Ubuntuアプリの基礎から【2022最新】Ubuntu 22.04 LTS情報を解説

Ubuntuアプリの基礎

「Ubuntu」は、Linux系のOSで、Linuxディストリビューションのひとつです。「誰にでも使いやすいOS」をコンセプトに開発されました。

「Linuxディストリビューション」といっても、よくわからない人もいるかもしれません。「ディストリビューション」とは、「流通」「配布」の意味があります。よって、「Linuxディストリビューション」は、LinuxOSの主要コンポーネントである「Linuxカーネル」と、ほかのソフトウェアをパッケージングしたツールのことをいいます。これにより、ユーザーがインストールや利用できる状態になっています。

多くのディストリビューションがあるLinuxですが、Ubuntuはとくに人気があります。

【初心者向け】目的・用途別おすすめのLinuxディストリビューション

Ubuntuの特徴は?

Ubuntuにはどのような特徴があるのか見ていきましょう。

GUIの導入

Ubuntuの最大の特徴は、「誰にでも使いやすい」ことです。それを実感できるのは、GUIによるもの。GUIの導入によって、基本的にマウスを使った画面操作のみで完結できます。

日本語への対応

Linuxを使う場合には、日本語化が必要になりますが、Ubuntuは日本語に対応しているため、日本語化の必要がありません。

なかでも、Ubuntu Japanese Teamがリリースしている「Ubuntu Desktop 日本語 Remix CD」なら、日本語環境を手軽に入手でき、インストール後すぐに日本語環境で使えます。

安定性・安全性

ファイアウォールが搭載されていることから、セキュリティ面でも安心です。また、画期的な無償アップデートにより、高い安定性を維持しています。

カスタムできる

Ubuntuはオープンソースです。そのため、デスクトップを自分好みに変えたり、テーマを変更してUIを使いやすくしたりといった、目的や用途に合わせたカスタマイズができます。

開発環境として優秀

Linuxは、ほとんどのプログラミング言語に対応しています。よって、UbuntuはMacやWindows向けのものを除いた開発環境として優れたOSといえます。

半年ごとにアップデートされる

Ubuntuは毎年4月と10月の2回アップデートされ、新バージョンが無償でリリースされます。Linuxディストリビューションのなかでもリリース頻度が高く、常に最新の状態でソフトウェアを使うことができるのも特徴です。

なお、安定した環境を求めるユーザー向けに、長期サポート版「LTS版」も提供されています。

Ubuntuから派生したディストリビューションが多い

Ubuntuをベースとした派生ディストリビューションが数多く開発されているのも特徴でしょう。

たとえば、標準のデスクトップ環境はGMNOEですが、デスクトップをMATEに置き換えた 「Ubuntu MATE」や、KDEを採用した「Kubuntu」、要求リソースが少ないXFCEを採用した「Xubuntu」など、デスクトップ環境を入れ替えたものも多くあります。

また、サーバ用途向けの派生版「Ubuntu Server」もあります。

インストール不要

Ubuntuは「LiveDVD」という形式で配布されているのも特徴です。そのため、インストールせずに素早く、簡単に起動することができます。

なお、インストールする場合も、インストールアイコンをクリックし指示に従うだけと簡単です。インストール後、すぐに使うことができます。

Ubuntuが2年ぶりにバージョンアップ!

2022年4月21日に、「Ubuntu 22.04 LTS」がリリースされました。これは、旧版の「Ubuntu 20.04 LTS」のリリースから 2年ぶりのことです。長期サポート版の「Ubuntu 22.04 LTS」は、サポート期間が2027年までの 5年間となっています。なお、公式派生版の「フレーバー」と、サーバ版の「Ubuntu Server 22.04 LTS」も同時にリリースされています。

ここでは、主な変更点を見ていきましょう。

変更点①壁紙がクラゲに変更

Ubuntuには、バージョンごとにデフォルトでインストールされる壁紙があります。20.04の壁紙では、ネコ科の動物でしたが、 22.04では、クラゲに変更されています。

変更点②デスクトップ環境の強化

デスクトップ環境に「GNOME42」が採用され、機能の強化や操作性も改善しています。たとえば、スクリーンショット機能では、スクリーンショットの作成はもちろんのこと、スクリーンキャプチャーもできます。また、ダークスタイルも設定可能です。

変更点③「外観」の設定が充実

「外観」の設定項目に、
・アクセントカラーのサポート
・⁠デスクトップアイコンの設定(大きさ、新しいアイコンの配置、個人フォルダの表示)
・Dockの挙動の設定
などが追加され、充実したのも変更部分です。

