メニュー

ブレーンネットが提供するエンジニアのための派遣仕事情報サイト

【フリーダイヤル】0120-52-5460

  • 派遣登録をする
  • お仕事を探す
  • IT業界ガイド
  • 派遣HOWTO
  • 会員登録(無料) >>
  • ログイン >>

情報セキュリティスペシャリスト試験の概要と難易度を知ろう!

情報セキュリティスペシャリスト試験の概要と難易度を知ろう!

※情報セキュリティスペシャリスト試験は、平成28(2016)年10月の試験をもって廃止され、2017年度から新たに創設される「情報処理安全確保支援士試験」に内容を引き継がれます。

企業活動において、ネットワークやデータベースの構築を行い、業務の効率化を図ることが当たり前となりつつある現代。企業は、そのシステムをハッキングやウィルスから守らなければなりません。そこで活躍するのが、セキュリティ施策の専門家である「情報セキュリティスペシャリスト」です。ここでは、同資格試験の概要や難易度について紹介します。

情報セキュリティスペシャリストの試験概要

情報セキュリティスペシャリストは、情報システムの開発や運用時に、システムの脆弱性や危険性を排除し、安全を確保するスキルを問う国家資格です。資格取得者は、企業の情報セキュリティの品質を維持、改善し、最適化する、情報セキュリティマネジメントを実践するポジションとして、裁量の大きい役職に就くことになります。

そのため、情報セキュリティスペシャリスト試験には、包括的なシステム業務に関する知識や能力が問われるという特徴があります。セキュリティに関する専門的な技術や知識はもちろん、ネットワーク技術やシステムマネジメントなど、情報セキュリティとは直接関連性が薄い分野からの出題もあります。

情報セキュリティスペシャリスト試験の難易度

幅広い知識と深い専門性が求められるため難易度が高く、情報処理推進機構が情報処理技術者試験(※)に設定しているスキルレベルでは、情報セキュリティスペシャリスト試験は最高難度のスキルレベル4に相当します。合格率は毎年およそ13~16%です。
情報セキュリティスペシャリスト試験は、情報処理技術者試験の中でも、受験者数の多い試験となっています。
これは、ITセキュリティに対する企業の関心が高まったことが原因だと考えられるでしょう。

※情報処理技術者試験:情報セキュリティスペシャリスト試験を含む、情報処理技術者としての知識や技能が、一定以上であることを認定する試験。なおスキルレベル4に相当する試験は「高度情報処理技術者試験」と総称されます。

情報セキュリティスペシャリストの試験内容

そうしたニーズの高さも影響しているのか、情報処理技術者試験の中で、1年において春季と秋季の2回試験が開催される数少ない試験の1つでした。その内容については、以下の通りとなっています。

午前Ⅰ(50分)、午前Ⅱ(40分)

午前Ⅰは、出題数30問のマークシート形式の試験です。経営戦略マネジメントを始め、情報セキュリティとは関連が少ない分野からも出題があります。

午前Ⅱは、出題数25問のマークシート形式による試験です。Ⅰよりも、情報セキュリティに関連する難易度の高い問題も出題されるので、充分な準備が必要でしょう。

午後Ⅰ(90分)、午後Ⅱ(120分)

午後Ⅰは出題数3問で、うち2問を選択して解答する記述試験です。
午後Ⅱは、長文問題が2問出され、うち1問を選択して解答する記述試験。情報セキュリティに関する問題が出され、問題文が非常に長いため読解力や出題者の意図を素早く汲み取る能力が求められます。

情報セキュリティスペシャリストの試験は、午前と午後全ての試験において基準点(合格点)が60点です。また、段階採点方式で合否を決定するため、どれか一つの試験が基準点に達しなかった場合には、それ以降の採点は行われません。例えば、午前Ⅰ試験で基準点に満たなかった際にはそれ以降は採点されない、ということになります。

情報処理安全確保支援士試験の概要

情報処理安全確保支援士は2016年10月に新設されたサイバーセキュリティ分野の国家資格試験です。その背景には近年、サイバー攻撃に対し各企業のサイバーセキュリティ対策へのニーズが高まり、専門人材の確保が急務となっていることがあります。

新設にともない情報セキュリティスペシャリストの資格は廃止されましたが、情報セキュリティスペシャリストや、その前身であるテクニカルエンジニア(情報セキュリティ)の合格者は、そのまま情報処理安全確保支援士として登録することができます。

一方、情報処理安全確保支援士の認定試験は2017年度から開始。試験時間や出題形式、出題数はベースとなる情報セキュリティスペシャリストとほぼ同様と発表されています。この情報処理安全確保支援士試験は制度上、情報処理技術者試験の区分ではなくなりますが、引き続き情報処理推進機構によって実施されます。より詳細な試験内容については、今後更新されていくので、情報処理推進機構のサイトをチェックしてください。

情報セキュリティスペシャリスト、情報処理安全確保支援士の資格が活かせる仕事

情報セキュリティスペシャリストや情報処理安全確保支援士は、業種を問わず高い需要がある資格です。特に、インフラ関係の企業や流通業は、膨大な量の顧客データを保有しており、それに伴う大規模なシステムの運用を行っているため、セキュリティが重要視されます。もし、個人情報の流出や、サイバー攻撃によるシステム停止などのトラブルが発生した場合には、企業側が大きな損害を被るばかりか、契約者や地域の利用者の暮らしにも影響を与えかねません。そのため、これらの業界ではこれらの資格のニーズが高いと言えます。

情報セキュリティスペシャリストおよび情報処理安全確保支援士は、現場での裁量権が大きく、自身でセキュリティ分野をリードする仕事をしたいという方に、メリットの大きい資格と言えるでしょう。

国家試験の中でも高難易度、低合格率ということで知られていた情報セキュリティスペシャリスト試験はその役目を終え、情報処理安全確保支援士試験に移行されます。
新たな試験も取得のためには、実務経験を積んだ上で、根気強く試験勉強をする必要があるでしょう。上記の内容を参照に、ぜひ合格を目指してください。

IT業界お仕事カタログ
システムコンサルタント
システムエンジニア
プログラマー
ネットワークエンジニア
サーバエンジニア
運用管理・保守
フィールドエンジニア
テスト・評価
ユーザーサポート・ヘルプデスク
Webデザイナー
Webディレクター
Webクリエイター
IT営業
  • 派遣登録をする
  • お仕事を探す
  • IT業界ガイド
  • 派遣HOWTO

登録でもっと便利に! 無料会員登録

ページトップへ戻る

ブレーンゲートは、人材派遣会社の(株)ブレーンネットが運営しております。

〒101-0051
東京都千代田区神田神保町3丁目10番地
TEL:03-5215-5460
>> アクセスはこちら