エンジニアのポートフォリオとは? 作成すべき理由と作り方

エンジニアのポートフォリオとは? 作成すべき理由と作り方

エンジニアが自身の実力をアピールするため、ポートフォリオを作成するケースがあります。ポートフォリオは、場合によっては履歴書や職務経歴書よりも訴求力の高いアピール手段ともなります。それではどういった内容で作成すれば良いのか、そのポイントについて解説します。

エンジニアのポートフォリオとは

エンジニアのポートフォリオとは、自身の技術や知識のレベル、これまでのキャリア、実績などを示すために、これまでに手掛けてきた成果物を示す「作品集」「制作物集」のことです。対象は転職を希望する会社の人事担当者、あるいは転職エージェント、人材派遣会社などです。

もともと、ポートフォリオはデザイナーやフォトグラファーなどの美術系クリエイターが作る作品集のことを指す言葉として使われていました。しかしエンジニアも、自身がこれまで開発に携わったシステムや作成したプログラムを集めてアピール材料とするケースが増えています。エンジニアのポートフォリオの場合、紙ベースの書類などにまとめるだけではなく、専用のWebサイトを用意してそこに過去の実績や事例を示す方法も一般的になっています。簡単にポートフォリオを作成できる専用サイトもあります。

なお、経験者だけではなく、未経験のエンジニア志望者がポートフォリオを用意することもあります。その場合は学校や趣味で作ったプログラムなど、何らかの制作物を示すことになります。その制作物でどの部分を担当し、どのような工夫をしたかといった点も記してあれば、人事担当者がその人のスキルやエンジニアとしての適性を見きわめる材料になります。

エンジニアがポートフォリオを作成するメリット

エンジニアがポートフォリオを作成するメリットは、転職において自身の能力を伝えられるということだけにとどまりません。これまでに経験してきた仕事を改めて整理することで、自身のスキル、キャリアの振り返りに役立ち、また次のステップに進むための方向性の確認などとしても活用できます。

また、ポートフォリオを用意することであなたの意欲を示すこともできます。加えて、面接でポートフォリオの内容について話せば、具体的に自身の能力をプレゼンテーションすることが可能です。口頭で伝えるのがあまり得意でないという人でも、具体例を示しながら自己アピールできるのも大きなメリットです。

エンジニアがポートフォリオを作成しない場合のデメリット

ポートフォリオやそれに類するものを用意しないまま転職に臨むとなると、過去の実績については履歴書と口頭で伝えるだけしか方法がなくなってしまいます。ありていにいえば、文章や口で伝えるだけではそれがどれだけ信用するに足るものなのか、人事担当者には判断できません。具体的な成果物を示すのと比べると、どうしても説得力は落ちてしまいます。

また、メリットの裏返しですが、ポートフォリオを作成しないことによって、作成している人と比べて意欲や熱意が劣るように見えてしまうのもデメリットに挙げられます。

エンジニアがポートフォリオ作成するときの注意点

成果物を示すとき、クライアントからの依頼を受けて作成したものの中には、守秘義務について決められているものがあることに配慮する必要があります。守秘義務とは職務上知った機密情報を外部に漏らさないという法律上の義務のことです。機密事項と守秘義務については、そのプロジェクトが開始する際に契約書などに明記してあるはずです。

守秘義務に反するかどうかわからないときは、クライアントにその制作物をポートフォリオとして掲載しても問題ないか確認するのが確実です。一般に公開することはできなくても、転職活動時にポートフォリオとして使用することに限定するならという条件で了承を得られる場合もあります。

守秘義務と同様、著作権が企業に帰属している制作物もあります。これらの点を無視してポートフォリオに掲載すると、転職を希望している会社からその点を指摘される可能性もあります。その結果、逆に評価を落としてしまうこともあるので注意してください。

エンジニアがポートフォリオに含めるべき内容

ポートフォリオは作成者=エンジニアのキャリアとスキルがわかるものでなくてはなりません。書き方に決まりはありませんが、エンジニアであれば、以下の内容を整理して示すことが求められます。


  • これまでに携わってきた案件とその内容

  • 案件に携わった年月日

  • 使用した言語

  • プロジェクトメンバー数

  • プロジェクトでの役割



またこれらに加えて、今後どのような案件でどのような役割を果たしたいかという展望も記載しておくと良いでしょう。

重要なのは、採用企業や人材派遣会社の担当者に対し、エンジニアとしての実力と人材としての魅力が伝わる内容にすることです。

ポートフォリオ作成時のポイント

さらに、ポートフォリオを作成するときは以下のようなポイントを意識しましょう。

わかりやすく書く

プロジェクトを全く知らない人でも内容が理解しやすいように書くことを心がけてください。専門的な内容を記すべき箇所もありますが、なるべく平易な言葉を使い、多くの人が理解しやすいポートフォリオに仕上げましょう。

自身のスキルアピールを盛り込む

自身のスキルを積極的にアピールしていきましょう。強みが伝わるにはどのような表現が最適かを考えて作成します。

コンパクトにまとめる

伝えるべきことはよく整理し、冗長にならず、要素を盛り込みすぎないよう気を付けます。要点を押さえつつ、コンパクトにまとめて記載するほうが、読む人に対し内容を端的かつ的確に伝えることができます。


これまでに多くのキャリアを積んできたエンジニアほど、ポートフォリオは自身の実力を示す有効なアピール手段となります。また、Webサイトでそれを訴えるのは、そのサイトのデザインや構成によって自身の文章能力、プレゼンテーション能力、センスを示すことにもつながります。ぜひ自身をアピールするオリジナルなポートフォリオの作成に挑戦してみてください。

職種関連カテゴリ

エンジニアのポートフォリオとは? 作成すべき理由と作り方のページです。ITエンジニア・移動体通信エンジニア(技術者)の派遣求人ならブレーンゲート。株式会社ブレーンネットはシステムエンジニアやネットワークエンジニア、プログラマーの派遣・転職をサポートいたします。