【Webクリエイターになるには】仕事内容と必要なスキルについて

【Webクリエイターになるには】仕事内容と必要なスキルについて

Webクリエイターとは、インターネットを通じて公開することを前提とした表現形式で創作活動を行う人のことです。漠然とした言い方ですが、それは裏返せば、今ネット上には多種多様な表現が溢れていることの表れでもあります。Webクリエイターと呼ばれる人の中には、商業活動として成り立っているケースから、アートや趣味に近い活動をしている場合まで、さまざまな人たちがいます。ここではあくまで職業として捉えた場合のWebクリエイターの仕事内容、必要スキルなどについてご紹介します。

Webクリエイターとは

Webクリエイターとは、インターネットを通じての表現を前提としたクリエイター全般を総称した言葉です。WebデザインもWebクリエイターの仕事に含まれますが、専門職として確立しているために「Webデザイナー」と呼ばれます。
Webクリエイターになるためには、グラフィックや映像、音楽、文章など何らかのクリエイティブ能力を持つ人がWebを活躍の場に選ぶパターン、HTMLやCSSなどWeb制作の基本を身につけた人がデザイン力を発揮して認められるパターン、JavaなどのWeb技術を持つ人が、その技術を応用して従来になかった新しいコミュニケーションサービスを提供するパターンなどがあります。いずれにしてもクリエイティブな発想力とWebに関する知識や技術の両方が必要不可欠となります。1年前に隆盛を誇ったような技術や仕組みがあっという間に使われなくなってしまうといった進歩の速い業界だけに、常に最新の情報に触れて技術を磨き続ける努力が求められます。
Webクリエイターとして専門職の道を進む人もいますが、最初はロゴやバナーのデザインなどWebデザイナーのアシスタント的な仕事をしながら経験を重ね、徐々にWeb業界の動向などについても勉強してWebデザイナーやWebディレクターを目指すというキャリアパスが一般的なようです。

Webクリエイターの仕事内容

Webクリエイターの仕事は、まずWebの特性を知ることから始まります。
Webは従来パソコンをメインにして利用されてきましたが、最近はスマートフォンやタブレットに主流が移行しつつあります。自分の作品がパソコン、スマホ、タブレットでそれぞれどのように見えるのかからスタートして、インターネットにできること・できないこと、逆にインターネットを活用するからこそできること・やらない方がいいことなどの特性を学び、自分の表現したいことがどうやったら多くの人に伝わるのか、どんなメリットを提供できるのかを知ることによってクリエイターとしての幅を広げてゆくことができるでしょう。
ネット上で自分の作品をアピールするための方法もあわせて勉強すべきかもしれません。

ネット上のアピール方法としては、まず自らのクリエイティブワークを公開するWebサイトを作ることが挙げられるでしょう。いわばデモンストレーションサイトです。SNSを使ってそのサイトを広めていくことや、動画投稿サイトに関連した音楽やイラスト、動画作品、あるいは活動内容の告知を投稿することも効果が期待できるでしょう。もっとビジネス寄りの手段をとるなら、外部のWebクリエイターと契約しているWeb制作会社などが、オープンイノベーションの一環として実施している公募プロジェクトに参加する方法もあります。

Webクリエイターに必要なスキル

Webクリエイターになるには、次のようなスキルが必要です。

Webデザインに関するスキル

Webデザイナーとして専門的に仕事をするというわけでなくても、Webデザインに関するスキル、知識は必要です。HTMLやCSSが使用できるのはもちろん、Webデザインのセオリーを知り、自らのセンスや、クライアントからの要望に応じて、オリジナリティのあるアレンジができることも重要になります。

CMSスキル

テキスト、画像、レイアウト情報を保存・管理してWebサイトを構築したり編集できるCMSも便利です。今では多くのCMSがあるので、必要に応じてそれらを取捨選択し、使いこなせるようにしておきたいところです。

JavaScriptのスキル

JavaScriptが書けることも必須事項でしょう。Webサイトにプラグインプログラムを実装する、インタラクティブな機能を持たせるなどの要求を叶えるために覚えるべき言語です。JavaScriptをマスターすれば、Webアプリやスマホアプリの開発にも役に立ち、HTML5や、ネイティブなプログラム言語を学ぶ取っ掛かりにもなるでしょう。

Webクリエイターのやりがい

Webクリエイターのやりがいは「リアルタイム性・インタラクティブ性」というインターネットの特徴と深く結びついています。例えば、アマチュアの作った映像や音楽でも、良さが認められれば、たちまちクチコミが広がり、世界中で何十万、何百万と視聴されることは珍しくありません。
国境も言語も関係なくネット上に作品を公開した時点で世界中の人に作品に触れてもらえるチャンスが生まれるのです。
その半面、よほど強い魅力や個性を持たない作品は、たちまちネットの海に埋もれてしまうという厳しさもあります。インターネットは意図的に検索してもらわない限り「たまたま発見される」という確率の非常に低い世界。話題作りのための強烈なインパクトや斬新さも追求しましょう。

Webクリエイターの適正

まず、Webクリエイターには流行に敏感な人が向いています。非常に技術の進歩が速い世界ですから、自分の専門分野以外に関する技術についてもアンテナを張っておく必要があります。 好奇心の旺盛さも大切。「こんなことができるようになったんだ!」と知ったら、まずは自分もトライしてみましょう。ちょっとミーハーなくらいでちょうど良いのです。ただし、クリエイターとしての活動は決して流行に流されず、地に足をつけておくこと。流行を追いかけ過ぎて自分が本当に表現したいことを忘れないようにしてください。
また、Webの世界は非常に陳腐化が速いので、アイディアを閃いて制作に取りかかったら寝食を忘れて一気に仕上げてしまうようなスピード感も重要です。

Webクリエイターとしての適性を得るには、Web制作やIT技術に関する最新情報を常にウォッチすること、ときにはWeb制作者向けのイベントやセミナーにも足を運ぶことなどが役立つでしょう。また、同じクリエイター仲間を作ることも効果的です。情報交換しながら刺激を与え合う仲になれば、共同で作業や活動を行う機会も生まれるでしょう。また、写真、絵画、映画、ゲーム、広告、グラフィックワークなど、Webとは異なるジャンルの作品や制作物に触れることも、クリエイターとしての感性を磨く材料になるはずです。

スマホを始めとするモバイル端末の爆発的な普及によって、Webクリエイターが活躍するフィールドは今後ますます広がっていくことが予想されます。これからの技術とクリエイティビティーが結びついたとき、どのような表現形式が生まれていくのかはまだまだ未知数です。だからこそWebクリエイターという仕事には、ワクワクするような魅力があるといえるのではないでしょうか。

関連仕事カタログ

職種関連カテゴリ