などを用いて、データの分析も行えます。これらにより、業務の効率化が図れるのもメリットといえるでしょう。活用事例には、楽天のビッグデータを活用した物流戦略、ぐるなびのデータ解析などがあります。

Webアプリケーションの開発

Pythonで作られているWebアプリケーションもあります。一例を挙げると、YouTubeやInstagram、Dropboxなどです。Pythonはさまざまな種類のモジュールが充実していて、容易かつスピーディーにメンテナンスを行える機能を作れるというメリットがあります。そのため、大規模なWebアプリケーションへの対応ができるのです。

Python2とPython3の違い

Pythonには「Python2」と「Python3」があります。これは、バージョンの違いで、「Python3」のほうが新しく、現在の主流となっています。

「Python2」と「Python3」では、ソースコードの書き方が異なる部分があるので、学習する際には注意しなければなりません。

段階別!効率的に学習するためのPythonの基礎要素

Pythonを学習する前に、Pythonの基礎要素を知っておくと、効率よく習得できます。Pythonの基礎要素を学習の段階別に解説していきましょう。

1. Pythonにおける基本的な記述方法

まずは、Pythonの基本的な記述方法を押さえましょう。Pythonには、文法があるのでそれを学習します。文法を学ぶ際におすすめの学習方法は、コードをとことん書くことです。手を動かすことで、文法にも慣れ、覚えていきます。

2. 関数やクラスの作成

基本的な文法を覚えたら、関数やクラスの作成に挑戦しましょう。「関数」と聞くと難しそうに感じますが、初歩的な関数は構文が決まっていて、比較的簡単です。クラスの作成は、クラスの定義の書き方からはじめて、クラスとはどういう意味なのかを理解すると、学習が進めやすくなります。

関数やクラスも実際にコードを書くことを繰り返して、習得していきましょう。

3. データ解析(機械学習ライブラリの使用)

データ解析を行うには、機械学習ライブラリを使いこなせるようになる必要があります。

機械学習ライブラリには、Python用の数値計算ライブラリ「Numpy(ナンパイ)」や、Python上で動くデータ処理・分析用ライブラリ「pandas(パンダス)」、Python用のデータ可視化ライブラリ「matplotlib(マットプロットリブ)」などがあります。機械学習ライブラリの基本知識を学び、Pythonで実装してみましょう。

4. APIの利用

さまざまなサービスがAPIを提供していますので、利用してみましょう。APIを利用することで、他の人が作った便利な機能やデータを取得でき、Pythonで活用できます。

5. データベースの操作

データベースの操作をするには、「Sqlite3」というライブラリがおすすめです。Sqlite3は、SQLと同様のデータベース操作ができます。pythonでsqlite3を操作し、データベースを作成してみるとよいでしょう。

6. Webアプリケーションの開発

これまでのPython学習で培ったものを生かし、Webアプリケーションの開発をしてみましょう。Webアプリを実際に作ることで、これまでの学びの理解を深め、プログラミング的思考や開発の流れもつかむことができます。

Pythonの学習で挫折しないためには

Pythonをはじめ、プログラミング学習は挫折しやすいことが難点です。というのも、全てを理解するには時間がかかりますし、エラーが発生するとくじけてしまったり、スキルアップが実感できず不安になる、などがよくある原因です。

挫折しないためには、以下のことに気をつけて学習してみてください。
・明確な目標を立て、モチベーションを維持する
・細かいことは考えず、とりあえずコードを書いて文法や構造を覚えていく
・エラー発生時の解決方法として、相談や質問ができる環境を整えておく

Pythonの学習におすすめのサービス

学習サイトは、いつでも好きな場所、好きな時間に学べるのがメリットです。また、学習費を抑えることもできます。ここではPythonが学べるおすすめの学習サイト、サービスを紹介します。

「Progate(プロゲート)」

イラスト中心のスライドでPythonを学べる学習サイト。サイト上に実際にコードを書いて学べるのがポイントです。すぐに実践できるスキルが身につきます。
https://prog-8.com/

「Let’sプログラミング Python入門」

はじめてPythonを学ぶ人を対象にしたサイトが「Let’sプログラミング Python入門」です。サンプルを使いながらPythonの開発環境をローカル環境に構築する手順や、Pythonを使ったプログラムの記述方法や実行を学べます。図を多用して丁寧に説明されているので、初心者の方にとくにおすすめです。
https://www.javadrive.jp/python/

「Python-izm」

「Python-izm」は、Pythonの習得を目的としたサイトです。入門編、基礎編、応用編などカテゴリ分けされており、自分のレベルに合わせて利用できます。特徴は、記事形式で、丁寧な説明がされていること。そして、すべて無料で学べることです。
https://www.python-izm.com/

「PyQ」

Pythonの初心者レベルから実務レベルまで、一気に学べるサイト「PyQ」。実際にプログラムを作りながらPythonのスキルを身につけられます。学習に使うのはブラウザだけなのもポイントです。
https://pyq.jp/

「Python学習講座」

現役PythonエンジニアによるPython学習サイト。このサイトは、運営者が仕事上で書き留めたメモをもとに作られているのが特徴です。コンテンツは、「入門編」「応用編」「TIPS」に別れていて、基礎文法から、データ分析、Webアプリケーションなどのライブラリ、小技やコツまで、幅広くPythonが学べます。
https://www.python.ambitious-engineer.com/

実際にコードを書くことがPython習得への近道

Pythonの学習には、繰り返しコードを書くことが大切です。実際に書くことで、コードに慣れ、理解も深まります。学習サイトなどを活用しながら、習得しましょう!

求人詳細ページへのリンク

仕事カタログページへのリンク

関連コラム

【入門】Python学習の初心者向け!効率的な勉強方法とはのページです。ITエンジニア・移動体通信エンジニア(技術者)の派遣求人ならブレーンゲート。株式会社ブレーンネットはシステムエンジニアやネットワークエンジニア、プログラマーの派遣・転職をサポートいたします。