セールスエンジニアの平均年収・給与について

セールスエンジニアとは?

セールスエンジニアは、「セールスを行うエンジニア」です。IT業界では重要な役割を担い、この後で見ていくように平均年収も高くなっています。
ですが、セールスでもなく、エンジニアでもない、複雑な職種と思ってしまう人がいるかもしれません。本当にそうでしょうか?
今、DX(デジタルトランスフォーメーション)という言葉があらゆる業界で叫ばれています。簡単に言えば、ITを使って業務を見直し、新たな姿に生まれ変わろう、ということです。
ITシステムは、業務を円滑化・効率化する存在から、企業の競争力を生み出す源泉へと進化し、そうしたシステムや製品をクライアントにプレゼンテーションし、導入をサポートしていくときには、エンジニアとしての専門知識を持ってクライアントと交渉・商談できるセールスエンジニアは不可欠な存在になっています。

セールスエンジニアの年収・給料

市場価値の高いセールスエンジニア。具体的にその年収を見ていきましょう。ある転職サイトの調査によると、セールスエンジニア(プリセールス)の平均年収は全体で658万円。技術系(IT/通信)の全体の平均年収は452万円なので、かなりの高水準と言えます。ちなみに全職種での平均年収は409万円です。

男女別のセールスエンジニア年収・給与

男女別にセールスエンジニア(プリセールス)の平均年収を見ると、男性は691万円、女性は529万円。男性の方がかなり高くなっていますが、おそらく年齢が高く、年収も高い人たちがおり、平均額に影響を与えているものと思われます。

年代別のセールスエンジニア年収・給与

次に年代別に見てみましょう。
20代のセールスエンジニア(プリセールス)の平均年収は、469万円。30代は718万円、40代は858万円、50代以上は925万円となっています。
20代から30代にかけて年収は大きくアップしており、約1.5倍になっています。30代から40代では、約1.2倍。40代から50代では、約1.1倍です。
どの年代も他の職種と比べると平均年収は高くなっており、かつ年代が上がるほど、他の職種よりも平均年収は高くなっています。つまり、セールスエンジニア(プリセールス)は経験を積めば積むほど、年収アップが期待できる職種と言えます。

他のエンジニア・営業職と比較して高い?

他のエンジニアと比べると、実は平均年収が最も高いのはプロジェクトマネージャーで、平均年収は、664万円となっています。セールスエンジニア(プリセールス)の658万円は、それに次ぐ数字です。
ただし、全体の平均年齢ではプロジェクトマネージャーが上ですが、30代以上では、セールスエンジニア(プリセールス)の方が高くなっています。経験が生きる職種であることが、ここでも証明されています。
一方、営業(IT/通信)の平均年収は478万円。セールスエンジニア(プリセールス)の方がかなり高い年収となっています。
この数字には、まだ年収が高くない20代が営業には多く含まれているなどの要因があると思われますが、営業とセールスエンジニアの平均年収を見ると、冒頭や他の記事「セールスエンジニアとは?仕事内容・必要なスキルを解説」などで、セールスエンジニアの仕事について「営業担当者をサポートする」と書いてきましたが、むしろ「営業担当者が話を整えた後で、セールスエンジニアが商談をまとめるために登場する」そんな風に言えるのかもしれません。

セールスエンジニアの将来性

平均年収が高く、経験が重視されているセールスエンジニア。その将来性を考えてみましょう。

DXやIT化で需要は増え続ける

あらゆる業種でITシステムはより重要な役割を担うようになってきています。リモートワークの普及もその状況を後押ししています。DX(デジタルトランスフォーメーション)やIT化の需要は今後も増え続けるでしょう。
そして一度導入すれば終わり、というわけではありません。業種内での競争、さらには業種を超えた競争のために、ITシステムの強化・バージョンアップは続きます。

フィンテック、アグリテック…伝統的業界のIT化

XやIT化の進展は、伝統的な業界のIT化を進展させ、新しいサービスを生み出しています。例えば、フィンテック(FinTech)、アグリテック(AgriTech)という言葉が登場しています。フィンテックはFinance(金融) ✕ Technology、アグリテックはAgriculture(農業)✕ Technologyです。
金融はATMやモバイルバンキングなど、これまでもITが活用されてきましたが、さらにモバイル技術やAI、ビッグデータを活用することで、新しい決済手段が登場したり、ユーザー一人一人にカスタマイズした資産運用サービスが可能になるなど、新しいサービスが登場しています。暗号資産(仮想通貨)で注目をあつめたブロックチェーンも次世代を支える技術として注目されています。
農業もドローンを活用してデータを収集し、生育状況や気候データを分析して栽培を行ったり、ビルの中で完全にオートメーション化した環境で新鮮な野菜を育てるなど、ITを活用した取り組みが生まれています。
他にも、人事分野 ✕ ITのHRテック、保険業界 ✕ ITのInsureテックなど、ITの活用領域は広がり続けています。

扱う商品・サービスは変わり続ける

ITシステムや扱う商品・サービスも変化し続けます。例えば、ITシステムの大きな流れとしては、クラウドコンピューティングの登場により、オンプレミス(自社でサーバーを保有・運営するスタイル)からクラウドへの移行が進んでいます。さらに、単にクラウドへ移行するのではなく、オンプレミスとクラウドのメリットを生かし、より柔軟で、パワフルなシステムを目指す、ハイブリッドクラウドも登場しています。
他にも、AI(人工知能)、IoT、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)など、新しい考え方が次々と登場しています。
あるいはセキュリティなどの従来からある分野でも、新たな脅威・手法が登場し、情報や対策のアップデートが途絶えることはありません。

未経験からセールスエンジニアになるには?

経済産業省は、IT人材についての需要と供給について調査を行い、2030年には45万人のIT人材が不足するとしています。その中でもセールスエンジニアはますますニーズが高まることでしょう。
営業とエンジニアの2つのスキルが求められるセールスエンジニア。未経験からではハードルが高いように思えますが、2つのスキルが求められるからこそ、入り口、つまりチャンスは多いと言えます。
ITに対する専門知識が必要となるため、エンジニアからのスキルアップの方が一般的ではありますが、営業やまったく違った職種からであれば、派遣社員として少しずつキャリアを積み、経験を重ねていくことでスキルアップを図ることができます。もちろん専門知識の習得は不可欠ですが、実際の仕事を経験しつつ、専門知識を身につけ、スキルアップ、キャリアアップを図っていくことができます。

セールスエンジニアの活躍の場はますます広がる

技術系の職種の中でも年収の高いセールスエンジニア、それだけに高いスキルと能力が必要ですが、活躍の場はますます広がっていきます。ここでは、セールスエンジニアとはどのような職種なのか、また、セールスエンジニアの年収・給料、セールスエンジニアの将来性、未経験からセールスエンジニアになるためにすべきことを見てきました。
ITの未来を切り開き、さまざまな業種をDXで新しい姿に変えるのは、まさにセールスエンジニアの腕にかかっています。

※参照:平均年収ランキング(職種別の平均年収/生涯賃金)【最新版】(転職サイト doda)

求人詳細ページへのリンク

仕事カタログページへのリンク

関連コラム

セールスエンジニアの平均年収・給与についてのページです。ITエンジニア・移動体通信エンジニア(技術者)の派遣求人ならブレーンゲート。株式会社ブレーンネットはシステムエンジニアやネットワークエンジニア、プログラマーの派遣・転職をサポートいたします。