Macのショートカットキーまとめ【時短・作業効率アップ】

主に使う修飾キー5つ

Macのショートカットキーで主に使う修飾キーは次の5つです。

・command
・option
・shift
・control
・function

これらの修飾キー1つ、もしくは複数の修飾キーを押しながら、修飾キー以外のキーを押すことで、キーボードショートカットできます。

Windows パソコン用のキーボードでは、「option」キーは「Alt」キー、「command」キーは 「Windows ロゴキー」で代用します。ただし、「control」キーはWindowsにはないキーなので、注意が必要です。

commandキーを使うショートカット一覧

command + X 選択した項目をカット(切り取り)し、クリップボードにコピーする
command + C 選択した項目をコピー(複製)する
command + V クリップボードの内容をペースト(貼り付け)する
command + Z 直前の操作を取り消す
command + A すべての項目を選択する
command + S 現在の書類を保存する
command + T Finder ウィンドウでタブが 1 つ開いているときに、タブバーの表示/非表示の切り替え
command + W ウィンドウやタブを閉じる
command + Q アプリケーションを閉じる
command + H 最前面のウィンドウを非表示にする
command + M 最前面のウィンドウを最小化してDockにしまう
command + N 新規作成する、新しいウィンドウを開く
command + O 選択した項目、またはファイルを開く
command + F 書類内の項目を検索する。または検索ウィンドウを開く
command + G 検索中に、次の該当する項目を検索
command + P 印刷する
command + D 選択したファイルを複製
command + E 選択したディスクまたはボリュームを取り出す
command + I 選択したファイルの「情報を見る」ウィンドウを表示
command + J 表示オプションを表示
command + K 「サーバへ接続」ウィンドウを開く
command + スペースバー Spotlight検索を表示/非表示
command + tab 開いている App のうち、最近使った順番で次にあたる App に切り替える
command + delete 選択した項目をゴミ箱に移動
command + / (スラッシュ) Finder ウィンドウのステータスバーの非表示/表示の切り替えcommand + , (カンマ)  最前面のAppの環境設定を開く
command + ; (セミコロン) 書類内でスペルに誤りのある単語を検索
command + [ (左角かっこ) 前のページに戻る/前のフォルダに移動
command + ] (右角かっこ) 次のページに進む/次のフォルダに移動
command + 上矢印 ページの一番上までスクロールする/フォルダを内包するフォルダを開く
command + 下矢印 ページの一番下までスクロールする/選択した項目を開く
command + 1 Finder ウィンドウの項目をアイコン形式で表示
command + 2 Finder ウィンドウの項目をリスト形式で表示
command + 3 Finder ウィンドウの項目をカラム形式で表示
command + 4 Finder ウィンドウの項目をギャラリー表示

optionキーを使うショートカット一覧

option + esc 音声テキストの読み上げ
option + command + esc App を強制終了
option + command + 電源ボタン(またはoption + command + メディア取り出しキー) Mac をスリープ状態にする
option + command + L 「ダウンロード」フォルダを開く
option + command + D Dock の表示/非表示の切り替え
option + command + P Finder ウィンドウのパスバーの表示/非表示の切り替え
option + command + S Finder ウィンドウのサイドバーの非表示/表示の切り替え
option + command + H 最前面の App を表示し、その他の App をすべて隠す
option + command + M 最前面の App のウィンドウをすべて最小化する
option + command + W App のウィンドウをすべて閉じる
option + command + N 新しいスマートフォルダを作成
option + command + T Finder ウィンドウでタブが 1 つ開いているときに、ツールバーの表示/非表示の切り替え
option + command + V クリップボードに配置したファイルを、元の場所から現在の場所に移動
option + shift + command + delete 確認ダイアログを表示せずにゴミ箱を空にする
option + ダブルクリック 項目を別のウィンドウで開き、元のウィンドウを閉じる
option + 左矢印 挿入ポイントを前の単語の先頭に移動
option + 右矢印 挿入ポイントを次の単語の末尾に移動
option + shift + 上矢印/左矢印 選択したテキスト範囲を、現在の段落の先頭まで拡張する。もう一度押すと、その次の段落の先頭まで拡張する
option + shift + 下矢印/右矢印 選択したテキスト範囲を、現在の段落の末尾まで拡張する。もう一度押すと、その次の段落の末尾まで拡張する

