面接時に会社の良し悪しを見極める方法

面接時に会社の良し悪しを見極める方法

転職を成功させるには、面接を受けようとしている会社について十分な情報収集を行うことが大切です。面接前、面接時に会社の良し悪しを知るにはどうすればいいのか、今回は応募者が会社を見極める際のポイントについてご紹介します。

自分の目的と理想の転職先を考える

あなたは、なぜ転職をするのでしょうか? まず、最初に明確にしておくべきなのは、自分自身の転職の目的です。職種や仕事内容なのか、給与、待遇か、会社の将来性か、もちろん1つだけではないでしょうが、中でも最も重視したいのはどれかという優先順位をハッキリさせておいてください。

求人広告を見るときには、その目的から理想の会社像を思い浮かべて、比較検討をしてみます。目的をブレずに持っていれば、求人を選ぶ際も、実際に面接を受けて就職するかどうかを決める際にも、迷いが少なくなるはずです。

面接前に会社を見極める方法は?

面接を受ける前に、まずはできる限り多く会社についての情報を収集しましょう。下調べをしておけば自分にとってどのような魅力がある会社なのかが分かり、また面接の際により具体的かつ深い話ができて、面接官からの印象もアップするはずです。

情報を得る手段は、求人広告はもちろん、その会社のホームページ、SNSなども活用できます。業務内容や業績、売上高、主力製品、取引先などのデータは企業分析に役立ち、さらに社内の写真を見たり、社員のコメントなども読んだりすれば、どのような社風なのかも伝わってくるはずです。また、ネットの情報だけではなく、会社のショールームや関連の店舗があるのなら実際に足を運んでみるのも大いに参考になるでしょう。

面接時に会社を見極める方法

面接は自分がどんな人物なのかを見られる場ですが、同時にこちらが会社を見定める場でもあります。直接、面接官と話ができる貴重な機会ですから、聞きたいことがあれば率直に質問を投げかけてみましょう。チェックしたいのは仕事内容、給与、待遇、福利厚生、社風などです。特に自分が考える転職の目的に沿った質問は納得がいくまで確認をしてください。
面接を受ける側があまりしつこく質問するのは気が引けるという人もいるかもしれませんが、転職の目的を明確にした上でポイントを絞って聞けばむしろ好印象に繋がるでしょう。もちろん、まずは面接官からの質問に一つひとつ丁寧に答え、それを踏まえてこちらからも質問をするようにしてください。

会社を積極的に「見学」しよう

会社を訪れての面接であれば、どのような人が働いているのかを見るチャンスもあるかもしれません。受付から、面接のための部屋に通されるまで、そして会社を出るときも、なるべく会社の雰囲気を肌で感じ取るようアンテナを張っておきましょう。会社周辺でランチを食べてみるなど、自分なりに「もしもこの会社に入るとしたら」というシミュレーションをしてみるのもおすすめです。

また、これはやや変則的ですが、面接だけではどうしてもわからないこと、例えば配属される部署の雰囲気などが知りたいのであれば、面接官に見学を申し出る方法もあります。いわゆる社内見学、会社訪問については、意欲を示しつつ頼めば応じてくれる会社もあるようです。面接の感触がよく、もっと知りたいという気持ちが湧いたときには問い合わせてみると良いでしょう。

面接は、自分からその会社を取材するような気持ちで臨めば、多くのことを得られるものです。自分の目的を達成するために、受け身ではなく積極的な態度で挑んでみてください。

面接時に会社の良し悪しを見極める方法のページです。ITエンジニア・移動体通信エンジニア(技術者)の派遣求人ならブレーンゲート。株式会社ブレーンネットはシステムエンジニアやネットワークエンジニア、プログラマーの派遣・転職をサポートいたします。