メニュー

ブレーンネットが提供するエンジニアのための派遣仕事情報サイト

【フリーダイヤル】0120-52-5460

  • 派遣登録をする
  • お仕事を探す
  • IT業界ガイド
  • 派遣HOWTO
  • 会員登録(無料) >>
  • ログイン >>

スマホアプリ開発時に知っておきたい企画の立て方

スマホアプリ開発時に知っておきたい企画の立て方

毎日のように新しいスマホアプリが登場する今日。使用ユーザーの要望も高くなっており、スマホアプリ開発においての綿密な企画、しっかりとした市場調査、客観的な評価などは重要と言えます。今回は、スマホアプリ開発において知っておきたい企画の立て方などについてご紹介いたします。

スマホアプリを企画する際のポイント

スマホアプリの企画は、考えやアイデアを煮詰めていくための工程で、スマホアプリの良し悪しを決める大事な部分でもあります。個人の意見や思い付きだけで進めていくのではなく、さまざまな方向から見つめてみることが大切です。

多角的に物事を捉えたり、客観的に企画を評価したりすることが大切

「これなら絶対大丈夫」など、固定観念で物事を考えるのは良くありません。ひとつの視点からではなく、多方面から見つめなおす慎重さが大切です。「こういう不安もある」、「こうすればどうだろうか」など、頭を柔軟にして考えてみましょう。また、客観的に企画を評価することも重要で、思い込みや偏見だけで判断するのは失敗の原因です。

スマホアプリ開発の企画には、とにかくアウトプットをたくさん行う

企画を練る段階でのアウトプットはとても重要です。どんな小さなアイデア、くだらないアイデアでも良いので、とにかく数を出してみましょう。自分がいまいちと思ったアイデアでも、使い方や工夫次第では、素晴らしい企画に変化することも考えられます。

ターゲットユーザーを意識できているか

スマホアプリを開発するにあたって、ターゲットユーザーを絞ることはとても大切です。「男性、女性向け」、「子供、若者、年配向け」というようにターゲットを当てることや、「お役立ちツール」、「ゲーム」、「仕事用」など、目的を明確にすることが大切です。

スマホアプリの種類は適切かどうか

スマホアプリは大きく「ネイティブアプリ」、「Webアプリ」、「ハイブリッドアプリ」の3種類に分かれており、それぞれ違った特徴を持っています。目的に応じた種類を選ばないと、極端に処理が遅かったり、使いづらかったりといった問題が発生する場合があるので、企画の段階から適切な種類を検討するようにしましょう。

そのほか、iPhoneとAndroidそれぞれに対応するOSの策定がしっかりできているか、目的をしっかり具現化する機能が備わっているかなどもポイントとして挙げられます。

スマホアプリ開発における企画の質を探る

スマホアプリを開発する際は、さまざまな面から分析し、企画の質を探ることが大切です。特に、「競合」についての分析はとても重要で、企画を立案する際に競合調査は必要不可欠とも言えるでしょう。競合分析の方法としては、ポジショニングマップを用いて分析する方法がよく使われます。

ポジショニングマップとは、企業などでも多く使われている競合分析方法。スマホアプリの用途や種類、特徴などの属性から軸を決めて、それに他社のスマホアプリと比較し、競合していないかを確認します。一般的には競合していないゾーンを攻めるのが基本です。
そのほか、VRIO分析(プリオ分析)と呼ばれる分析方法もあり、こちらは価値や希少性、模造の可能性などを分析し、そのスマホアプリの競争優位性を判断する際に使われます。

また、企画の上では「差別化」も大切です。他社と似ているスマホアプリでも付加機能を実装するなど、優位点やアピールポイントを作ることが成功のカギと言えるでしょう。

スマホアプリの成功は、企画1つで左右されることもある重要な工程です。上記を参考にしながら、スマホアプリの企画を立ててみてください。

IT業界お仕事カタログ
システムコンサルタント
システムエンジニア
プログラマー
ネットワークエンジニア
サーバエンジニア
運用管理・保守
フィールドエンジニア
テスト・評価
ユーザーサポート・ヘルプデスク
Webデザイナー
Webディレクター
Webクリエイター
IT営業
  • 派遣登録をする
  • お仕事を探す
  • IT業界ガイド
  • 派遣HOWTO

登録でもっと便利に! 無料会員登録

ページトップへ戻る

ブレーンゲートは、人材派遣会社の(株)ブレーンネットが運営しております。

〒101-0051
東京都千代田区神田神保町3丁目10番地
TEL:03-5215-5460
>> アクセスはこちら