controlキーを使うショートカット一覧

control + A 行または段落の先頭に移動
control + E 行または段落の末尾に移動
control + F 1 文字分進む
control + B 1 文字分戻る
control + L カーソルまたは選択範囲を表示領域の中央に表示
control + P 1 行上に移動
control + N 1 行下に移動
control + O 挿入ポイントの後に 1 行挿入
control + T 挿入ポイントの右側の文字と左側の文字を置換
control + H 挿入ポイントの左側にある文字を削除
control + D 挿入ポイントの右側にある文字を削除
control + K 挿入ポイントから、行または段落の末尾までの範囲にあるテキストを削除control + 下矢印 最前面の App のウィンドウをすべて表示
control + shift + 電源ボタン/control + shift + メディア取り出しキー ディスプレイをスリープ状態にする
control + 電源ボタン/control + メディア取り出しキー ダイアログの表示
control + command + 電源ボタン Mac を強制的に再起動
control + command + メディア取り出しキー すべての App を終了し、Mac を再起動
control + option + command + 電源ボタン/control + option + command + メディア取り出しキー  すべての App を終了し、Mac をシステム終了する
control + command + Q 画面ロック
control + shift + command + T Finder で選択した項目を Dock に追加
control + command + T 選択した項目をサイドバーに追加 
control + command + A 選択した項目のエイリアスを作成します。
control + command + D 選択した単語の定義の表示/非表示を切り替え

functionキーを使うショートカット一覧

F11 デスクトップの表示/非表示
F12 ウィジェットの表示/非表示
Fn + F1/Fn + F5 輝度ダウン
Fn + F2/Fn + F6 輝度アップ
Fn + F10 ミュート
Fn + F11 音量ダウン
Fn + F12 音量アップ
fn + delete 「Forward Delete」キーのないキーボードで、挿入ポイントの右側にある文字を削除
fn + 上矢印 1 ページ分上にスクロール
fn + 下矢印 1 ページ分下にスクロール
fn + 左矢印 書類の先頭までスクロール
fn + 右矢印 書類の末尾までスクロール

ショートカットキーの一覧が確認できるアプリ

ショートカットキーの一覧が確認できるアプリがあります。それが「CheatSheat」です。インストールしておくと便利です。ダウンロード・インストールの仕方、使い方を解説していきます。

CheatSheatのダウンロードとインストール

CheatSheatのダウンロードとインストールの手順を説明していきます。

【1】アプリ「CheatSheet」のページへアクセスします。
https://www.mediaatelier.com/CheatSheet/
【2】ダウンロードのボタンをクリックします。
【3】zipファイルがダウンロードされるので、ダブルクリックして開きます。
【4】プリケーションフォルダに「CheatSheet」をドラッグ&ドロップします。これでダウンロードとインストール完了です。

CheatSheatの使い方

それでは、「CheatSheet」の使い方の手順を説明しましょう。

●「CheatSheet」を使うまでの準備
【1】アプリケーションフォルダ内にある「CheatSheet」をクリックして起動します。
【2】ポップアップが表示されるので「開く」をクリック。
【3】「Hold Command to cheat」と表示されるので、「Command」キーを長押しします。
【4】再びポップアップが表示されるので「システム環境設定を開く」をクリック。
【5】システム環境設定の画面左下にある「カギ」のアイコンをクリックし、ロックを解除します。
【6】「CheatCheet」にチェックを入れ、再度、ロックをすれば準備完了です。

●「CheatSheet」の使い方
【1】「Command」キーを長押しすると、現在使っているアプリのショートカットキーの一覧が出てきます。
【2】「Command」キーを離せば、ショートカットキーの一覧は閉じます。

ショートカットキーを覚えておけば操作性アップ!

Macには、さまざまなショートカットキーがあります。仕事はもちろん、プライベートでもショートカットキーを使えば、スピーディーかつ快適に操作ができます。覚えられない場合は、ご紹介した「CheatSheet」などのアプリを使うと便利です。

求人詳細ページへのリンク

関連コラム

Macのショートカットキーまとめ【時短・作業効率アップ】のページです。ITエンジニア・移動体通信エンジニア(技術者)の派遣求人ならブレーンゲート。株式会社ブレーンネットはシステムエンジニアやネットワークエンジニア、プログラマーの派遣・転職をサポートいたします。