基本情報技術者試験

基本情報技術者試験とは情報処理に関する国家試験のうち、最も基本となる試験です。

経済産業省の指定試験機関である独立行政法人情報処理推進機構の情報処理技術者試験センターによって行われており、上位技術者の指導のもと個別部門の仕様策定とプログラミング、および動作テストを実施することを目的としています。情報技術一般に関する基本的な知識、および最低1つのプログラミング言語に関する実用レベルの知識などを必要としています。

2001年度に、従来の第二種情報処理技術者の名称が変更されたものが基本情報技術者です。初級システムアドミニストレータと並んで、情報処理に関する入門的な資格となっています。試験は、毎年春と秋の2回実施され午前と午後の試験が設けられています。

 

次に目指す応用情報技術者試験の概要と難易度について知る

この資格が活かせる仕事を探す