メニュー

ブレーンネットが提供するエンジニアのための派遣仕事情報サイト

【フリーダイヤル】0120-52-5460

  • 派遣登録をする
  • お仕事を探す
  • IT業界ガイド
  • 派遣HOWTO
  • 会員登録(無料) >>
  • ログイン >>

ITシステム構築の基本! 要件定義(RD)の各工程の進め方

ITシステム構築の基本! 要件定義(RD)の各工程の進め方

ITシステムを構築する上で、要件定義(RD)は非常に重要な位置付けとなっており、システム構築が成功するのも失敗するのも、要件定義で左右されるとも言われています。ここではITシステム構築の要件定義における各工程の進め方やポイントなどについてご紹介いたします。

システム構築の流れ

システムの設計、構築には多くの工程を必要とします。まずは全体感をとらえるために、主なシステム構築の流れを見ていきましょう。

  1. 要件定義
  2. 各種設計
  3. 構築(開発)
  4. 各種システムテスト
  5. 運用テスト
  6. 納品

簡単に分類すると上記のように6つの工程で制作を行っていきます。実際のシステム設計の場合であれば、例えば、各種設計フェーズの中にも「基本設計」「詳細設計」「インターフェース設計」など細かく作業が分けられており、複雑な工程管理が必要となります。

システム構築の要件定義とは?

要件定義(requirements definition)(RD)は、システム構築を進める上での最初の工程にあたり、導入したいシステムにどんなことをさせたいか、どんな機能を持たせたいか、などユーザー側の要求を明確化し、それらをシステムに組み込むようにするための概要の設計、その後の設計のシステム構築の流れ、アウトプットイメージを固める重要な工程です。

一見簡単で単純な工程のように見えますが、要件定義をしっかり行っておかないと、後になってから「思っていた機能と違う」、「こんなはずではなかった……」といったトラブルが起こる大きな原因になります。ですから要件定義で大切なことは、詳細な要望をしっかり整理しておくことが重要と言えるでしょう。

要件定義と要求定義の違い

要件定義と同様に(RD)と略されるもう一つの工程があります。これが、要求定義です。主に、要件定義と合わせて作成されるケースや、しっかりと作業を分けて、要求定義書として、まとめるケースもあります。

両者は同じようですが、実は異なる目的のため作成します。
要求定義はシステム構築を行う際にクライアントからヒアリングした課題や要望をまとめることを目的とした資料であり、要件定義は完成形、完成までの流れ、作業工程をまとめることを目的とした資料です。

システム構築の要件定義の進め方

システム構築における要件定義を進める上で重要なのが、ここまででご紹介した要求定義、要件定義の双方となります。

以下でご紹介するポイントを押さえて、要求定義、要件定義を進め、抜け漏れがなく、具体的な内容が記載された要件定義書を作成するとようにしましょう。

まずは業務課題を明確化する

要求定義で重要なポイントはまず発注者側の現状を確認し、次に「具体的にどうしたいのか」をしっかり明確化することです。例えば、入出力の方法や様式などを細かく確認するのはもちろんですが、それらにかかる処理時間や処理能力も大切と言えます。
クライアントが現在求めているニーズを詳細にヒアリングすることはもちろん、現状の体制、システムの機能面なども洗い出し、根本的な業務課題を引き出すことでより満足度の高いシステム構築を行うことができるでしょう。

もちろん、実際の要件定義に進む段階で、これらの中には「できる」、「できない」といったシステム開発者側の問題も発生しますから、発注者側と開発者側でミーティングを何度も行い、プロジェクトの目的とゴールを策定する必要があります。

5W2Hで内容を整理してまとめる

5W2Hとは「いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どのように、いくら」という7つの事項で、ビジネスシーンで物事を正確に伝える手段として、基本的な方法です。これは要件定義を進める上でも重要なことで、ヒアリングした内容を整理し、文章化していきます。
これらをまとめて、最終成果物に必要な項目として列挙し、要件定義書を作成していくのが一般的な方法です。主な項目としては、以下のようなものがあります。

  • システム概要(背景や目的、構想などの説明)
  • システム導入の目標(具体的な工数、コスト削減など)
  • システムの機能要求(ユーザーから求められている機能)
  • 導入後の業務フロー(仕事の流れなど)
  • 入出力要求(インプット、アウトプットの要求)
  • システム要求(ハード、ソフトウェア構成やOS、他システムとの関係など)
  • 性能要求(処理能力、処理速度、データ量など)
  • 品質要求(ユーザーの要求を満たしているか)
  • セキュリティ要求(ウイルス対策、流出対策など)

システム構築をするにあたって、システムの目的や目標を決めることはとても大切です。なぜこのシステムを導入するのか、導入することによってどんなメリットがあるのかなどを、あらかじめ明確にしておきましょう。

また、システムの機能や入出力要求は、客先から要求されている具体的な機能や、項目の入力方法、インターフェース、出力や印刷方法などがあります。さらに、システム導入後は業務方法や流れが変更になる場合もありますので、具体的な業務フローも明確化して項目にあげると良いでしょう。

そのほかには性能や品質、セキュリティ要求といった部分も、主な要件定義の項目として挙げられます。

プロジェクトを成功させる鍵は、要件定義を上手く進められるかどうかにかかっています。上記の方法を参考にしながら、要件定義を進めてみてください。

IT業界お仕事カタログ
システムコンサルタント
システムエンジニア
プログラマー
ネットワークエンジニア
サーバエンジニア
運用管理・保守
フィールドエンジニア
テスト・評価
ユーザーサポート・ヘルプデスク
Webデザイナー
Webディレクター
Webクリエイター
IT営業
  • 派遣登録をする
  • お仕事を探す
  • IT業界ガイド
  • 派遣HOWTO

登録でもっと便利に! 無料会員登録

ページトップへ戻る

ブレーンゲートは、人材派遣会社の(株)ブレーンネットが運営しております。

〒101-0051
東京都千代田区神田神保町3丁目10番地
TEL:03-5215-5460
>> アクセスはこちら