変更点④リモートデスクトップでRDPが利用できる

リモートデスクトップでRDPが利用できるようになりました。もちろん、「VNC」も引き続き利用可能です。

変更点⑤Snap版Firefox が標準ウェブブラウザのデフォルトに

標準ウェブブラウザが、「Snap版Firefox」がデフォルトになりました。これは、「Ubuntu 21.10」のリリース時に行われています。

変更点⑥「Waylandセッション」がデフォルトに

デフォルトのセッションが「Wayland」になりました。ただしこれは、NVIDIA GPUを搭載していない環境のみとなっています。

変更点⑦RDPでWindows PCからのリモートデスクトップ接続が簡単に

リモートデスクトップでRDPが利用できるようになったことにより、Windows PCからのリモートデスクトップ接続が手軽に行えるようになりました。

Ubuntu向けパッケージが用意されているアプリ紹介

Ubuntu向けにパッケージが用意されているアプリと、その設定方法について解説していきます。

Zoom

「Zoom」は、Zoomビデオコミュニケーションズが提供するWeb会議サービスです。アプリがなくても会議には参加できますが、会議をホストする場合はアプリが必要となります。

設定方法
1 ダウンロードセンターから「Ubuntu」を選択し、Zoomパッケージのダウンロードを行う。
2 ダウンロードしたパッケージをダブルクリックし、「インストール」をクリック。
3 「Ubuntuソフトウェア」が起動するので「インストール」をクリック。
4 インストールが完了したら、起動してログインする。

Slack

「Slack」は、ビジネス用のメッセージングアプリです。最大15名まで同時通話ができ、Web会議ツールのような使い方もできます。

設定方法
1 「Ubuntuソフトウェア」を起動する。
2 「Slack」で検索し、「Slack」のアイコンが表示されたらクリック。
3 「インストール」をクリック。
4 インストールが完了したら、起動してログインする。

Dropbox

「Dropbox」は、世界的なシェアを誇るクラウドストレージサービスです。

設定方法
1 「Ubuntuソフトウェア」を起動する。
2 「Dropbox」で検索し、「Dropbox」のアイコンが表示されたらクリック。
3 「インストール」をクリック。
4 「情報があります」というウィンドウが表示され、「Restart Nautilus」をクリックし、ファイルマネージャーを再起動する。
5 「次」をクリックし、「Start Dropbox」をクリックしてインストーラーを起動する。
6 「Dropbox Installation」というダイアログが表示されるので、「OK」をクリック。
7 ユーザー名とパスワードを入力してログインする。

Google Chrome

「Google Chrome」は、Googleが開発したウェブブラウザです。今や、ビジネスには欠かせないツールのひとつとなっています。

設定方法
1 「Firefox ウェブ・ブラウザ」をクリック。
2 Google公式ダウンロードサイトを検索し、「Chromeをダウンロード」をクリック。
3 「64 ビット .deb(Debian/Ubuntu用)」を選択し、「同意してインストール」をクリック。

LibreOffice

「LibreOffice」はオープンソースのオフィスソフトです。Linux用のMicrosoft Officeは開発されていないため、Microsoft Officeと同等の機能を持ち、互換性が高い「LibreOffice」を導入することをおすすめします。

設定方法
Ubuntuには、最小インストールを選択しない限りあらかじめインストールされています。

Ubuntuの機能から使用するサービス

個別のパッケージを必要としないサービスを2つほど紹介しましょう。

Googleのサービス

Ubuntuビルトインの機能を使えば、Googleのさまざまなサービスを使える状態にできます。

設定の仕方は、「設定」の「オンラインアカウント」部分にある「Google」をクリックし、Googleアカウントでログインします。次に、「用途」という連携できる機能(アプリケーション)が表示されるので、連携したい機能をアクティブにしましょう。なお、「写真」と「プリンター」は使用できません。

Box

BoxはWebDAVでアクセスすることが可能です。

アクセスの仕方は、「ファイル」を起動し、サイドバーの「他の場所」をクリックします。下の部分に表示された「サーバに接続」に「davs://dav.box.com/dav」と入力し、「接続」をクリック。ユーザー名とパスワードを入力すると、Boxのアカウントに接続できます。

Ubuntuをはじめよう

Ubuntuは「誰にでも使いやすいOS」をコンセプトにしていることもあり、初心者にもおすすめです。また、開発者向けのOSとしても人気があるため、プログラミングビギナーや、エンジニアになりたい方はUbuntuをはじめてみてはいかがでしょうか。

Ubuntuアプリの基礎から【2022最新】Ubuntu 22.04 LTS情報を解説のページです。ITエンジニア・移動体通信エンジニア(技術者)の派遣求人ならブレーンゲート。株式会社ブレーンネットはシステムエンジニアやネットワークエンジニア、プログラマーの派遣・転職をサポートいたします。