JavaScriptライブラリとは?フレームワークとの違いも解説!

JavaScriptライブラリとは

動的なWebサイト開発、つまりはWebサイトに動きをつけるためのプログラミング言語として開発されたJavaScriptは、今ではWebサイトはもちろん、Webアプリ、モバイルアプリ、さらにはバックエンド(サーバサイド)の開発まで、幅広く使われています。現在、多くのユーザーを集めているさまざまなWebサービス、ネットサービスに欠かせないプログラミング言語と言えます。
JavaScriptライブラリは、JavaScriptを使った開発作業において汎用的に使える機能を再利用できるようにまとめたもの。世界中のWebデザイナーやエンジニアが似たような作業を重複して行うのではなく、誰かが一度作った機能は広く共有し、よりクリエイティブな作業に集中できるようにしようというものです。
JavaScriptは人気のプログラミング言語ですので、さまざまな用途や目的に合わせて、数多くのライブラリが作成されています。

ライブラリとフレームワークの違いとは

ライブラリと似たものとして、フレームワークがあります。ライブラリがさまざまな機能、いわば「部品」を再利用できるように集めたものとすれば、フレームワークは文字通り、開発のための「枠組み」を提供してくれるもの。開発のためのテンプレート(雛形)を提供するものと言っても良いでしょう。
ライブラリを利用する場合は、さまざまな機能の中から必要とするものを選んでいきます。一方、フレームワークを利用する場合は、テンプレートをベースに必要な機能を追加して開発を進めていきます。
とはいえ、ライブラリとテンプレートの違いは明確なものではありません。この記事でも、特に必要なとき以外は区別せずに、すべてライブラリと表現していきます。

クライアントサイドとサーバサイドの違い

Web開発のプログラミング言語には、ブラウザで実行されるクライアントサイドの言語と、サーバを対象としたサーバサイドがあります。クライアントサイドは主にユーザーインターフェースに、サーバサイドはデータのやり取りなどに関する開発を行います。
JavaScriptはもともとクライアントサイドのプログラミング言語なので、ライブラリもクライアントサイドの開発で利用するものが多くなっています。
ただし今では、サーバサイドの開発にもJavaScriptが使われるようになっており、そのためのライブラリも存在します。サーバサイドの開発をJavaScriptで行うと、クライアントサイド、サーバサイドで使用するプログラミング言語を一本化できます。

JavaScriptライブラリの利用方法

クライアントサイドのJavaScriptライブラリは、ブラウザがHTMLで指定されたライブラリを読み込むことで動作します。ライブラリの利用方法は、ライブラリの置き場所によってダウンロードとCDNの2タイプがあります。また、サーバサイドのJavaScriptライブラリの利用方法も紹介します。

ダウンロード

ライブラリをHTMLファイルと同じサーバにダウンロード。ブラウザがWebサイトにアクセスすると、HTMLで指定されたライブラリをサーバから読み込みます。

CDN

もう1つは、CDN(Contents Delivery Network)に置かれたライブラリをインターネットを経由して読み込む方法です。ライブラリの開発元がCDNにライブラリを置いており、世界中から利用できます。

npm

npm(Node Package Manager)は、JavaScriptをサーバサイドで利用するために必要なNode.jp(JavaScriptの実行環境)を活用するためのツールです。Node.jpはライブラリと紹介されることもありますが、ライブラリを動かすための実行環境。Node.jpをインストールしたのち、npmを使って必要なライブラリ(npmでは「パッケージ」と呼びます)をインストールしたり、管理します。

おすすめのJavaScriptライブラリ

おすすめのライブラリを紹介します。シンプルで軽量なWebサイト開発が得意なライブラリや、大規模サイトや業務系Webアプリケーション開発が得意なライブラリまで、さまざまなライブラリがあります。

jQuery

jQueryは、JavaScriptコードを簡潔に記述する目的で開発されたライブラリで、最も人気のあるライブラリのひとつです。ロゴに「write less, do more」のキャッチコピーが組み合わされているように、jQueryを使うとJavaScriptの豊富な機能を簡単に実装できます。さまざまなブラウザに対応し、汎用性が高いこともその人気を支えています。

https://jquery.com/

React

Reactは、メタ(旧フェイスブック)が開発を主導しているライブラリです。フェイスブックのエンジニアが開発し、まずフェイスブックのニュースフィールドで使われました。その後、オープンソース化され、今では広く利用されています。公式サイトに「A JavaScript library for building user interfaces」とあるように、ユーザーインターフェース開発が得意なライブラリです。

https://facebook.github.io/react/

Riot.js

Riotもユーザーインターフェース開発が得意なライブラリです。公式サイトに「シンプルでエレガントなコンポーネントベースのUIライブラリ」とあるように、シンプルで、軽量なWebサイト開発に向いています。公式サイトが日本語に対応していることも大きなメリットです。

https://riot.js.org/ja/

AngularJS

AngularJSは、Googleが開発を主導しているライブラリです。世界中で多くのWebデザイナーやエンジニアが利用しており、中規模〜大規模サイトの開発や業務系Webアプリケーションの開発に向いています。やや複雑と言われますが、マスターすると強い武器になります。

https://angularjs.org/

Angular

Angularは、AngularJSの後継ライブラリです。名前はきわめて似ていますが、新規に開発されており互換性はありません。Webアプリケーション開発によく使われ、PC、スマートフォン、タブレットなど、環境を意識することなく開発できます。公式サイトには「モダンWeb開発者のプラットフォーム」と謳われています。

https://angular.jp/

Vue.js

Vue.jsは構造がシンプルなうえに多くの人が利用しているため、関連情報が充実し、学習コストが低いとされています。初心者でも短時間でマスターできます。またページを遷移させず、同一ページ内で処理を行うSingle Page Applicationの開発に向いています。

https://v3.ja.vuejs.org/

Node.js

Node.jsは、JavaScriptをサーバで利用するための実行環境です。「サーバサイドJavaScript」とも呼ばれます。JavaScriptはもともと動的なWebサイトを作るためのもので、ブラウザで動作するものでしたが、Webサービスの進化、ユーザーニーズの変化などからサーバとの連携が不可欠になり、サーバサイドの開発にもJavaScriptが使われるようになりました。その環境となるのがNode.jsです。

https://nodejs.org/ja/

JavaScriptライブラリで作業を効率化・迅速化

JavaScriptライブラリは、世界中のWebデザイナーやエンジニアのノウハウの集大成。うまく使いこなして開発作業を効率化・迅速化すれば、よりクリエイティビティが必要となる作業、オリジナリティを生み出すための作業に注力することができます。

求人詳細ページへのリンク

関連コラム

JavaScriptライブラリとは?フレームワークとの違いも解説!のページです。ITエンジニア・移動体通信エンジニア(技術者)の派遣求人ならブレーンゲート。株式会社ブレーンネットはシステムエンジニアやネットワークエンジニア、プログラマーの派遣・転職をサポートいたします。