Webデザイナーの仕事内容と働くときに必要なスキル

Webデザイナーの仕事内容と働くときに必要なスキル

Webデザイナーという仕事があることは広く知られるようになりました。しかし一方で、雑誌などのデザインをするグラフィックデザイナーとどう違うのかといった点について疑問を持つ人もいるでしょう。Webデザイナーの仕事内容や、必要とされるスキルについてご紹介します。

Webデザイナーとは

Webデザイナーとは、Webサイトのデザインを担当する人のことです。お客様の意向に沿ってページ設計を行い、テキスト、写真、イラスト、ロゴ、アイコンなどをレイアウトしてWebサイトを美しくデザインします。

ただし、見た目を美しく整えること以外にも、Webデザインにおいてやるべきことはたくさんあります。Webサイトの見やすさ、使いやすさといった実用性を向上させることも重要な要素です。デザインコンセプトを決めてインターフェースを統一し、必要な機能を取捨選択し、閲覧者が必要とする情報に迷わず誘導する導線設計を行うなど、Webサイト全体を快適に利用できるような仕組みを作り上げていきます。

Webデザイナーの仕事内容

Webサイトを制作する際はまず、お客様からの依頼を受けて、「サイトの目的は何なのか?」をはっきりさせる必要があります。例えば、企業サイトなら会社概要や事業内容、リクルート情報、IR情報など発信すべき情報がわかりやすく引き出せる構造にすることが重要です。その上で、その企業のイメージやブランドに相応しいデザインを考え、仕上げていきます。つまり、そのサイトの目的とイメージにマッチした(機能性を含む)デザインを実現することが、Webデザイナーの主たる仕事と言えます。

またWebデザインでは、雑誌などのグラフィックデザインと違って、HTMLとCSS、あるいはCMSなどを用いたコーディングを行う必要があります。コーディングとは文字や画像データをブラウザで正しく閲覧できるよう、仕様に沿ったコードを使って書き出す作業のことです。より専門的な部分はコーダーが担当しますが、必要に応じてWebデザイナーがこうした作業を行うのもめずらしいことではありません。ほかにも、JavaScriptやFlashなどのプラグインプログラムを使ってWebページを作り込むなど、Webデザイナーがコーダーに近い作業を担当することもあり、サイトをデザインするにはこうした技術的知識を持っているほうが有利になります。

Webデザイナーに必要なスキル

Webデザイナーには特に次の2つのスキルが必要とされます。

デザインスキル

ワイヤーフレームの作り方からページレイアウトの仕方、フォントの選び方、写真などビジュアル素材の使い方、配色、テイストやニュアンスの出し方まで、Webデザインには多くの知っておくべきこと、学ぶべきことがあります。セオリーを知り、応用力も身に付けていくことで、コンセプトに沿ったWebデザインが作れるようになります。

デザインツールのスキル

デザイン関連ソフトとしておなじみのPhotoshopとIllustratorは、Webデザイナーにとっても必携のツールです。これらを使いこなすことで、思ったとおりのデザインを、より自在に表現できるようになります。

Webデザイナーの適性

グラフィックデザイナーなどと同じように、Webデザイナーにはレイアウトや色彩の使い方などに関するデザインセンスが必須です。さらに先述のコーディングなど、Webサイトに関する技術的知識に詳しいWebデザイナーであれば、そのことも大きな強みとなります。

また、わかりやすく使いやすいユーザーインターフェースをデザインすることも重要な役割です。ユーザーの立場に立って考えられる感性が求められます。さらに、スマートフォンをはじめとするモバイル端末からのアクセスに対応するなど、時代によって変化するニーズにも対応していかなければなりません。常に新しい技術を学び、よりよいサイトデザインを目指す勉強熱心な人であることが望ましいでしょう。

Webデザイナーにはデザイナーとしてのセンスに加えて、技術的知識とスキル、常に移り変わるトレンドに対応していく学習意欲が必要なことがおわかりいただけたでしょうか。これらの能力をバランスよく身に付ければ、WebデザイナーとしてさまざまなWebサイトを手がけていくことができるでしょう。

職種関連カテゴリ