JavaScriptのライブラリとフレームワークの違いとは?おすすめも一挙紹介

JavaScriptの「ライブラリ」とは一体なに?

JavaScriptは「動的なWebサイト」開発のために開発されたプログラミング言語ですが、今ではWebアプリやバックエンドシステムの開発にも使われているWebサービス開発には欠かせないプログラミング言語です。
ライブラリは簡単にいえば、開発に応用できる機能がワンセットになった「道具箱」のようなもの。JavaScriptでの開発作業は世界中で行われていて、誰かが一度開発した便利な機能を広く共有して、開発者がクリエイティブな作業に集中できるようになっています。今では、用途や目的に応じて、さまざまなライブラリが登場しています。

関連記事:JavaScriptとは?特徴や基本的な書き方、勉強方法まで徹底解説!
https://www.brain-gate.net/content/column/system-program-javascript/

ライブラリとフレームワークの違いとは?

「ライブラリ」と同じようにJavaScriptを使った開発でよく使われるのが「フレームワーク」です。実はこの2つに明確な境目はないのですが、ライブラリが便利な機能を再利用できるように詰め合わせたものだとすれば、フレームワークは開発のためのテンプレート(雛形)です。開発作業の目的、内容はさまざまですが、それでもいくつかの共通パターンは存在します。共通パターンを活用して、開発を効率的に進めるためのものがテンプレートです。

おすすめのJavaScriptライブラリ一挙紹介

おすすめ①jQuery

かつてWeb開発での大きな悩みのひとつは、対応しなければならないブラウザが複数あることでした。ブラウザによって動きが異なることもあり、いわゆる「ブラウザ対応」は開発者泣かせの面倒な作業問題でした。jQueryはそうした問題を解決する、マルチブラウザ対応で人気の高いライブラリです。「write less, do more」のキャッチコピーのとおり、JavaScriptのさまざまな機能を簡単に実装できます。

https://jquery.com/

おすすめ②React(React.js)

Reactは、メタ(旧フェイスブック)が開発したライブラリ。もともとはメタの開発者がフェイスブックのニュースフィードの開発に利用するために開発しました。その後、オープンソース化され、世界中の開発者が利用しています。公式サイトに「A JavaScript library for building user interfaces」とあるように、ユーザーインターフェース開発に特化したライブラリです。

https://reactjs.org/

おすすめ③Riot.js

Riot.jsも、ユーザーインターフェース開発が得意なライブラリです。「シンプルでエレガントなコンポーネントベースのUIライブラリ」と公式サイトに書かれているように、シンプルで、軽量なWebサイト開発を得意としています。ちなみにRiotには、日本語で「反乱」という意味があります。Webサイト開発が大規模で複雑になっていることへの、開発者の反乱という意味が込められているのかもしれません。

https://riot.js.org/ja/

おすすめ④Node.js

Node.jsは、JavaScriptをサーバで動かすために使われます。ライブラリというより実行環境であり、「サーバサイドJavaScript」と呼ばれています。JavaScriptはもともとフロントエンド(=ブラウザ)で使われるものでしたが、Webサービスの進化・高度化とともにサーバとの連携が不可欠になり、サーバサイドにもJavaScriptが使われるようになりました。
大量の通信を高速処理することができるため、チャットや動画配信などのリアルタイム通信が必要なアプリケーションや同時接続数が多いアプリケーション、つまり今、人気のアプリケーションに欠かせないライブラリになっています。

https://nodejs.org/ja/

おすすめ⑤Socket.IO

Socket.IOは、Node.jsで構築されたサーバとブラウザの間のリアルタイム・双方向をさらに強化したライブラリ。「Bidirectional and low-latency communication for every platform」(あらゆるプラットフォームのための双方向・低遅延コミュニケーション)を謳っており、チャットアプリやビデオ会議アプリ、通信対戦ゲームなどの開発を得意としています。

https://socket.io/

関連記事:便利なおすすめjQueryのプラグイン厳選12個
https://www.brain-gate.net/content/column/engineer-tips-jquery/

ライブラリと使い分けたいJavaScriptフレームワーク

JavaScriptフレームワークは前述したように、開発のためのテンプレート(雛形)です。別の言い方をすれば、アプリケーションの半完成品。フレームワークを利用すれば、開発作業を効率的に進められます。

