人材派遣の仕組みや派遣として働くメリット・デメリットを解説

人材派遣の仕組みや派遣として働くメリット・デメリットを解説

人材派遣や派遣社員という言葉と、何となくこんな感じかなという働き方の概要は知っていても、具体的にどのような仕組みになっているかまではよくわからないという人も多いのではないでしょうか。今回は人材派遣の定義や、派遣の種類、メリット・デメリットなど、まだ人材派遣で働いたことのない人に向けて、押さえておきたいポイントと人材派遣の基本的な仕組みをご紹介します。また、派遣会社に登録する方法と登録に必要なものについても解説します。

人材派遣とは?

人材派遣とは、派遣会社と雇用契約を結んだ派遣スタッフが派遣先会社へ赴き、派遣先会社の指揮・命令のもとで働くシステムのことです。

言葉で説明すると少々ややこしいのですが、ここで言う「派遣会社」とは派遣スタッフが雇用契約を結ぶ会社のことで、「派遣先会社」とは派遣スタッフが実際に働く会社のことです。働く側の人間からすると、この雇用されている会社と働く会社が別々であるという点が、正社員やアルバイト・パートと大きく異なる点です。

なお、労働者派遣法では、人材派遣は「自己の雇用する労働者を、当該雇用関係の下に、かつ、他人の指揮命令を受けて、当該他人のために労働に従事させること」と定義されています。人材派遣が可能な業務や派遣期間などは、この労働者派遣法によって決められています。

人材派遣の仕組み

人材派遣には後述するように登録型派遣、常用型派遣、紹介予定派遣といった種類があります。その形態によって細部に違いはありますが、いずれの場合も少なくとも派遣期間中は、派遣社員は派遣先会社ではなく、派遣会社と雇用契約を結びます。

派遣社員は派遣会社の社員なので、派遣先で働いている間も給与は派遣会社から支給されます。福利厚生も派遣会社のものが適用されます。給与アップや仕事内容について交渉する場合も、派遣先で何らかのトラブルがあった場合に相談する場合も、窓口は派遣会社の担当者となります。

派遣会社は人材を派遣先会社に紹介し、派遣社員が就業することで、派遣先の会社から派遣料を得ます。その派遣料の中から派遣社員に給与を支払うわけです。派遣社員に支払う給与の額は、派遣会社によっても異なりますが、およそ70%というのが相場です。この他に派遣会社は派遣社員の雇用主として、社会保険料、有給休暇費用を負担します。さらに会社経営に関わる諸経費を差し引くと、派遣会社の営業利益は1.6%ほどになります。

人材派遣の種類

労働者派遣法に則った人材派遣には、主に次のような種類があります。

登録型派遣

登録型派遣では、派遣の仕事を希望する人はまず派遣会社に登録をします。次に条件がマッチした派遣先が見つかると、その時点で派遣スタッフとして派遣会社と雇用契約を結びます。つまり、派遣会社に登録だけをしている間は雇用されていない状態で、賃金も発生しません。そのため、登録型派遣を利用している派遣スタッフは、複数の派遣会社に登録している人が多いようです。

このような方式の派遣を行う事業は一般労働者派遣事業と呼ばれ、開業するには厚生労働省の許可を受けなければなりません。なお、一般労働者派遣事業の許可を得れば、次に説明する常用型派遣 (特定労働者派遣事業) を行うことも可能です。

常用型派遣

常用型派遣では、最初から派遣スタッフと派遣会社が無期限の雇用契約を結んでいます。条件の合う派遣先が見つかるとその会社へ派遣されていくのは登録型派遣と同じです。派遣スタッフと派遣会社の雇用契約は正社員のこともあります。

常用型派遣はいわば、派遣会社の社員が企業に派遣されるというスタイルです。業務内容は専門的で、長期勤務が多いのも特徴です。

紹介予定派遣

紹介予定派遣は派遣期間終了後に、派遣スタッフとして働いた本人と派遣先企業双方の合意を経て、直接雇用というかたちで雇用契約を結ぶことを前提とした、やや変わった派遣方式です。

紹介予定派遣は試用期間付きの直接雇用と似ています。ただし、派遣契約期間中の給与は派遣会社から支払われます。その後、派遣先企業に直接雇用されると、派遣会社との雇用契約は終了します。そこから先は一般の正社員や契約社員と同じように、雇用された企業から給与が支払われ、福利厚生を受けることになります。

無期雇用派遣

無期雇用派遣は2015年9月の派遣法改正に伴って生まれた比較的新しい働き方です。派遣スタッフが派遣会社との間に無期限の雇用契約を結ぶのは常用型派遣と変わりません。

従来の常用型派遣との違いは、派遣会社に無期限に雇用されている派遣社員であれば、派遣先の 「事業所単位」 の期間制限、および派遣労働者の「個人単位」の期間制限による、いわゆる「派遣3年ルール」の適用外となることです。つまり、無期雇用派遣であれば、同じ職場でも3年を超えて働くことが可能です。

なお、無期雇用派遣という言葉は、2015年の派遣法改正後に使われるようになった通称です。正式名称はあくまでも常用型派遣で、知名度が高く一般的に使われている呼称が無期雇用派遣だと理解しておきましょう。

派遣社員として働くメリット・デメリット

派遣社員のメリットは、働き方として自由度が高く、自身の希望やライフスタイルにマッチした職種、勤務時間、勤務地を選べることです。直接雇用の正社員と違って契約した仕事内容以外の作業を行う必要もないので、ライフワークバランスを重視したい人に都合が良いと言えます。

また、一つの企業にとどまらず、いろいろな職場を経験してスキルアップしていきたいという人にも向いています。とくにエンジニアなどの場合は、自分の技術力やスキルを活かして新しいプロジェクトに参加し、それが終わればまた別の企業のプロジェクトに参加する、といった働き方ができます。

デメリットは、登録型派遣の場合は原則として派遣3年ルールに縛られることです。登録型派遣の派遣スタッフは、同じ職場や部署で働ける上限は3年と決められており、3年を経過すると無期雇用の派遣社員になるか、別の派遣先に移るかの選択を迫られます。

もう一つ、エンジニアや薬剤師などの専門職であれば給与の高い派遣先会社を見つけることも可能ですが、一般的な職種だと正社員の場合よりも給与は低くなるのが一般的です。未経験の場合はまず経験を積んでスキルアップするところから始める必要があるでしょう。

人材派遣への登録方法と登録に必要なもの

派遣会社へは、まず登録から行うことになります。

登録はWebや電話で登録予約をし、次に連絡のあった登録日時に派遣会社へ足を運んで行います。

登録手続きをするには、履歴書、職務経歴書、印鑑が必要です。また、筆記用具も持っていきましょう。

当日は登録をするにあたって、派遣についての説明があります。担当者との面談で、自分自身のスキルや経験、希望する仕事内容、就業開始希望日などを伝え、質問や相談もすることができます。登録手続きの所要時間は1時間~1時間30分ほどです。

そのあとは、後日、仕事の紹介があり、希望に合う仕事であれば就業となるという流れになります。

いかがでしょう、人材派遣の種類や仕組みがおわかりいただけたでしょうか。人材派遣に興味があるなら、まずは派遣会社へ登録予約することから始めてみてはいかがでしょうか。

関連コラム

人材派遣の仕組みや派遣として働くメリット・デメリットを解説のページです。ITエンジニア・移動体通信エンジニア(技術者)の派遣求人ならブレーンゲート。株式会社ブレーンネットはシステムエンジニアやネットワークエンジニア、プログラマーの派遣・転職をサポートいたします。