【初心者向け】C言語とC++の違いを詳しく解説

C言語とは

C言語のリリースは1972年。AT&Tベル研究所で、ブライアン・カーニハンとデニス・リッチーによって開発された汎用プログラミング言語です。ほかのプログラミング言語にくらべて歴史が古く、知名度の高い言語といえます。また、現在でも人気が衰えておらず、世界中で使われていることから、安定した言語といえるでしょう。

C言語のプログラムを実行するにはソースコードをコンパイルする必要があります。コンパイルとは、平たくいうと人間に読み書きしやすい形式で書かれたソースコードを、機械が理解できる言葉に変換することです。

C言語を学ぶメリットには、コンピュータの仕組みや動作に詳しくなれることが挙げられます。というのも、「CPU」や「メモリ」など、コンピュータのハードウェアを意識しながらプログラミングする必要があるためです。C言語を習得することで、OSや言語の仕組みがわかるようになります。

特徴1:処理速度が速い

もともと、コンパイルして利用するプログラミング言語は処理速度が高速なものが多くあります。C言語もコンパイルして利用するプログラミング言語ですが、そのなかでも処理速度が最も高速なのが特徴です。

C言語の処理速度が速い理由は、プログラムが軽量であるためです。ソースコードやコンパイル後の容量が大きいと、速度が徐々に落ちていきますが、C言語ではそのようなことはほとんどありません。そのため、ほかのプログラミング言語よりも高速なアプリケーション開発ができます。

特徴2:OSや組み込み系に使われることが多い

C言語は利用用途がとにかく豊富です。ソフトウェアやスマートフォンアプリ、車載機器、IoTやAI、など、さまざまな分野でC言語が採用されています。

なかでも、「Windows」「Mac」「Linux」などのOSや、電子工作、電子機器、家電製品などを制御する組み込み系ソフトウェアに使われることが多いです。また、制約が厳しい人工衛星や宇宙ステーションの制御にも用いられています。

C言語が幅広い用途で採用されているのは、前述したとおり、プログラムが軽量で、高速処理ができるためです。

このように幅広い用途で採用されているC言語ですが、なんでも開発できる万能なプログラミング言語というわけではありません。開発に不向きなものもあることを知っておきましょう。

派生言語にC#がある

C言語由来の言語に「C#」があります。「C#」は、2000年にマイクロソフト社がリリースしたプログラミング言語です。Javaと同じく、仮想マシンである「.NET Framework」上で動作します。

厳密にいうと、C#は「C++」と「Java」の分かりやすい部分や便利な部分を取り入れて作られた言語です。ただし、構文はC言語を踏襲し、C言語にない構文はDelphiから継承しています。

C言語やC++などから派生したC#ですが、C言語やC++と互換性はありません。よって同時に使うことはできないので注意してください。

C++とは

C++(シープラスプラス)は、1983年にC言語の拡張として作られたプログラミング言語です。C言語にオブジェクト指向を追加し、より効率よくプログラミングができるように開発されました。

特筆すべきは、C言語と互換性があることです。よって、C言語とC++は、同時に使用することができたり、C言語を用いて作られたプログラムをC++に移行することもできます。なお、ソフトウェア開発では、C言語とC++を合わせて使われるケースが多いです。

C++にはいくつか種類が存在します。知名度の高いものには、アメリカのマイクロソフト社の「Visual C++(ビジュアルシープラスプラス)」や、アメリカのボーランド社が開発した「Borland C++(ボーランドシープラスプラス)」などがあります。

特徴1:オブジェクト指向である

前述したとおり、C++はオブジェクト指向のプログラミング言語です。オブジェクト指向を簡単に説明すると、コンピュータプログラムの実装や設計などのシステム構成の考え方のことをいいます。

C++は、C言語にオブジェクト指向の要素を取り入れた拡張版です。さまざまな拡張機能や便利な機能の追加・改良されたことで、C言語よりも開発効率がよくなっています。

特徴2:C言語との互換性がある

C++の最大の特徴とも言えるのが、C言語との互換性があることです。よって、C言語で実行されているものは、C++でも実行できます。また、C言語を使って作られたシステムは、簡単にC++に移行することが可能です。さらに、CプログラマやC言語と構文が似ているJavaプログラマが、C++をマスターすることも容易にできます。

特徴3:アプリ・業務システムに使われることが多い

C++は、家電製品に使われる小さなマイコン用アプリから、家庭用ゲーム機、スーパーコンピュータで使われる特殊な計算プログラム、ロボットの制御技術の開発など、幅広く採用されています。

主に活用されているのは、さまざまなアプリ開発や、金融システムから官公庁のシステムなどの大規模な業務システムの開発です。

代表的なものをあげると、Googleのブラウザである「Chrome」、「Windows10」、ゲーム開発に使われる「Unreal-Engine」などがあります。

C言語とC++の違い

混同しがちなC言語とC++には、どのような違いがあるのか、解説していきましょう。

違い1:クラスの有無

C言語にはなく、C++にあるものが「クラス」です。

C言語では、データ構造を定義するために「struct」という機能を使っていました。

一方、C++では、C言語にはなかった「クラス」の機能が追加され、C言語のstructに加えて関数の定義ができます。それにより、構造体と関数をまとめて管理できます。

違い2:言語構造の違い

C言語とC++は、言語構造も異なります。C言語は、コンピュータが使用する機械語といった言語構造で、難解といわれています。C++は、C言語よりも複雑な言語構造です。そのため、C言語をマスターしている人であっても、はじめてC++を学ぶときには難易度が高いと言われています。

違い3:例外処理

C++では例外処理ができます。例外処理の「例外」とは、プログラムの通常の流れのなかで、プログラムの継続を阻止する変則性のことです。この例外が発生したときに、続く処理の実行を止めて、エラー発生用の処理を行います。この例外処理により、C++はエラー検出がしやすいという特徴があります。

どちらも需要の高い言語

C言語とC++には違いがありますが、どちらもIT業界ではよく使われる言語です。幅広い用途で使われているので、習得しておけばさまざまな開発に携わることができるでしょう。

求人詳細ページへのリンク

関連コラム

【初心者向け】C言語とC++の違いを詳しく解説のページです。ITエンジニア・移動体通信エンジニア(技術者)の派遣求人ならブレーンゲート。株式会社ブレーンネットはシステムエンジニアやネットワークエンジニア、プログラマーの派遣・転職をサポートいたします。