【テスト・評価エンジニアになるには】仕事内容と必要なスキルについて

【テスト・評価エンジニアになるには】仕事内容と必要なスキルについて

IT業界で働く際には、できる限り自分に合った職種で働くことが大切です。 そこには多種多様な職種があり、その仕事内容や求められるスキルも様々です。ですから、実際に仕事を探す際には、個々の職種の違いが何であるかをしっかりと理解しておくことが必要になります。


そこで今回は「テスト・評価エンジニア」という他のエンジニア職とは少し毛色の変わった職種をご紹介したいと思います。

テスト・評価とは

各種システムやアプリケーションソフト、ゲームソフト、ハードウエアなどの開発成果物が設計通りに正しく動作するかをテストし、品質を評価する仕事です。
さまざまなレベルの仕事があり、マニュアル通りに作業をすれば未経験者にでもできるテストから、数年以上のシステム開発経験がなくてはできないレベルの高いテストまで多彩です。また、テストの内容によってはプログラム言語やOSに関する知識が必要な場合もあります。

システムエンジニアやプログラマーは「システムをつくる側の視点」に立って作業を進めます。これに対して、ユーザーの視点からシステムや製品を使ってみてエラーや問題点を探るのがテスト・評価エンジニアの仕事。「この状況ではこのような操作をしてしまう可能性があるのでは?」「うっかり間違えてこのような操作をしてしまったらどうなる?」などユーザーの気持ちになってテストをしてみることも大切です。エラーの発見だけでなく「この操作は直感的にわかりにくい」「使い方が回りくどくて面倒だ(ユーザーインターフェースが悪い)」などという指摘をしなくてはならない場合もあるでしょう。
しかし、こうしたテスト・評価を繰り返すことで高品質なシステムが練り上げられていきます。

テスト・評価エンジニアの仕事内容

テスト・評価エンジニアの仕事は、ひとつのシステムを開発する際に次のような手順で行われます。

1.単体テスト(ユニットテスト)…モジュール(プログラム部品)が正確に動くかどうかを調べる
2.結合テスト(ソフトウェアテスト)…モジュール同士を組み合わせた際に問題がないかを調べる
3.リグレッションテスト(回帰テスト)…プログラムのバグ取りや変更をした際、新たな問題が生じていないかを調べる
4.システムテスト(総合テスト)…システム全体が問題なく動くかどうかを調べる
5.ベンチマークテスト(製品テスト)…システムの処理能力やスピードなどを評価する
6.オペレーションテスト(運用テスト)…お客様先の実際の使用環境でシステムが問題なく動くかどうかを確認する最終テスト

もちろん、提案に際しては「実現可能なプランなのか」「本当にこのプランがベストなのか」といった論理的裏付けや検証も必要です。
コンサルティングファームの場合は実際にハンドリングに参加したり、あるいは自分がプロジェクトチームを率いてシステムの改善に取り組むという事例もあります。そうした業務はチームで対応するので一人で何もかも手がけるというわけではありません。すべてにおいての専門家である必要はないのです。

システムの開発段階ではさまざまな問題が発生するのが当然。問題がすべて出尽くすまでテストと修正・変更は繰り返されます。

テスト・評価エンジニアに必要なスキル

テスト・評価の仕事に携わるには、以下のようなスキルが必要です。

OAスキル

テストや評価を実施した際の結果を的確にレポートするためにはExcelやWord、PowerPointといったソフトをある程度使いこなせる必要があります。膨大な量のチェック項目を適切に管理、把握し、時には数字の計算を行い、間違いなく入力、調整していくためにはExcelの知識、経験が必要です。また、レポートの作成で文章やデータ、グラフを用いて説得力あるレポートを出すために、WordやPowerPointといったソフトの知識、経験が必要になります。
これらのソフトを使って、いかに迅速に正確に対応できるかが重要です。

コンピュータの専門知識

システムやアプリケーション、ソフトウエアといったテストや評価の対象となるものが作動するコンピュータやデジタル機器そのものについて、基本的なことを理解していなければ、問題の発見やその解決策を見つけることができません。それどころか、レポートすら書けない場合もあります。よって、最低限コンピュータの専門知識は習得しておくのが良いでしょう。

テスト・評価エンジニアのやりがい

テスト・評価エンジニアの仕事は、開発チームの一員としてシステム開発に参加し、時にはシステムエンジニアやプログラマーと対等に渡り合いながら完成に向かってひとつひとつ努力を積み重ねてゆくところにやりがいがあります。
リリース前夜は誰もが「ちゃんと動くだろうか?」「重大な問題が発生しないだろうか?」と不安なものですが、とことんテストを重ねて問題を出し尽くしていれば「やれるだけのことはやった」と自信を持ってリリースに臨むことができます。そういう意味でもテスト・評価は非常に責任の大きな仕事です。
システム開発のプロセスを現場で学ぶには最適な職種。仕事を通じて自分のスキルを高めながら、チームの中でより重要な役割を任せられるようになっていくのもこの仕事の魅力でしょう。

テスト・評価の仕事は設計段階から納品までのシステム開発全般に関わることができるので、システム全般の知識やノウハウを身に付けることが可能です。スキルアップしていくことで「テストエンジニア」としてより高度な領域や専門的な分野を極めるステップアップする道と併せて、プログラマーやシステムエンジニアといった、より上流のポジションを目指すことも可能です。 キャリアアップを念頭に置くのであれば、ただ作業を黙々とこなすのではなく、そのテスト・評価がどういった理由で行われるのか、目的をきちんと把握し、実際にどのような問題が発生しやすいものなのか、それがどう解決されているのかも普段から意識して確認しておくとよいでしょう。

テスト・評価エンジニアの適正

システムは不具合を修正するたび、他の何かしらの問題が発生しがちなもの。テスト・評価の仕事はいくらやっても終わりが見えない地道な作業の繰り返しです。そういう状況でも集中力を切らさず、小さな見落としもしない忍耐力が求められます。
また、「開発の終盤が近づいた時、初歩的なミスを発見してしまった。けれど今から修正するのは大変だし納期に間に合わなくなる。小さな問題だし黙っておこうか…」そんな迷いが生じた時でも指摘すべきことはしっかり指摘する。そんな勇気も必要です。
ミスの発見だけでなく「その仕様変更をするのならこんなテストもしておくべきでは?」などという気づきができる人なら、開発チームの中でさらに重用されるでしょう。

テスト・評価の仕事は、比較的未経験からでも始めやすい仕事です。かといって誰もが簡単にできるという仕事でもなく、評価方法の認識を間違える、報告を怠るといったミスを起こしてしまうと、テスト・評価のやり直し、もしくは後から不具合が発覚し大問題となるなど、全体に影響を与えます。逆に要領を得て仕事ができる人は重宝されるでしょうし、仕事内容のレベルを上げてもらえたり、他の職種へのキャリアアップも臨めるのです。

職種関連カテゴリ