フレームワーク①AngularJS

AngularJS(アンギュラージェイエス)は、Googleが開発を主導しているフレームワークで、大規模〜中規模サイトの開発や、業務系のWebアプリケーションの開発など、大企業向けの開発作業によく使われています。大規模開発では、アプリケーションをModel(ロジック)、View(表示)、Controller(入力・伝達)の3つに分け、連携させるMVCという考え方があり、AngularJSはこのMVCに基づいています。また表示とデータを一致させる双方向データバインディング機能も備えています。やや複雑で、学習に時間がかかると言われていますが、使いこなせると開発者にとって強い武器になります。

https://angularjs.org/

フレームワーク②Angular

Angular(アンギュラー)は、AngularJSの後継フレームワークです。名前はほぼ同じで、AngularJSの特徴を踏襲していますが、ほぼゼロから開発されていて、互換性はありません。公式サイトには「モダンWeb開発者のプラットフォーム」とあり、PC、スマートフォン、タブレットなど、あらゆるプラットフォームで動作するアプリケーションを開発することができます。

https://angular.jp/

フレームワーク③Vue.js

Vue.jsは、GoolgeでAngularJSを使っていた開発者が、好きな部分を取り出し、シンプルさを目指して開発したといわれています。MVCから進化したMVVM(Model-View-ViewModel)を採用し、シンプルで比較的覚えやすいフレームワークになっています。多くの人が利用しているため、関連情報も充実しています。

https://v3.ja.vuejs.org/

フレームワーク④Backbone.js

Backbone.jsは、その名前のとおり、基本的な骨組み(バックボーン)を提供する、シンプルで柔軟なフレームワークです。不足している機能は、開発者が他のライブラリを組み合わせることができます。MVCに基づいたフレームワークです。

http://backbonejs.org/

フレームワーク⑤Knockout.js

Knockout.jsも、Vue.jsと同じくMVCから進化したMVVM(Model-View-ViewModel)に基づいたフレームワークです。Vue.jsはシンプルさを重視したため、独自の記述が必要になる部分がありますが、Knockout.jsはライブラリとして紹介されることも多く、よりわかりやすいものになっています。

https://knockoutjs.com/

フレームワーク⑥Feathers

Feahersは、リアルタイム性を備えたWebアプリケーションの開発を得意とするフレームワークです。APIに今、Webサービスで主流となってるREST API(RESTful AP)を採用。REST APIは、シンプルで互換性に優れているため、さまざまな外部サービスや外部機能との連携を柔軟に、比較的簡単に実装することができます。

https://feathersjs.com/

JavaScriptに関連する資格

HTML5プロフェッショナル認定試験

Linuxやデータベースに関する認定試験を実施しているNPO団体「LPI-Japan」が主催する認定試験。HTML5、CSS3、JavaScriptなど最新のマークアップに関する技術力と知識が問われ、レベル1とレベル2にわかれています。

運営団体:LPI-Japan
受験資格:レベル1は特になし。レベル2は、レベル1認定を保有していること。
試験時期:随時
試験実施方法:CBT(コンピュータベーステスト)
費用:16,500円(税込み)
公式サイト:https://html5exam.jp/

CIW JavaScript Specialist

アメリカのCertification Partnerが実施している「CIW(Certified Internet Web Professional)試験」の一つです。英語のみですが、JavaScriptに関する知識とスキルをグローバルに証明できます。

運営団体:Certification Partner
受験資格:特になし
試験時期:随時
試験実施方法:CBT(コンピュータベーステスト)
費用:150ドル
公式サイト:https://www.ciwcertified.com/ciw-certifications/web-development-series/javascript-specialist

JavaScriptのライブラリとフレームワークを使いこなそう

JavaScriptは、世界中で多種多様なWebサービスやWebアプリケーションの開発に使われ、世界中の開発者のノウハウが集約されています。さまざまなライブラリ、フレームワークの特徴、メリットを理解して最適なライブラリ、フレームワークを選択すると開発を効率的に進めることができます。

JavaScriptのライブラリとフレームワークの違いとは?おすすめも一挙紹介のページです。ITエンジニア・移動体通信エンジニア(技術者)の派遣求人ならブレーンゲート。株式会社ブレーンネットはシステムエンジニアやネットワークエンジニア、プログラマーの派遣・転職をサポートいたします。