メニュー

ブレーンネットが提供するエンジニアのための派遣仕事情報サイト

【フリーダイヤル】0120-52-5460

  • 派遣登録をする
  • お仕事を探す
  • IT業界ガイド
  • 派遣HOWTO
  • 会員登録(無料) >>
  • ログイン >>

移動体通信エンジニアが取得するべき資格とは?

移動体通信エンジニアが取得するべき資格とは?

日進月歩の進化を続ける通信技術分野でなくてはならない存在である移動体通信エンジニア。今、最も注目されるこのフィールドで活躍するためには、必須といわれる資格がいくつかあります。移動体通信エンジニアが取得すべき資格について解説しましょう。

移動体通信エンジニアが取得するべき資格

移動体通信エンジニアとしてキャリアを積んでいく上で取得することが求められる資格には、次のようなものがあります。

第一級陸上特殊無線技士

陸上特殊無線技士は、陸上の無線局における無線設備の技術的な操作を行う際に必要な国家資格です。第一級、第二級、第三級があり、それぞれ扱える周波数の範囲が分かれています。第一級陸上特殊無線技士は、陸上の無線局(空中線電力500ワット以下)の多重無線設備で30メガヘルツ以上の周波数の電波を使用する無線設備の技術操作ができます。例えば携帯電話の基地局、テレビ局の中継局などがそれに当たり、移動体通信エンジニアとして活躍するなら必須の資格と言えるでしょう。

この資格を取得するには、国家試験に合格する、養成課程を修了する、学校で無線通信に関する科目を履修して卒業するという3つの方法があります。国家試験では、無線工学と法規(電波法など)に関する問題が出題されます。

未経験の方には、講習と受験をセットで行う養成課程がおすすめです。

ブレーンネットの第一級陸上特殊無線技士養成課程

電気通信設備工事担任者(AI・DD総合種)

電気通信設備の工事担任者資格は、電気通信回線と端末設備の接続や配線工事を行い、監督するのに必要とされる国家資格です。例えば電気通信事業者の光回線に、PC、IP電話機、OA機器、IP-BOXなどを接続します。いくつか種別が分かれていますが、アナログ伝送路設備、総合デジタル通信用設備(ISDN)、デジタル伝送路設備と最も多くの電気通信回線設備を扱えるのはAI・DD総合種です。

試験では電気通信技術の基礎、端末設備の接続のための技術及び理論、端末設備の接続に関する法規に関する問題が出題されます。

1・2級電気施工管理技士

電気工事施工管理技士は、電気工事の管理・監督をするのに必要な国家資格です。この資格を持つ者は施工計画の作成、工事の工程管理、品質・安全管理などを行うことができます。いわば電気工事及び電気工事を行う人たちをマネジメントする役どころです。1級と2級の区分があり、1級電気工事施工管理技士の方が規模の大きな工事現場を受け持つことができます。また、1級電気工事施工管理技士を取得すると、本来は別の資格である「監理技術者」の資格取得者と認められます。

学科試験科目は1級・2級ともに電気工学等、施工管理法、法規の3科目、実地試験科目は施工管理法に関する筆記試験があります。

移動体通信エンジニアに役に立つ経験・スキル

資格以外に移動体通信エンジニアに求められる経験やスキルには、どのようなものがあるのでしょうか。

無線や移動体通信に関する知識を得ることはもちろん、ネットワーク、サーバなどのインフラ技術、VBA、PHP、PL/SQLなどの言語も習得すると役に立つでしょう。また英語力、Excelの関数とLinuxの基本操作、対クライアント折衝能力、他スタッフとのコミュニケーション能力なども求められます。

ここに挙げたような資格を取得すれば、現場においてチームリーダーとして活躍する道も開けていくでしょう。移動体通信エンジニアとしてキャリアアップしていくには、実務経験を通して知識や技術を身につけながら、こうした資格に挑戦することをおすすめします。

IT業界お仕事カタログ
システムコンサルタント
システムエンジニア
プログラマー
ネットワークエンジニア
サーバエンジニア
運用管理・保守
フィールドエンジニア
テスト・評価
ユーザーサポート・ヘルプデスク
Webデザイナー
Webディレクター
Webクリエイター
IT営業
  • 派遣登録をする
  • お仕事を探す
  • IT業界ガイド
  • 派遣HOWTO

登録でもっと便利に! 無料会員登録

ページトップへ戻る

ブレーンゲートは、人材派遣会社の(株)ブレーンネットが運営しております。

〒101-0051
東京都千代田区神田神保町3丁目10番地
TEL:03-5215-5460
>> アクセスはこちら